« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

大人げないね・・・

早朝より仕事をしていた地下室へ・・・目を覚ました息子達二人連れがやってきて
「もぅ〜ママ、またここにいたのかぁ〜!」といっつんに発見されました。

その後急いで朝食の準備やらお弁当の支度やら。

最近のいっつんは着る服にもこだわりが出てきたらしく、自分で選んだものでないと着ない、とか、靴下はこの服にはそっちじゃなくてコレがいいんだとか、いろいろこだわりが出てきました。

・・・まぁ、正直なところ「そんなことどーだっていいんだけど・・・;」のワタシ。一応ちゃんとコーディネートして出してあげているつもりなのを忙しい上に崩されるのですから、まぁ、面白くないのは母である私の方かもしれません(苦笑;)。
もちろんこだわるのはいいのですが、どこのお母さんも朝の忙しい時間はそうだと思うのですが、忙しい朝に・・・構っちゃぁいられない。

彼がこだわるのをいいことに、最近は服を用意しておくのをやめました。
「文句ばっかり言うのなら、ジブンの着たい服を自分で箪笥から出して着なさいよ!」とね。

今朝はその上、やれ「パンはこれは嫌だ。いっくんはイチゴのジャムが入ったのがよかった」とか「バナナは食べたい気分じゃない」に始まり、昨日いっつんが食べたいと言ったから選んだヨーグルトなのに、それは今日は食べる気分じゃない・・・とか、あまりにもお弁当の用意とかにも忙しく頭にきたワタシは

つい・・・・・・

「食事もろくに食べない人にはお菓子はあげません!今日から一切ナシ!!!」
「エラそうに!食べ物の好き嫌いでウダウダいうのは、自分が稼いぐようになって、そのお金で食べ物を買えるようになってから言いなさい!!!」
と一喝;

朝からチョコレートのお菓子のほうがパンより食べたい、とか言いたい放題だったため、いつになく本気で怒っちゃいました。たぶんものすごい怖い顔をしてね。。。

さすがにそんな母を見て、“マジギレしている・・・;”と思ったであろう彼は、今日は素直に謝りました。その後は何事もなかったように振る舞う彼・・・。毎度思うけれど、このコドモのものすごい立ち直りの早さっていったい・・・?!

それにしても・・・4歳児にこんな理由付けで怒ったワタシも・・・大人げないなぁ〜・・・
もぅ。。。;

でも、たぶんまた数日後には同じ理由付けで怒るような気がする。。。(苦笑;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひびが2歳になりました

目前の仕事と気になる出産を控えて焦っていたら・・・
昨日で気づけばひびは2歳!
おめでとう!ひび。
♪おめぇ~でとぅ~じぶん~♪(=電気グルーヴ風(笑))

3男くんが生まれれば、ここからお誕生ラッシュとなる我が家。
一週間から十日おきにひび→3男→ワタシ、と続きます。
この度にホールケーキを食べたら・・・太りそうやなぁ~・・・(困;)

さて、昨日のお誕生日にはなんと!お義父さんから手作りのアップルパイ(大きなサイズのホールで!)が宅配便にて届きました☆だからひびのお誕生日はそのケーキにろうそくを2本立ててお祝い♪

お義母さん手作りの、ではなくて、“お義父さんから手作り”なところが最高!です。
ちなみにお義父さんはサラリーマンを定年退職されるまで、「男子厨房に入らず」状態で、一切お料理なんかはされたことがなかったんだそうな。でも、定年退職なさってからはお義母さんがまだ働いていることもあり、夕飯のうちの一品はかかさず本を見て作ることに挑戦されるようになったり、手打ちうどんをやってみたりとかいろいろ作るのに挑戦なさっているとか。「やったことないことだらけだから本を見て忠実に作ってみるんだけれど、なかなかうまくいかないもんだね。やってみるとかあさんの“目分量”っていうののスゴサをつくづく感じる」とおっしゃっていたっけ。

