« “さとうきび畑の唄”に関する小話 Part.2 | トップページ | 図書館で借りた雑誌review :『散歩の達人』2003年2月号 特集:吉祥寺・三鷹 »

最近気になる人の小話“森山直太朗さん”

彼の歌、歌声ってなんだか心にすぅーっと入ってきてとっても心地よい。そんな感想を持ったのは今年の夏くらいだったかな。

森山良子さんをしっかり知ったのも、彼のお母さん、という位置づけから。彼の歌番組でのキャラクターは見ていてとっても面白い。「昔から家で、鼻歌も気楽に歌えなかったんですよぉー!」とある歌番組で言っていたのが印象的だった。どうやら鼻歌を歌っているとそれを聞こえちゃったお母さんが「んー、ちょっとそこの音違う気がする」とかおっしゃったり、ご家族みんなが歌が大好きだったから、鼻歌なんか歌っていようものならすぐ家族みんなが入ってきて、勝手にサビ歌われちゃったりして最後には家族みんなで大合唱になっちゃったから、とか。なんて素敵な家族なんだろう!ってそれを聞いて思った。

お母さんは森山良子さん。おじいさまは日本ジャズ界のパイオニア的トランペッター、森山久さん。おじさまにはムッシュかまやつさん。確かに端から見れば完全にサラブレッド。そんな一家だったから逆に音楽をしっかり始めたのは大学の頃からだったとか。1976年生まれ。お母さんも直太朗さんも東京の成城学園で学ばれたそう。同期に女優の木村佳乃さんもいらっしゃったとか。女優さんとして木村佳乃さんも好き。

こんな方々の育った成城学園って、名前はもちろん知ってはいるけれどどんな学校なのかしら?って今は親として思ったりして。

|

« “さとうきび畑の唄”に関する小話 Part.2 | トップページ | 図書館で借りた雑誌review :『散歩の達人』2003年2月号 特集:吉祥寺・三鷹 »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6847466

この記事へのトラックバック一覧です: 最近気になる人の小話“森山直太朗さん”:

« “さとうきび畑の唄”に関する小話 Part.2 | トップページ | 図書館で借りた雑誌review :『散歩の達人』2003年2月号 特集:吉祥寺・三鷹 »