« 国勢調査 | トップページ | 3度目ニンプの18週・いっつん人生初の歯医者さん »

[選択]保育園か幼稚園か

水澄家のこぅさんがわけあって幼稚園探しをなさっていることについてのエントリーを拝読して、コメント欄に書き始めたら、長くなり過ぎたので、ココに我が家の場合を・・・って書き直してみました。とても他人事とは思えず。。。

   ***

実は、この件、こぅさんが今のおうちへのお引っ越し頃からお嬢さんの保育園探し、入園・・・と勝手に見守ってきたかんじがあり(笑)、とても他人事とは思えず、すっごい気持ちわかります。「頑張ってくださいね。」としか応援する言葉が見つからない自分もちょっと情けないんですけれど。

お嬢さんが現在通っていらっしゃる園との度重なるトラブルから、「このままでは何か起こる?」っていうか、「起こってからでは後悔するよね」というような雰囲気で転園を決意されたそう。

・・・でも、私も、なんていうのかしら、“母の嗅覚”というか、自分の“動物的第6感”みたいなものって、かなり大事だと思う派・大切にしたい派なんです。そして主人もきっとたぶんそういうの推奨派(笑)。

長男が生まれた頃、私も保育園探しをしました。
主人は「保育園は・・・」ともともと消極派だったし、私もどことなく乗り気ではなかったのですが、でも自分が“仕事をしたい”、というか、どこか“仕事を続けないとダメになっちゃうんじゃないか?!ジブン;”みたいな強迫観念があったような気がするんです。

大学卒業後、これでも一流企業に勤め(?)キャリアで深夜までバリバリに働いた経験アリ。

“仕事を続けないとダメになっちゃうんじゃないか?!”っていう強迫観念、子供がいても、今まで以上に苦労してバリバリ働かなければ“世の中に置いていかれるんではないか”ってね。

今思えば、なんだか肩に力が入っていたのかな、ってかんじでしょうか。
若かったんですかね(笑)。

当時、市役所に保育園事情を聞きに行くも、あっさりと、いや、バッサリと「自営業者の方は優先順位は最下位です・・・」「まぁ、がんばってみてください。順番なかなか回ってこないと思いますケド」みたいな嫌みまでつけて受付で言われ(一応、自営だと周りのお母さん方から「“家にいるのに”とか苦情が多くて・・・」とかいろいろ理由は言われたんですけれどね)、クソッ!と思い、認可、無認可、いろいろなところを数ヵ所見て回った記憶&保育園を利用している知り合いにも預けているお子さん自身の状態がどんなか、とかいろいろ聞いた記憶があります。

当時私が下した結論は、まず「市のご担当者様にそこまで言われるなら頼らないよ!」と、何か方法を考えるさ!!!ってコトと、もちろんよい保育園もいっぱいあるのだとは思うのですが、この頃、保育師による事件(虐待事件みたいなこと等々)がニュースを賑わせていたこともあり、知人から保育園での子供同士のケンカの状況や、親同士のハナシを聞いて、こどもが自分の言葉で喋れるようになるまでは私の目の届く範囲でなんとかするということと、それまでは仕事をセーブして、できる範囲で続けると決めた事。要するに自分の子供はできる限り自分で守る!と決めた、というか、ね。

結果、今、長男は保育園には結局行かず、3歳から3年保育の近所の幼稚園(私立)に通っています。長男はこの幼稚園がかなりお気に入りのようだし、環境もなかなかよい感じだし、私は今思うとこれでよかったと思って、信じています。

*先生はいいかんじ。園もいい感じ。
*園はそれなりに商売っ気はあるかんじ(笑)。
 ビジネスとして、これはこれでいいか、と思っている私。
 あくまで金額は高いとは思わないので。
*お弁当は、月・火の週2日。あとは給食。
*延長保育アリ。1日500円の追加料金(お月謝とは別、という意。)で夕方6時までみてくれて、必要な日だけお願いできて、これがかなり便利です。_“延長不可”設定の日もアリ。

延長保育は本人の体調がよさそうな時と、本人が「えんちょーにして!」という時をメインにしています。・・・っが、仕事で忙しい時にはこれがかなりありがたいんです。当日、普通の時間が終了するまでに電話でお願いするもヨシ!というフレキシブルさ。でも、まだ事前に“連絡帳に書いてお願い知らせ”とかしかやったことないですけれど。

   ***

子供の安全や環境、お金で買える、払える範囲内で少しでもよくなるなら頑張るさ☆そして、結果、毎日子供の笑顔が見られ、彼らが満足そうにする顔が見られれば最高☆☆☆何でもするさ♪ってコト。

長男の“保育園探し”をした頃から、気づけば手元に子供を置いて仕事をできる範囲内に留めているうちに、只今3人目を産もうとしています。あの当時から考えると我ながらビックリ!!!