そして今はお菓子作りにはまっていらっしゃるんですって♪

「おいしかったですぅ~!お義父さん☆」
記念にケーキと息子たちで記念写真を撮りました♪

何よりのプレゼントです。ありがとうございました☆

   ***

さて、昨日は盛りだくさんな一日でした。
朝10時台からいっつんの幼稚園での保護者参加形の参観。いやぁ~・・・おなかがものすごく大きな妊婦母は幼稚園のいすに座っていっつんとの図工製作授業だったのですが、いすが引けずに狭いところでなんだか大変でした(笑)。

帰ってきてお昼を食べてほどなくして今度はいっつんを幼稚園にお迎え。昨日は車で行って、いっつんを乗せて、そのまま音楽教室へ。近くの大きなPスーパーの駐車場に止めて(日頃4000円分お買い物をしないと駐車料金が2時間無料にはならないのですが、月・火曜日は地下の食料品売り場にて1000円分お買い物をすればなんと2時間無料で停められる!という得点アリ。もちろん賢く利用☆)お教室へ。

レッスンが一時間あるので、スーパーからの往復の時間をひくと・・・買い物できる時間はせいぜい30分。「食料品で最低1000円分以上」というと簡単に買い物できそうですが、行動ののろい妊婦とまわらない頭(これはニンプなせいじゃない?!)を酷使するのでなかなか大変。でも買い物も無事終了して時間内に駐車場を出られました。

帰ってきたらさすがに疲れて少々朦朧と・・・

ひびのお誕生日をケーキでお祝いしてみなで食べて・・・夕飯のためにご飯をといで、時間を待って炊飯器のボタンを押して・・・としたら、さすがに体が重くて布団にダウン;。

ご飯が炊け、子供たちをダンナさんがお風呂に入れてくれて、ご飯も簡単にダンナさんが息子たちと3人で済ませてくれました。寝る準備も全部させてくれて、気づけば息子たちは私の横に寝にきて・・・

私は結局、夜中にいっつんとひびにかわるがわる夜泣きで起こされたものの寝続け・・・早朝に起床。ダンナさんはいつものごとく朝まで仕事と相成っていたので入れ替わるようにして起きてまずは子供たちが起きてくるまでに一仕事!です。

一段落したらお弁当も作らなくちゃ!な今朝。

さぁ、今日もがんばりまするぞ! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焦るぅ~・・・

もう36週の妊婦です。
・・・っていうことは“臨月”→“産み月”なワケですな。。。

でも、まだ事業税務申告書類作成に汗しています。

今週木曜日、もう一度完成したデータを持って、青色申告会をお尋ね予定です。

お腹3男には「まーだ出てきちゃダメだからねぇー!」と必死の訴え。

何でこんなに大変かって・・・一昨年(昨年申告分)まで“簡易帳簿申告”だったのを、昨年分(今年申告)は“複式帳簿申告”に変える予定だから・・・です。昨年までは帳簿により控除額が10万円・45万円・55万円と3種類あったのですが、今回からは10万円か65万円の2種類しか制度が変わってなくなったんですよ;。おかげで必死こいています。ケチな母はなんとか65万円控除枠の適用を受けようと、昨年から準備(控除額以外の節税のためのあれこれなど税務署への申請登録など)はしていたものの・・・育児の忙しさと妊婦の体調の悪さにかまけ、結局ぜーんぜん用意していませんでした;。

6月に複式帳簿の講習会に一日参加したものの・・・そのまま月日はあっという間に流れ~~~気づけば12月!私は恥ずかしながら簿記の知識は皆無だったため、そこから3冊の本を見定め書店で買い込み、息子たちを寝かしつけながら布団に4色ボールペン持ち込んで猛勉強!(←本人はしたつもり;)。

1月に決算相談予約を青色申告会にお願いしたものの、あまりにもデータが出来上がっていないのと、体調不良を理由に1週間先延ばしに予約変更していただきました。そして、先日、一年分なんとか出来上がるかと思ったけれど、初めてやること、そうはうまくはかどらず、半年分をなんとか仕上げて、大恥かくのを覚悟で相談会に行ってきました。

