« なんだか体のあちこちが痛い・・・ | トップページ | もう冬ですなぁ〜・・・ »

『年賀状』という習慣

12月1日の朝日新聞の【声】の欄(一般の方による投書で構成されているコーナーで、私は結構毎日このコーナーを楽しみにしています)で、小林さんという83歳の方の 「賀状廃止宣言を撤回しました」 という投書に深く感銘を受けました。

この方は、もう80を超えたし、毎年のこの作業がだんだん負担になって大変になってきたので 「80歳を超えてしまったので、今年をもって差し出しません」 と賀状に宣言されたそうです。・・・っが、年が明けるとなんと150人以上の方々から賀状をいただいてしまったんだそうです。その中には 戦友の「賀状はオレたちの生存確認カードだ」 と書いてこられた方や、「お返事は結構ですよ」というような内容を書いてくださった方などいろいろだったそうですが、そして今年、いろいろ考えたことを下記のように書いていらっしゃいました。

賀状交換は何らかの縁で知り合い、交遊のあった人が年に一度互いの近況を伝え、向こう1年の幸せを祈る心温まる行事なのだ。 と。

そして、今年、少しお具合のよくない右手をかばいながらすでに毎日少しずつ賀状をしたためていらっしゃるそうです。

うちも毎年気合を入れて、だいたい発売日には年賀状をgetできているのですが・・・来年・元旦の配達に間に合うでしょうか・・・?!私も“年賀状という習慣・お正月という行事”は大好きなので、今年も頑張って書きたいと思います。私も一行でも肉筆の文章をいただいた賀状にみつけられると嬉しくなるタイプです(笑)。

こんなワタシ、今日もよろしくおねがいしまーす♪

|

« なんだか体のあちこちが痛い・・・ | トップページ | もう冬ですなぁ〜・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/2169895

この記事へのトラックバック一覧です: 『年賀状』という習慣:

« なんだか体のあちこちが痛い・・・ | トップページ | もう冬ですなぁ〜・・・ »