年々私の仕事の範囲は自然消滅的に減っていますが(・・・っていうか、ある程度減ってくれないと子供3人もメンドーみられませんよ、やっぱりこれだけは(笑))、いたしかたないことと思っています。それでも逃したくない仕事先はそれなりに必死にこなしているつもりですが(笑)。

只今の私の計画では、3人目が幼稚園に入園する頃本格的に仕事を復活させていく予定です。それまでは世の中に置いて行かれて本格的に仕事を再開させようと思う時に時差ボケになっている?!という事態だけは避けたいので、そうならない程度にがんばる予定です。

長男が生まれた頃はまず“自分が育児の犠牲にはなりたくない”という思いが強かったように思います。今思うと、この考えは中途半端に“なんでも男女平等教育”下に育った弊害と思います。

子供を産み、育ててみると、例えば、いかに家の中では“男の人=主人=父”という役割と“女の人=子供を産める=母乳をあげられる=妻=母”という役割が、違ってよくて、違うから両方いる意味があり・・・みたいなことを考えさせられました。

子供の頃から“男女平等”という名の元に育ち大学も男の人と肩を並べて卒業し、“男女雇用機会均等法”という名の元に就職し、仕事をし、キャリアを積み・・・とやってきましたが、子供を産んで見ると、所詮動物的に“男と女は得意分野が違うもののようだ”ということによーーーく気づいたんです(笑)。

そして、子育てにおいては、“男女平等”だの、“男女雇用機会均等法”のはずだの考えて、無理に“母”というその動物的本能に背こうとしても、子供を産み、育てる、ということにおいては疲れるだけだ・・・というのが私の悟ったところというワケです(笑)。

もちろん、この長々と書いた上記文は、私個人の体験談にもとづく、あくまで持論・自論なわけですが。

“男女平等”に反対だとも、“男女雇用機会均等法”自体に無理があるとも、“男は男らしく、女は女らしく”とかそういうハナシとも違いますよ。いいところもあると思うし、子供を持つとやっぱりキツイと思うところもあったり、いろいろ思います。賛成とか、反対とかそういうハナシではないんです。

・・・ただ、3人目を産もうとこれから思う現在進行形のワタシはこんなかんじで「世の中のお母さん方、肩の力を抜いてイキマショー☆」ってかんじでしょうか。

今は毎日子供達を必死で怒って、怒鳴って、褒めて、一緒に大笑いしていますが、“育児”は“育自”、とってもステキな毎日です。

でも、現実は・・・?

新聞読みながら、次男の要求に適当に応えていたり、仕事をしながらテレビに保育をしばし頼んだり、いろいろしているわけですが、育児論だの哲学だの考えている暇なんてほとんどナイっす(笑)。なんでも体当たりあるのみ!?

そんな時間あったら、次男と昼寝にいそしむ今のワタシ。

そんな私ですが、ここのところ図書館通いが趣味で、本をむさぼり読んでいます(笑)。育自のネタはたくさん仕入れたり、“読書の秋”〜♪ナンチャッテ;。

家事かんばれよぉー♪→ジブン。。。(大汗;)

勉強・仕事はがんばってきたけれど、“主婦業”“母業”“育児業”は習ってこなかったんだよねぇ〜・・・ってたいていの人は子供を産んでからふと気づくモノのような気がするのですが、そんな事はない?ワタシだけ???(笑)。

毎日、息子に「ごめんねぇ〜この分野プロじゃないもんだからさぁ〜・・・」とイイワケ多発な母なのです。。。

|

« 国勢調査 | トップページ | 3度目ニンプの18週・いっつん人生初の歯医者さん »

「育児」カテゴリの記事

コメント

我が家にはまだ少し先の話ですが考えさせられる話ですね。私は今でも幼稚園が楽しかった記憶があります。結構、覚えてるもんです。それを考えるとより良い環境の幼稚園、探してあげたいですね。因に市内のk山幼稚園でした。通園バスのおじさんは既におじいさんですが、まだ実家にいた頃にバスとすれ違うと、ゆきちゃーん!って声をかけてくれるんです。よく覚えてるなーと感心しつつ、とても嬉しい事でした。
最近、創磨はぐっずぐず!今日は疲れたのか久々にすやすやです。子供2人にみかん、更にお仕事までしてブログまで・・・子供1人でも大変なのに尊敬します!!
ベビーカーですが、ありがとうございます!でもかなり首は座ってきてるので大丈夫です。あと1歩って感じなんですが頭がでっかい為かまだ少しぐらっとする事が。
T美のカミングホームパーティは一応出席で出しました。あとは創ちゃん次第で〜す(^‐^)