こんな時期に「まだ半年分しか入力終わっていないんですけれど・・・」なんていうつわものはあまりいないのか(本来なら帳簿付けの内容確認にはもう年を越すと応じてもらえない約束;)一瞬担当の方が「んっ・・・?!」と声をつまらせたものの、どうやらとなりのベテラン担当者の方と(とんでもないヒトがきちまったよ;風)変わっていただき、なんとか内容(記帳方法の間違いがないか)を半年分確認してもらいました。疑問点3点くらいもしっかり教えていただいたり。幸いなことに、入力内容はほとんど問題なく(いやぁ~正直かなりほっとしました。なにせ初めて勉強したことを即実践でしたから)「また一週間後までに後半年分をなんとかしてきます!」と予約を取って帰ってきました。

申告会の方には「本当にあと一週間で入力終われそう?」とかなり心配げな顔をされましたが「はぃ、なんとかしてみせます!そのすぐ後は出産なので当分これませんから」と言ったら、これまたあきれ果てた顔をされました(苦笑)。普通は半年分を一週間で片付けてくるヒトなんてありえないそうです;。・・・でも、こっちは本気よ☆

今回は母が節税したぶんを出産費用の足し(個室費用程度)にはするつもりなんだから!と最初から母は鼻息荒いのです♪いい思いは自分で稼いでするほうが気持ちよいでしょ?!

一ヶ月分入力と確認と必死でやって約2時間くらいかかっています。時間を計りながらどんどん縮めていくやり方でやってみています。タイムトライアル(笑)。もちろん月によって入力件数が若干違いますが、子供の邪魔が入ればあっという間に倍以上の時間がかかります(泣;)。・・・だから可能な限り地下の部屋に閉じこもっています。ダンナさんと私、先に“仕事”理由で非難したもの勝ち!?負けはコドモたちの面倒見?!

さぁ、後残り・・・それでもまだ1000件程度がありますよ。一か月分の入力だけなら1時間もあればできるのですが、確認作業のほうが3倍くらい時間もかかるししんどいです;入力の速さは毎日ブログ入力で鍛えただけあります。よそ見していたってできますよ(笑)。

【教訓】
ちゃんと一週間に一度は帳簿をつけましょう!今年こそは・・・!!!
一週間に一度でもやっていれば週に一時間づつくらいで確実にすむはずの計算、ということが今回わかりました。

【反省】
毎年この時期そう思って言っているのに実行できてこなかった経緯はしっかり考えましょう;。

【今年のワタシ】
子供を持つと「母は強し」と言いますが、3人も子供を持つようになると「母は図太し」になるようです(笑)。「母は必死!」とも言います;。でも、最近一番感じるようになったのは「母は逞し!」デス☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クレバーな女性

今年の目標、というか、今後の人生の目標ワードが決まりました♪

“cleverな女性”になるコト☆

・・・【clever】の解釈・・・

“利口”で“器用”で・・・♪
でも、“調子よく”“うわべだけ”にならないよう気をつけます(笑)。

あくまでも、“頭の良く”とかではなくて、“調子よく利口・器用”なあたりネライ☆
さて、この一年、どうなるかなぁ〜・・・???(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京で面白そうな喫茶店?

今日、我が家のダンナさんは仕事で都心に出る時に、久〜しぶり四国から東京に出張で来るお友達とちょっとだけ会える時間があって、会う約束なんだとか。

「ねぇ、ちょっとお茶するくらいなんだけどさぁ〜、なんか東京で面白いところってないかなぁ?」とおっしゃるので、「ねぇねぇ、どうせお茶するんだったらさぁー秋葉原とか行って、電車男で使われた“メイド喫茶”に行ってきてよぉ〜。そこでお茶するのってどう?ぜひぜひ地方から久しぶりに出てきてくれるお友達とだからこそ“メイド喫茶”なるものを体験してきてよ☆「おかえりなさい!ご主人様♪」って言われるの、体験してきてぇー♪」って。

「ほぉ〜う!そういうのも面白いかもね。」ということで早速そのお友達に「うちのカミさんがさぁ〜ぜひ“メイド喫茶”を体験してきてくれっていうんだけどさぁ〜」ってメールを返信したところ、「オマエんち、離婚の危機とかないかぁ?大丈夫か?!」とワタシのこのオカシナ提案にビックリされたよう・・・(笑)。

ちなみに我が家のダンナさんは身長180センチ。そのお友達はうちのダンナさんよりもう一息背が高い。そんなそこそこ大きなオトコが二人シテメイド喫茶でお茶♪というところを本来ならワタシはこっそり見てみたい☆もちろん“観光”として“アトラクション”として楽しんできてみてはいかが?というつもりだったのだけれど・・・?

