« テレビ小話“オールスター感謝祭'03” | トップページ | “さとうきび畑の唄”に関する小話 Part.2 »

テレビ小話“さとうきび畑の唄”

昨日21:00~23:39分までやっていたTBSテレビ50周年ドラマ特別企画“さとうきび畑の唄”。太平洋戦争末期の沖縄。笑顔を絶やさず、命と希望を守りつづけようとした男と家族の物語。森山良子さんの歌う“さとうきび畑”という唄とともに『いつも明るくユーモアを忘れない父と、聡明で美しい母、そして、そんな二人に育てられた六人の子供達が――あの悲惨な戦争の中、どんなに苦しくても、どんなに辛くても、明るく真っ直ぐに生き抜こうとした物語です。』というメッセージで告知されていた。明石家さんまさん(お父さん役)と黒木瞳さん(お母さん役)が作る8人(?)家族の物語。

うちの旦那さんの、「こうしょちゅう、一日中、“ざわわ、ざわわ・・・”と(テレビの中の番宣で)やられるとなんだか見ないわけにはいかない、と言われているような気分だねぇ、見てみる?」ということでうちの夜のドラマ鑑賞は始まった。

ほのぼのとした古き良き時代の昔の沖縄って、きっとこうだったんだろうなーと思える始まりから、太平洋戦争中の表現へ。“誰の為に戦争はするのか? 戦争をして誰が幸せになれるのか。”ということを深く考えさせられたと同時に、なんでもない日々の“幸せ”“家族”“笑顔”のありがたさの表現に触れ、とても感動させられた。最後の方は涙、涙・・・。ある程度作られた“ドラマの中の世界”とわかっていても涙、涙・・・。子供がお腹にいると普段以上に余計に涙もろくなっているからいけない。勢いあまってCM中まで鼻水たらしながら泣いていた。残念ながら回想役のおばあさまとお孫さんの年齢設定と見た目の役柄の歳にちょっと無理は感じたけれど・・・。かなり勝手な意見だけれど、ドラマの終わりもうちょっと余韻に浸れる時間が欲しかったかなー・・・とか。涙しつつ鼻水たらしつつで次の番組に突入しそうな時間設定だったのはちぃと悲しかった。よく番組の最後に「ここで原作本のプレゼントのご紹介です」とか、例えば「この番組のオリジナルサウンドトラックが出来ました・・・」みたいな時間があるじゃないですか。もしこんな時間があったら“涙しつつ鼻水たらしつつで次の番組に突入・・・”という、誰が見ているわけでもないけれど、不細工な私の状況は避けられたのになーなんて、やっぱり勝手に思ったりして。

|

« テレビ小話“オールスター感謝祭'03” | トップページ | “さとうきび畑の唄”に関する小話 Part.2 »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6847461

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ小話“さとうきび畑の唄”:

« テレビ小話“オールスター感謝祭'03” | トップページ | “さとうきび畑の唄”に関する小話 Part.2 »