投稿: ユキ | 2005.09.29 00:26

こんにちは。
もぉ、ホント、ありがとうございます。
うっし~さんの[選択]を拝読して、いろいろと考えました。
長くなるのでトラバしますね。
読んでやってくださいませ。

投稿: こぅ | 2005.09.29 12:12

こんにちは♪

☆ユキちゃん
元気そうでなによりです。
ほぅ〜K幼稚園だったのね。
私は結婚して子供を持って初めてこの街に住んだので、まだまだ知らないところだらけです。子供の行動範囲がもう少し広くなったらもっといろいろ知れるかな?

みなさん「子供2人にみかん、更にお仕事までしてブログまで・・・」とか、「この少子化に・・・」って尊敬!とか言ってくださるので恐縮です(笑)。

でも、コレ、ぜんぶ私は楽しんでいるんですよ。
子供が二人でなかったら誰にでもわかる“公開ネタ”も少ないでしょうし、ブログも私のハナシだけではきっと面白くならない(笑)。

仕事もそんなにたくさんしているわけではないけれど、まったくの専業主婦な自分は想像もつかない・・・(苦笑;)

ブログは私の研究レポートご披露の場、とでもいったところでしょうか(笑)。

ブログ始めてわかったんです。
ワタシ、稚拙な文章しかかけませんですが、“書く事”がものすごく好きだってコト(笑)。

そして、日記(ブログ)をつけていくと、頭の中が整理されて、気持ちがスッキリするんです。これを巷では「ストレス解消」って言うんでしょうかね♪

でも、きっとこれが自分だけしか見ない日記だったらきっとぜんぜん続かなかったと思います。一緒に読んで考えて笑ってくださる方がいてくださる、というのはスゴイですね。


☆こぅさん
トラバ、ありがとうございます♪
・・・なんだとってもステキに紹介してくださっていたので、恐縮です;

私もこぅさんの考えを読ませていただいて、そういえば!とまた思ったことがあるので、また書いたらトラバさせていただこうと思います♪


それにしても・・・長い文章を最後まで・・・お二方とも読んでくださってアリガトウゴザイマシタ☆

コレ、深夜に書いたんですけれどね、なんだか思い入れがものすごく強い文章になって、よく「深夜にラブレター書くと、朝読むととても読み直せない・・・」なんて言いますが、今回のも本人的にはそれに似た感想が・・・(苦笑;)

でも、子供が寝静まっている時しか、まとまった、こういうじっくり考えて書くようなの、書けないのが残念です(笑)。

投稿: うっし〜 | 2005.09.30 12:04

こんばんは。
自分がどう過ごすか。子供とどう過ごすか。
って、家庭ごとに様々な選択肢があるはずなのに
「幼稚園」か「保育園」か
どちらかの枠にいれなければいけないのですから、悩みますよね〜。
6時まで延長保育のある幼稚園、よいですね(^^)

>世の中に置いていかれるんではないか
>所詮動物的に“男と女は得意分野が違うもののようだ
このあたり、特に同意です(*^_^*)/
>“主婦業”“母業”“育児業”は習ってこなかったんだねぇ〜
ここも同感です(笑)

投稿: でりさ | 2005.09.30 23:44

こんにちは♪

延長保育、本当に助かっています。
・・・っていうか、最近延長保育が好き過ぎる我が息子には、私がたいして忙しくない時でも延長保育を迫られます。

家よりずーっと楽しいようです(笑)。

結婚して、特に子供を育て始めて、こんなにも女性の生き方というのは幅広く選択の余地があるのか、と思いました。十人十色というか。

それを“子育ての犠牲になっているワタシ”ととる人もいるでしょうし、“女であるからこそ感じられる幸せな時間”ととる人もいるでしょうし、様々ですね。

不妊症の方々なんかも多い世の中、子供3人に恵まれるらしきワタシ。
今は大変ありがたい事と思っています。
“女”であるからこそ体験できるいろいろを人生楽しんでいこうと思います♪

投稿: うっし〜 | 2005.10.02 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/6151385

この記事へのトラックバック一覧です: [選択]保育園か幼稚園か:

» 覚悟 [水澄家のかけら]
思い悩んだ末の答えは必ずと言っていいほど自分の中にある。 視界の端っこに答えが見 [続きを読む]

受信: 2005.09.29 12:14

« 国勢調査 | トップページ | 3度目ニンプの18週・いっつん人生初の歯医者さん »