だって、そこそこ近くに住む友達を久しぶりに誘って、突然「ねぇ、“メイド喫茶”体験なるものをしに行ってみないか?」なんて誘ったら、それこそ「オマエ大丈夫か?!」と本気で心配されそうでしょ?(笑)・・・いや、こういうところにしょっちゅう行かれる方は別として。。。だって、一見さん(←いちげんさん)としては十二分に興味ないですか?少なくとも私も行ってみたいけれど“メイド喫茶”にカップル(夫婦)で行ってもいいけれど、なんだか面白くなくなぁい?やっぱり良くも悪くもオトコ二人のほうが盛り上がると思うんだけれどさぁ〜・・・

・・・こんな提案をするオクサンってやっぱりちょ〜っと変わっているのだろうか・・・?!
いや、だいぶん?!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

兄弟

毎日ドタバタ、ワーワーギャーギャーいいながら遊んでいるいっつんとひび。ケンカはするけれど、母である私から見ると「ケンカばかり」というよりは、なかなか兄弟は楽しそうで仲がよいような気がします。

もうすぐコレに一人増えるんだなぁ〜また“オトコ”が(笑)。

3兄弟ってどういうかんじになるのかしらん?

私も弟がいる二人“姉弟”、ダンナさんも妹がいる二人“兄妹”で育ったから、“オトコ3人兄弟”っていうのがどんなかんじなのか皆目見当がつかない。ただ、仲が良ければ楽しそう!?と思うくらい。

いっつんが2歳になる頃、やっぱりこの子には下の子が生まれたほうがいいような気がするな〜(その頃にはもう立派な(?)ニンプだったけれど)と、当時のいっつんの行動を見て想った記憶が。

そして、ただいまもうすぐ2歳になるひびを見ていても、やっぱり「このヒトにも下に兄弟がいたほうがワガママを自制するとか、思いやりとかが育つ気がする」と思っていて・・・

・・・えっ?!このままいったらずっと下のヒト作り続けなければ?!
・・・そんな・・・アリエマセンよ(笑)。

でも、毎日始終思い通りにならない兄弟と過す、過さなければいけないというのは、見ているとそれなりに家の中でも処世術が育つ気がする母です。

子供がいっつんだけだったら私の子供観は今とは全く違ったものだったと思います。ひびを見ていると、なんと同じ親が生むのに違った個性なモノか!と毎日驚かされます。そして、次のまた同じ親から生まれるまた違った個性はどんなだろう・・・?と思うと興味津々でなりません(笑)。

子育てってとっても大変なことも多いけれど、面白いなぁ〜
私に何も負担がなければ5人くらい並べられたらどんなに面白いだろう?なんて思っちゃう。

・・・そういえば、橋下弁護士さんのお家は6人目が生まれるとか!?
スッ・・・スゴイなぁ〜・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2歳目前のひびの言語能力

あと1週間ちょっとで2歳のお誕生日を迎えるひび。
彼の言語能力は私が思うに、なかなか高め(笑)。やっぱり身近なお手本にお兄ちゃんがいるせいか、なかなかしゃべるのが早く上手になるように思うんです。

いっつんの2歳のお誕生日当時は、言語能力的にはかなりゆったりめ?という感じでした。好きな車の名前はかなり言えたけれど、「2語のおしゃべりは?」なんて言われると、夫婦で考えても???ってかんじだったっけ。2歳半くらいになってようやっと2語はしゃべれるようになったかな・・・と思うくらいだった記憶があります。

