« 後追い全盛期 | トップページ | サッポロDRAFT ONE☆おいしくいただきました♪ »

不動産屋さんに誘われて〜

昨日、不動屋さんからとある一軒の家の図面がポストに入っていました。それまでも不動産屋さんがうちが買いそう?と思う図面を何度かポストに入れてくださっていたのですが、今まで一度も連絡したことなく・・・

でも、昨日いただいた図面は、ちょっと食指が動きました。

うん、一度くらい見てみてもいいかなぁ〜って。なにせ我が家が目指すはとんでもなく、まず建て売りなんかでは絶対になさそうな間取りの物件(笑)。

チラシに書かれていた 『駅から徒歩4分!』『静かな住宅街』
この2つって、同居するのか?!とか思いながら(笑)。

行ってみれば、ほぼ同職業の方(まだ思いっきり居住中)のお宅でした。どうりで・・・と思ったワタシ。

先立つものはぜんぜんない(なにせ、駅から4分の物件は“狭くて”“高い”!_アタリマエだけれど)くせに、結構いぃなぁ〜って思いましたが、ココは冷静に考えてみなくては・・・と思い直し、はて、ジブンは何を最優先に家を選びたいんだろう・・・?って考えてみました。

いつものほぼ日手帳の余白(昨日のページには十分なゆとりが残っていました;)に、駅から何分とか、これくらいの広さは、とか主人にもリサーチ(彼の思うところを)しながら理想の不動産の夢メモを4色のボールペンで優先順位をつけてみていろいろ書いてみました。

・・・そして、いろいろと書いてみた中で一番不動産を選ぶ上で一番重視したいと思ったことは

“子育ての環境”と“仕事場としての環境”の比重 だということに気がつきました。

書きだしてみると、私達が重視する “子育ての環境”と“仕事場としての環境”の比率 はフルが10だとしたら、 (子)6:4(仕事) でした。でも、今日見せていただいた物件はとってもよかったけれど、 (子)3:7(仕事) くらいだったんです。

いやぁ〜先はなかなか長そうです。。。でも、夢見るのはタダだからいいね♪

くぅさんの「cell」にトラックバックです☆

|

« 後追い全盛期 | トップページ | サッポロDRAFT ONE☆おいしくいただきました♪ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うぉ〜っ!思わず吠えてしまいました。そうですよねぇ。
>“子育ての環境”と“仕事場としての環境”の比率
年末の家探し騒動を思い出しました。
結果自分(達)も子育ての環境を優先させた選択をしました。知らないうちに、子供に振り回されているうちに、親としての自覚が生まれてるんだなぁと、自分の選択を少々意外に思ったり。

そうそう、夢を見るのはタダですから♪
我家も7年間新築中古マンション戸建関わらず、冬はレジャーのごとく物件を見まくってました。いくつも物件を見ていると不思議と自分で気づいていない潜在的ニーズも浮かんできますよ。

不動産も縁ですから。良きご縁がありますように。

投稿: こぅ | 2005.01.25 22:47

子どもが大きくなるにつれて、住宅問題は深刻になりますよね。
ああ、先立つ物があればと私も夢ばかり見ています。

投稿: seurat | 2005.01.27 11:30

こんにちは♪

☆こぅさん
そっかぁ〜!こぅさんのところは“7年”も考えたんですね!ワタシも頑張るぞー!!!“7年”と聞いて、燃えてきました♪

ワタシなんてまだまだだわぁ〜。
ホント、こういうのも“ご縁”ですから、逃さないようにアンテナを働かせなければ。

☆seuratさん
私も“先立つもの”を作るようにまず・・・です。
夢が大きければ大きいほど、先立つものもたくさん持っておきたいですものね♪

投稿: うっし〜 | 2005.01.28 12:31

子供が生まれてはじめて「マイホーム」が欲しくなりました。建売や、新建材の外壁はキライなので、中古で探そうかな、と思っています。

投稿: りぼん | 2005.01.28 23:42

ワタシも最近よく新建材の家見ますが・・・建て売りはありえそうにないです。自分で建てるか、中古でいい味出ているの買うか、ってかんじ。

でも、最近のご時世、耐震性だけは重視したいものです。

投稿: うっし〜 | 2005.01.29 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/2692877

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産屋さんに誘われて〜:

» cell [水澄家のかけら]
「例えそれが輝かしい未来への道であっても、環境の変化は一時的に不幸な状態をつくり [続きを読む]

受信: 2005.01.25 22:49

« 後追い全盛期 | トップページ | サッポロDRAFT ONE☆おいしくいただきました♪ »