« もーしゃんくん、のつづき | トップページ | お客さま »

便利すぎる世の中

今日(19日)、明日(20日)納品の仕事のモノがあって、でも時間がおしちゃって・・・

夜8時。東京から大阪に明日着けたい荷物を某宅配便の埼京ベースという大きな物流センターまで自分で車を運転して持っていきました。自宅から20分程度のところ。今日が祝日なのもあって、午前着の便はもう終わっていましたが、それでも明日午後14〜16時着の便なら間に合うとの事、ありがたくお願いしました。料金840円ナリ。

夜11時。23区内に午前中着いてほしい荷物を、また同じ場所に出しに行きました。間に合って、無事明日午前中着の便に乗せることができました。料金740円ナリ。

普通のお店や営業所などからは到底間に合わないこの時間。でも、ソコまで行けばなんとかなる便利さ。

18日の『ザ・ノンフィクション』で、物流トラック業界とドライバーの大変さ、というののドキュメントをやっていました。長距離トラックドライバーの大変さ、深夜運転、人員削減によるきついお仕事の現状、“時間に間に合わせる”という大変さと“ニーズの多さ”に“物流料金の低価格化競争”・・・・・・

・・・でも、それに頼っている自分が今日いました。

パソコンで作った最終データはe-mailで飛ばして納品できる世の中です。見本のものなどは上記のスピードと料金で届きます。

昔は何日かかかる郵便のような日時指定のできないものが普通だったように思います。
年末年始だって、私の子供時代ですら12月31日くらいから1月5日すぎまではどこもお店が開いていないのが普通だった気がします。セブンイレブンが初めて登場した時、朝7時から夜11時まで、という名前通りの営業時間に子供ながらにスゴイ!と思ったものです。そのコンビニも今や24時間営業がほぼあたりまえ。

電話もファックスができた時、絵まで電話で送れるなんてスゴイ!と思ったっけ。でも今やe-mailに添付すれば絵だってフルカラーで即時送れます。

ありがたいかな、おかげで仕事に要求される納期はどんどん短くてすむようになってきている気がします。でもその反面、便利なツールが増えた事で自分の首がしまりやすくなっているような気もします。これが仕事をしずぎる原因とスピードを要求される原因なのかも・・・?!なんて思う事もしばしば。

こうやって暮らしていると、子供を産んでみて、子供を育てるのにかかる時間だけは、たぶん昔からそんなにかわっていないんだろうなぁ〜なんて、ぼーっと夜になると考える事があります。もちろん子育てをお手伝い頂ける状況などは便利なグッズも増えたしいろいろな制度もあるし昔よりは格段によくなったのでしょうが、これだけは一番スピード化から正反対なところにある気がします。

会社を辞めてほどなくして子供を産んで、いかに社会で仕事をしていたときなどそういう“スピード”を全てにおいて要求されていた事か、とヒシヒシと感じました。・・・だって、あまりにも“子育て”って“スピード”や“効率化”と対局の、それもぜーんぜんそんなんじゃぁ太刀打ちできないところにあるんですもの(笑)。

最近の子供たちの非行などをみても、この『便利すぎる世の中』がいけないんじゃないかなぁ・・・?なんて度々思うのは私だけでしょうか?

TB先:
ゆっくりいきましょう【父親的生活】

|

« もーしゃんくん、のつづき | トップページ | お客さま »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供が生まれて気づいたことって多いですね。時間に追われて行動すると、なぜか赤ちゃんはぐずったり、吐いたり、というわけで、時間を気にせずのんびり行動するようになりました。
現代人にして、時間を気にしないというのは一番ぜいたくかもしれません。

投稿: りぼん | 2004.07.20 13:37

”スピード”と”効率”そして短期的な”結果・成果・評価”。確かに育児は対極の、そんなことでは太刀打ちできないところにありますね。

そこに上手く馴染んで折り合いをつけて次ぎのステップを見つけなければ・・・と決意のように思いました。

あ~、自分のことばかり書いてすみません。

投稿: こぅ | 2004.07.20 22:17

便利すぎる世の中が原因、そうかもしれませんね。
自分の要望が簡単に叶う事が多くなった反面、自分の思うように行かない事への反発が昔より強いのかもしれません。
スピードスピードで付いていったら、自分を見失っていたなんて事の無いようにしないといけませんね。

投稿: yoshimitsu | 2004.07.20 23:09

>りぼんさん
最近は仕事に関しては“効率”“スピード”化ですが、もっぱらそれ以外の育児(育自も)に関しては“スローライフ”化しています。どうも家事も“スローライフ”化(じゃなくて、あくまでスピードがスローなだけか)しちゃうのがトホホなんですけれど。。。だって毎日あちぃんですもの・・・なんて、イイワケ。

>こぅさん
“対極のふたつ”を“同時”にやるのってなかなか大変ですよね。頭を切り替えて・・・って簡単に言いますが、ワタシはなかなかうまくできず、どうも“折り合い”がスローなほうへ、スローなほうへ・・・これも結局イイワケかな(苦笑;)。

>yoshimitsuさん
そうですね。会社にいた頃は“スピード”“ノルマ”“常識(えっ、そっちのほうが非常識じゃん!なんて思うものもありましたが)”“世間体”・・・なんだか自分を見失っていたような時がありました。ワタシ、どうも協調性・・・ってのが苦手だったのかもしれませんが。親になって、ワタシしか“母”のいない子供を持ってみて、なかなか“生産性”も“効率”も上がらないものなのに、こんなにも自分しかできないんだ、って思う事、実感する事になり、よくわからないけれど充実感が味わえる・・・うまく言えないんですけれど、要は「ワタシって幸せ者ね!」って言えるのがとてもいとおしい日々です。

投稿: うっし〜to りぼん,こぅ,yoshimitsu | 2004.07.22 01:54

トラバありがとうございます。
うん、うん思います。
自然の摂理だけは、どんなに人間が頑張っても変わりませんよね。子育てしかり、農業しかり。
BSEは子牛を早く成長させるために、草食動物である牛に、肉を食わせた事が原因だといわれています。
我々が体に良いからと、リン鉱石や鉄鉱石を食わされる様なモンですね。
どんなに人間が進歩しても、”自然”を冒涜する事は出来ないはずなのに。

投稿: seurat | 2004.09.03 10:42

seuratさんの記事を拝見して、あ〜私も以前同じようなことを感じてどこかに書いたっけ、なんて思って、掘り起こしてトラックバックさせていただきました。

“自然の摂理”だけは、できればなるべく“自然なまま”にしておきたいものですね。

・・・でも医療なんかはずいぶん進歩して、それこそ逆のよいものに頼っているような気もしますが・・・難しい問題ですね。

自分の身の丈にあったペースを探します♪

投稿: うっし〜to seurat | 2004.09.04 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/1009201

この記事へのトラックバック一覧です: 便利すぎる世の中:

« もーしゃんくん、のつづき | トップページ | お客さま »