« サインを求められる、ってどんな気分なんだろう? | トップページ | そうか、これは寝相が悪いの・・・?! »

子どものぜんそく10年で倍

(2003年12月11日 朝日新聞の記事より)

ぜんそくにかかる子どもが10年前のほぼ2倍に増えていることが、文部科学省が10日公表した今年度の学校保健統計調査の結果(速報値)でわかった。むし歯のある子どもの割合は10年で大きく減っている。

『文科省・学校保健調査』
調査は幼稚園から高校まで9165校の満5~17歳の児童生徒らを抽出して対象とし、今年4~6月にあった健康診断の結果を分析した。

ぜんそくの割合は小学校で2.9%、中学校で2.3%、幼稚園で1.5%、高校で1.3%で、小学校と中学校は過去最高。ここ10年の推移をみると、いずれの学校段階も2倍前後の伸びになっている。

文科省は「環境など様々な要因はあるとみられるが、増えている原因は明らかになっていない」という。ぜんそくをはじめとしたアレルギー性の病気全体が増える傾向にあるため、来年度から全国的な調査をする。

むし歯の減少傾向は80年度ごろから続いている。むし歯がある子どもは高校で77.9%、小学校で71.3%、中学校で67.7%、幼稚園で58.8%と、いずれも前年度に比べて2.6~4.4ポイントも割合が低下。中1の平均のむし歯本数も10年前の4.1本から2.1本まで減った。文科省は「国民の歯の健康に対する意識の高まりと学校での歯磨きの指導が効果を上げている」とみている。

身長は男女ともにここ数年は横ばいの傾向で、過去最高は男子9歳の133.7センチだけだった。体重は15~17歳の高校男子の伸びが目立ち、それぞれ60.4キロ、62.2キロ、63.5キロといずれも過去最高となった。

いっつんの今の身長は84センチ。7年後にはもう133センチくらいあってもおかしくないのね。その頃にはどんな子に育っているのかなぁ・・・。

|

« サインを求められる、ってどんな気分なんだろう? | トップページ | そうか、これは寝相が悪いの・・・?! »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6848128

この記事へのトラックバック一覧です: 子どものぜんそく10年で倍:

« サインを求められる、ってどんな気分なんだろう? | トップページ | そうか、これは寝相が悪いの・・・?! »