しかぁ〜し!ひびのコミュニケーション能力はスゴイ!
“男の子”=“言葉が遅い”と思っていたけれど、どうやらコレは違うようです。いっつんはひたすら“モノの名前”から入ったような気がする言葉の世界。でも、ひびは“コミュニケーション”としての言葉から入っているのです。やっぱり歳の近いお兄ちゃんがいる!というのはぜんぜん発達において違う気はしますね。

生まれた時からお兄ちゃんと共に生活していて、遊び相手全てにお兄ちゃんが関係してくるせいか、自分の意見を通したい!となると、やっぱり必要に迫られるんでしょうか?!(笑)。

確実にもう2語はしゃべります。
それも、かなり言葉の種類は豊富♪
・・・ただし、親のマネしてほしくない言葉と、お兄ちゃんの言葉の中でも親が「ソレをマネしなくても・・・」と思う所から覚えているような気がするのはトホホ;だったりしますが。

ココ2日は「そうだよ〜ん♪」っていうのをマスターしたようです。
ただ、ちょっと使い方が・・・

私が、「ねぇ、うんちした?なんだか臭うような気がするんですけれど、したならオムツ取ってきてー」と言うと、「そうだよ〜ん♪」と言いながら遊び続けます。。。

面白いのが、先日オムツかぶれで使ったらよくなってきたみたい、と紹介した“馬油”が気に入ったようで「ママ、ばーゆ塗って!」まで言えるようになりました。

いっつんに「ひびー!」と呼ばれれば、ちゃんと「はぁ〜ぃっ!」って返事するし。お兄ちゃんとケンカしても軽く説明できるくらいにまでなってきました。文章にはなりませんが、母はその言葉とジェスチャーから何が起きたかを説明するひびの状況は連想できるくらいまで。

お兄ちゃんのいっつんとかなり兄弟らしく遊べるようになってきました☆・・・っが、兄弟げんかもその分多発するのはいたしかたのないコトです;。でも、しょっちゅう兄弟でしゃべる、会話が成立するようになってきて一緒に遊んでいる姿には、スゴイなぁ〜!と最近感心しきりの母です。

ただ・・・もう一つ最近気になるのが、お兄ちゃんのいっつんが弟のひびに注意する言葉、というか、フレーズが、全てどこかの誰かに似ている・・・というコト。口調まで;

・・・ハィ、ぜーんぶワタシの受け売りのようです;

これ、女の子だったらもっと強烈なんでしょうね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京でも大雪

週末は東京でもかなりの雪が降りました。
低気圧のせいでしょうか?!私の週末の体調は激悪で、一日中気分も優れず、少しの間でも立っていると調子が悪く、最低限の育児とご飯作り以外は、いっつんに「ママ、そろそろ着替えたら?」と言われてようやっと午後に着替える・・・といったくらいお布団から出たり入ったりの生活をしていました。

本来、私はなんだか雪かき大好き!で、普段なら雪が降ってきてしばらくして積もると、意気揚々と外にスコップを持って出るワタシですが(こんなこと東京の雪の量だから言えますが、今年の新潟の山間部の方にはとても申し訳なくて言えませんね;)、さすがにこの妊娠後期ではそうもいきません・・・。残念がっていると夕方からはパパが雪かきスタンバイ。

まずはお風呂掃除をしてお風呂にお湯をはって、帰ってきたらすぐお風呂で暖まれる体勢を準備していざ出陣☆

実は、この雪かき。ご近所さんとのコミュニケーションにも一役かっています。もちろんそういうところは我が家だけでなく結構あるのでは?と思うのですが、我が家の近所は60〜70代の方の住む世帯が多いせいで、この雪かきを近所の家の前もやるととても喜ばれるようなのです(・・・と私は思っているんですけれどね)。

我が家の前を合わせて5軒分くらいをやります。まぁ、家々が小さいのでそんなにビックリするような距離はないのですが、ここの通りで1番若い世帯は我が家ということもあり、5年くらい住んでみて気づいたことは、どうも雪かきの後からご近所の方に声をかけていただくことが多くなったような気がする、と感じたコトです。もちろん私の勝手な感想ですけれど(笑)。なんとなく、ね。

