« 『うかたま』 | トップページ | 久しぶりの趣味の買い物♪ »

繰り返し符号「々」のナゾ

以前から(いつからだかわからないほど昔から・・・)気になってきたコトについて、12月4日の朝日新聞に答えをみつけました。

「スッキリッ!!!」ってかんじでもあり、
「へぇ〜 へぇ〜 へぇ〜」ってかんじでもある(笑)。

第3社会面の『ことば談話室』に長年の私の疑問へのその解答は載っていました。

「々」は、「ゝ」や「(パソコンでは表示されないけれど、よくおばあちゃんとかが書く、繰り返す、ひらがなのくの長く伸びたような文字)」と同じ繰り返し符号なのだそう。

ワープロやパソコン使うようになった10年くらい前から、「はて、この文字(記号)はいったいどうやったら表示されるものなのだろうか・・・?」というのが私の長年の疑問でした。

三省堂国語辞書編集室は「『々』は漢字ではないので、本来字を示すための見出しでは漢字を重ねている。解説では『々』も使っており、否定はしていない」。とのことだそう。

何より驚いたのは、この私が文字、漢字だと思っていたのは“漢字ではない”、なかった!というコトだ。

1946年、文部省(当時)は「くりかえし符号の使い方(案)」で「々」「ゝ」など5種を取り上げ、その後、「公用文作成の要領」(52年)で同じ漢字を繰り返すときは「々」を用いることをが明記され、多くの出版物にもこの方式が定着したのだそうな。

文化庁国語課は「今は『々』を使う表記が一般的といっていいのでは」と。

上にくる漢字で読み方が変わるので単独での読み方はない。通常は「同の字点」と呼ばれるが、ノとマを合わせたような形から「のま」とも。

・・・知らなかったぁ〜!!!

小学館の日本国語大辞典第2版は「のま」の見出しで「々」の通称としているんですって。

ちなみに、我がMacでは、「のま」では残念ながら出てきませんでした。
でも、「くりかえし」と打って変換すると、これらの記号がちゃんと変換リストに入っていて呼び出せることが今ごろになって初めてわかりました(笑)。

・・・でも、これって文字化けしないのかしらん?この打ち方で・・・

・・・違う意味でまだナゾ多き記号、文字のままです。。。;
あまりにもメジャーな気がするのにね(笑)。

|

« 『うかたま』 | トップページ | 久しぶりの趣味の買い物♪ »

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/7504778

この記事へのトラックバック一覧です: 繰り返し符号「々」のナゾ:

« 『うかたま』 | トップページ | 久しぶりの趣味の買い物♪ »