« 図書館で借りた本review :ちょっとした心づかいの『上手い親 下手な親』“親子関係を丸くする9つの処方戔” | トップページ | 先週の金曜日(11月28日)で“28W6T”を迎えました。 »

世の中すっかり年の瀬モード

昨日は紅白歌合戦に出る歌手の方が決まり、発表になっていましたね。

夕方からは大分寒くなってきそうだったので、今日はお昼過ぎに久しぶりに図書館へ行ってきました。そうそう、先日借りた本をずいぶん延滞してしまって・・・。

大人の足で歩けば十数分の図書館分館までの距離も、いっつんと一緒に歩くと遠い遠い・・・。そして、また途中のゲートボール場の門が今日に限って開いていて、危うく逃げ込まれそうになりました。そんないっつんをズルズル引きずりつつ到着。

図書館分館の受け付けで「大変遅れました。すみません。」と言って返却。今日はもうすぐ年の瀬も迫ってきているし、とても本を読んでいる暇はないかも、と思い、自分の謹慎の意も込めつつ本は借りてきませんでした。でも図書館の絵本の置いてあるコーナー(読み聞かせをできるようにコーナーが区切ってある部屋)へ行って、いっつんに紙芝居などしてあげました。でもまだまだ興味はすぐ横にそれるようで、なかなかおとなしくは聞いていられませんでしたが。

そんな中選んだ一つが『かさじぞう』。どんなお話だったかちょっと忘れていましたが、お話の内容は、お正月のお餅くらい買いたいけれどお金がないわ・・・という老夫婦が頭にかぶる傘を藁を編んで作り、おじいさんは大みそか、その傘を売りに行くもぜんぜん売れず、雪の降る中持って買えることになってしまいました。家に戻る途中、道端に立つ7体のお地蔵さんが頭から雪をかぶってしまっているのに気付き、気の毒に思ったおじいさんはそのお地蔵さんに持っていた6つの傘を雪を払ってかぶせてあげました。一つ足りなかった傘はおじいさんがかぶっていたものをかぶせてあげました。その夜、おばあさんと夕食を食べていると、外でドスン!という音。その音はお地蔵さん達が感謝を込めてお礼に老夫婦に贈った小判のぎっしり入った俵、というようなお話。この老夫婦はきっとこの小判でお正月のお支度をできたんでしょうね。たまたま手に取った紙芝居も年の瀬を語っていました。

もーいくつ寝ぇ~るぅーとー・・・ 親としては焦ってきますねぇ。

|

« 図書館で借りた本review :ちょっとした心づかいの『上手い親 下手な親』“親子関係を丸くする9つの処方戔” | トップページ | 先週の金曜日(11月28日)で“28W6T”を迎えました。 »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6847921

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中すっかり年の瀬モード:

« 図書館で借りた本review :ちょっとした心づかいの『上手い親 下手な親』“親子関係を丸くする9つの処方戔” | トップページ | 先週の金曜日(11月28日)で“28W6T”を迎えました。 »