この辺りの方はそんなに引越で入れ替わりとかがないので、ご近所みなさんわりと何十年も住んでいる方なのです。そんな中、雪の日に外の道路でガリガリ(それも自分の家の前なら「やっときますよ〜!」と言わんばかりの音(笑))音がすれば、誰が何をしているの?とちょっと、そっと窓を開けてみるようなかんじなのです。

1番若年世帯が「よろしくお願いいたします♪」と言うには、無言でなかなかいいアピール方法でしょ?(笑)

東京ならせいぜい1年に1,2回程度ですが、私はこんなご近所とのコミュニケーション方法が好きです♪おかげで今ではまわりのお家の方ともすれ違えばご挨拶、ちょっとのおしゃべりも気楽にできるようになりました。

今回は、今まであまりお話したことのないお家の奥様(もちろん顔見知りではありましたし、ご挨拶はするくらいのかんじのおうちでしたが)から手作りのパンの差し入れを、雪かき中の我がダンナさまにいただいちゃいました♪こちらのおうちも男手がなく、我が親達より年輩のご世帯です。

とってもおいしかったぁ〜☆ノデ、今度お会いした時にはお礼を言わなくちゃ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3度目ニンプの妊婦健診@35週

今日は朝からいっつんを幼稚園に送っていき、そのまままひびを連れて36週の妊婦健診へ。

朝9時半の予約でしたので、その時間には病院に到着。

前回、本日分の予約時に「次の回は特別検査とか、時間の特にかかるような検査はありますか?」とちゃんと聞いてから予約したのに・・・もちろん「最低限内容の妊婦健診ですからそんなに特別お時間はかからないと・・・」というハナシで予約したのに・・・

ひびと病院にいたのは結局3時間!!!

まぁいつものコトながら混んでいたのもあったのですが、普通の妊婦健診の他に、「今日は手術の(予定帝王切開なのでね)術前検査の予定日なので・・・」って・・・!?

予定と聞いていた妊婦健診+レントゲン検査+心電図検査+血液検査+何か今後の連絡等々・・・さすがに精密検査の間は看護婦さんが手伝ってひびを見ていてくださったので、とてもありがたかったとはいえ・・・こんなに時間のかかる予定とわかっていたら、ひびをどこかに預けて病院に行く段取り、とか予約の時間をもっと考えましたよ・・・(泣;)。

さすがに疲れきって(もうすぐ10ヶ月目になろうかという妊婦が1歳児相手に3時間自分の用事で病院で過す・・・なんてムリよ;)おかげで体調激悪となり、今日は家に帰ってきてからは子供の最低限の相手以外は横になる時間大半で過しました。帰り道、30分自力で運転して車で帰ってくるのがやっとでした;。

夜は一時的に最低限の仕事をこなすものの、とても30分から1時間キッチンに立ってお料理をする・・・なんていうのは無理無理状態(お腹がキーィッって固く張っちゃって、すぐ丸くなりたい感じ)で、今日はダンナさんも仕事で究極に疲れている日だったのに、こういう日に限ってお弁当夕飯となってしまいました。・・・それも疲れている方に買ってきていただいて・・・恐縮です;。座っていればまだ大丈夫状態までは回復しましたが、ちょっとでも立っている状態だと・・・ダメです;。

最悪の場合こんなふうになること予想できうるから、ちゃんと前回予約時に「次の健診は時間のかかる予定の検査とかはありませんか?」ってちゃんと念を押して、聞いてから予約したのに。。。ないっていうハナシだったからひびと一緒に行っちゃったのに・・・全く今日はついてなかった・・・

