« “両性”類生活も気づけば7ヶ月目に突入 | トップページ | “働きアリ、2割は働かず”!? (2003/10/29朝日新聞・夕刊より) »

“名文”っていうのもいろいろあるのね

一日の始まりはまずはいっつんとの朝の教育テレビを見ながらの体操から始まります。きっと傍目にはかなり微笑ましい光景ではないかと思います。

たまに朝の教育テレビの中に出てくるフレーズで???と思うことがあるのですが、今日も朝一緒に教育テレビを見ていて一つ気になることが・・・。

“にほんごであそぼ”のなかにいろいろな日本の古い名文が出てくるのですが、今日のその中の一つに出てきたのが「働けど働けど我暮らし楽にならず・・・」というもの。いっつんと二人で見ていて、まだ日本語もしゃべれないうちから“名文”として朝から見せるにはあまりにも悲しい・・・と思った親は私だけだったでしょうか・・・。私としては、朝から子供に名文として教えるのならもっと他によいものがいくらもあると思うのだけれど、と思ったのですが、これって私のこの名文への解釈が間違っているのかな?と久しぶりに聞くこの名文のフレーズの全文と解釈を調べに図書館へ走りたくなりました。

こんなことを考えさせられるのはこれから先、子供が育つともっともっと増えていくんでしょうね。

|

« “両性”類生活も気づけば7ヶ月目に突入 | トップページ | “働きアリ、2割は働かず”!? (2003/10/29朝日新聞・夕刊より) »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6847592

この記事へのトラックバック一覧です: “名文”っていうのもいろいろあるのね:

« “両性”類生活も気づけば7ヶ月目に突入 | トップページ | “働きアリ、2割は働かず”!? (2003/10/29朝日新聞・夕刊より) »