« 50円の白菜 | トップページ | 妊娠中って“シートベルト”しますか?しませんか? »

カルテの余白(産婦人科)“妊婦のインフルエンザ対策”

(朝日新聞 2003年11月22日より_産婦人科医・藤間芳郎さん記)
下記は記事からの一部抜粋です。なるほどなぁ~・・・と。

現行の予防接種法は個別接種を重視して法改正された。その趣旨からも、受ける人の利益と不利益を考えて個別に対処すべきだとしている・・・。

●妊婦がインフルエンザにかかったらどうなるか考えてみよう。
ふつう妊娠中は心拍数や酸素消費量、循環血液量が増加する。胎児の成長に伴って横隔膜の位置が上り、肺容量が低下する。つまり妊娠は心臓や肺にいつも負担がかかっている。免疫反応も妊娠で変化している。こんな状態でインフルエンザにかかると、合併症を招きやすく重症化してしまう可能性が大きい。

世界保健機構や米予防接種諮問委員会は、妊娠14週以降の妊婦に対してワクチン接種を推奨し、特に高血圧や腎臓病などのハイリスクの場合は妊娠時期にかかわらずに接種を受けるべきだとしている。同委員会の報告では、インフルエンザシーズンに、心臓や肺の異常で入院する危険性は、産後の女性に比べ、妊娠14~20週で1.4倍、37週以降で4.7倍に増えるという。

インフルエンザ治療薬が開発されたものの、妊婦や胎児への安全性は未確認。一方、ワクチンは過去に催奇形性や、流・早産などが報告されたが、因果関係に乏しく、今は十分な抗体があれば生まれた子供も数ヶ月はかからないとされている。

こんな説明をして、私は妊娠14週以降の妊婦にワクチン接種を勧めている。

|

« 50円の白菜 | トップページ | 妊娠中って“シートベルト”しますか?しませんか? »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6847874

この記事へのトラックバック一覧です: カルテの余白(産婦人科)“妊婦のインフルエンザ対策”:

« 50円の白菜 | トップページ | 妊娠中って“シートベルト”しますか?しませんか? »