« 図書館で借りた雑誌review :『散歩の達人』2003年2月号 特集:吉祥寺・三鷹 | トップページ | 図書館で借りた本review :玲子さんの『一日をていねいに暮らしたい』 »

図書館で借りた本review :玲子さんの『わたしサイズの暮らしの楽しみ』

西村玲子さんのイラスト入りの子供向けレシピノート(本)を昔持っていて、とても気にいっていたのを思い出した。小さい頃母が買い与えてくれたもの。ピンクの表紙だったかなぁ。今あの本はどこにあるのかしら、捨てた?それともどこかの段ボールの中かな???今日も万事がその調子な私。久しぶりに子供とお散歩しながら図書館に行き、そんなことを思い出しながらたくさん並ぶ本の中の背表紙に、久しぶりに自分が母となってからお会いする西村さんのお名前を見つけた。

“着るかもしれないし、着ないかもしれないと、動詞にかもがくっついている。その曖昧が物を増やすのだ。イエス、ノーは勇気が必要で、思い切りも必要。手作りすることが楽しくて、夢中になっていると増やしてしまうのだ、いろいろなものを多岐に渡って。”「そうなのよぉー!」と読みはじめにもかかわらず声をあげそうになる“はじめに”である。

1章:“旬”な気持ちを楽しむヒント
2章:感動のある空間に住む
3章:暮らしに加える“自分テイスト”
4章:季節を感じる、幸福を知る

内容は“時間を作る魔法”から。“毎日の生活をつまらなくするのも、楽しくするのも全て自分自身にある。”やりたい、“その時の旬を大切にするなら、忙しさを理由にせず、憧れがまだ形になっている間に作りあげるべきである。時間はスルスルと魔法のように開けてくるのだから。”そぅそぅ!なんて思いながらも、いつも言い訳の固まりになっている自分を思い起こすと耳の痛い話ではある。でもきっと西村さんのおっしゃるように、日々を旅行に行った時のような気分で過ごすこと(時間を使うこと)ができれば、毎日もっともっと充実できるはずよね!というのは同感です。“アイディアを形にする楽しみ”“新しい刺激に会いに行く”“居心地の良い部屋にする”“十二か月を意識して暮らす”“家以外の居心地のいい場所”“迎える季節に胸ときめかせる”“思い掛けない幸せ”etc.

もっともっと毎日を意識して生活を楽しみながら暮らそう!と、外は晴天の気持ちの良い秋晴れ、窓からはキンモクセイの香りの風がどこからともなく漂ってくる静かな今日、改めて思う。

只今いっつんはお昼寝中。しばし一人で好きなことをできる時間のあるしあわせ実感中。

<借:2003/9/15~9/30(青春出版社・西村玲子著 2002/3/15第一版発行)>

|

« 図書館で借りた雑誌review :『散歩の達人』2003年2月号 特集:吉祥寺・三鷹 | トップページ | 図書館で借りた本review :玲子さんの『一日をていねいに暮らしたい』 »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6847474

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で借りた本review :玲子さんの『わたしサイズの暮らしの楽しみ』:

« 図書館で借りた雑誌review :『散歩の達人』2003年2月号 特集:吉祥寺・三鷹 | トップページ | 図書館で借りた本review :玲子さんの『一日をていねいに暮らしたい』 »