« 最近のいっつん | トップページ | 『抗生物質』風邪には効かぬ (その2) »

『抗生物質』風邪には効かぬ

(2003年12月8日 朝日新聞_夕刊の記事より)

風邪に抗生物質は効くと思いますか?
答えは「ノー」だ。

ところが、ただの風邪に抗生物質を出している医師は少なくない。こういった乱用が、どんな抗生物質にも抵抗力を持ってしまう耐性菌の出現を招き、深刻な院内感染を引き起こすと指摘されている。しかし、最近まで学会も国も注意を促してこなかった。なぜ放置されてきたのだろう。

●ウイルス原因

風邪の原因の90%がウイルスだ。細菌を殺す抗生物質は効かない。抗生物質は細胞に作用するが、細胞そのものを持たないウイルスには効果がないからだ。

軽い風邪なら、十分に休養を取るといった対症療法しかない。抗生物質が必要なのは3日以上高熱が続くなど、症状が最近によるものと診断されてからのはずだ。

ある開業医は「患者を手ぶらで帰すわけにはいかず、患者も欲しがる」と打ち明ける。

大阪市の中浜力医師は01年、全国の開業医409人を対象に風邪患者への処方実態を調べた。すると、抗生物質を「ほぼ全員」に処方するとした医師は30%。「2人に1人」が32%。「ほとんど処方しない」は4%に過ぎなかった。半数以上が処方の理由として「細菌性二次感染の予防」を挙げていた。

最近による風邪の予防だけのために抗生物質を使うというのだ。

|

« 最近のいっつん | トップページ | 『抗生物質』風邪には効かぬ (その2) »

「510Style's note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6848032

この記事へのトラックバック一覧です: 『抗生物質』風邪には効かぬ:

« 最近のいっつん | トップページ | 『抗生物質』風邪には効かぬ (その2) »