・・・おかげで、もういつ何が起こって入院しても術前検査は済んだので、そういう意味での準備は万端になったわけですけれど・・・

本日、お腹の赤さんは体重約2450グラムくらいになっていました。先生は「ちょっと大きめに測っちゃったかなぁ?」とかおっしゃっていましたが、私はココ1週間くらいでとても日常生活が日に日に窮屈になってきているので、それくらいはあるかも?って感じです。
手術予定日まででもまだあと3週間あるんですけれど・・・もうお腹パンパンですよ;もつのかなぁ・・・?
次回からは一週間健診になるとのこと、来週も病院へ。
・・・もぅ、病院へ出かけること自体が大変になってきました、さすがに;。

今晩からは雪予報の東京。さすがになんだか冷えます。余計にお腹が縮こまってキュッとなりそう;。気をつけなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“お金”のコト。

今、あいかわらず必死こいて経理業務にてんやわんやしているわけですが・・・そんな日中を過していると・・・気になることがあります。

テレビではそろそろ一般の方でも確定申告が見えてきたのと、今年の大増税計画の世が反映してか、朝から金融ネタが多いですね。

このお正月、子供達は初めて“お年玉”というものを親戚からいただき、(昨年も数件いただいていたけれど、子供がまだまったくわからなかったので、即親が没収の上息子達各個人名義口座のゆうちょ行き。)興味津々。

今年からは子供にお金のことをどう教えるか、を本気で考え始めました。考え方は各おうちでそれぞれと思いますので、あくまで、“我が家”での価値観をどう教えていくか?についてです。

冬休み、子供とテレビを見るような普通の時間に、なんと消費者金融の広告が多かったことか!?

世の中、「景気が少し回復してきた(?)」とニュースなどでは言われるものの、お母さん達は大増税時代に備え、“節約”“節税”を合言葉のようにしているように思います。雑誌などでも年初なのもあってとっても“家計簿”特集なんかが流行っている気がするのです。

・・・なのに・・・
世の中消費者金融とリボ払いのCMが溢れかえっていて、どうも若者たちに「計画的に☆」とは付け加えるものの、あまりにも身近に“ローン”という言葉がありすぎるような気がします。

家庭を持つと・・・
せいぜいローンを組みたいのは、家を持つ時と、車、どうしても必要なら教育費くらいまでにしたいのでは?と思うのですが、消費者金融系の広告を見ている限り、なんだか「お財布にお金がなくなっちゃったら貸してあげるよ♪気軽に相談においで!」と洗脳せんばかりの勢いな気がします。

こんなCMをしょっちゅう子供に見せたくないわ・・・と真剣に思う母です;

昨年のイロイロの経理処理をまとめていると、“少子化”に歯止めをかけたいなら、子供の人数が多ければ多いほど、定率減税廃止!とか言っていないで、逆にパーセント上げて優遇すればいいのに・・・そういう家庭には、と思ってしまいます。もう子供4人以上だったら、全て免税!とかね(笑)。

個人的には、別に“みんなで平均的にコドモを産み増やそう!”ではなくて、“コドモをもっと持ちたい人に子供が持てやすい環境”を整備すべきだと私は思います。“みんな(各家庭)で平均コドモは2人”みたいなの、もうやめたら???と思うのは私だけでしょうか。。。

一人っ子を大切に育てる家庭もあっていいと思うし、子供が5,6人いてワイワイするのが楽しい家庭があって、それもイイ!!!と私は思うんですよね。こんなに世の中バラエティーに富んでいて、みながhappyになれる世の中になってきたんだから、子供の人数の価値観だって多様でいいと思う。ぶっちゃけ、トータルの人口が減っていかなければいいわけで、そういう意味で子供がたくさん欲しい、持てる家には世の中が金銭的にもいろいろな面で支えてあげられるシステムに・・・って、そんなに難しいことなのかなぁ・・・???税金システムの考え方だけでもかなり私のような素人でもこうしたら?という案を思いつきますわよ。

少なくとも、“出産費用だけ無料に”みたいなのとか、そんなの焼け石に水でしょ。もちろん貰えればありがたいけれど、そんな最初の一時的なものより、医療費も所得に関わらずコドモはみんな無料がアタリマエ!とか、“産む”という一時的なものより、“子供のたくさんいる家庭の働くお父さんお母さんにはもっと優しい税制度”にするだけで、よっぽどいろいろにお金は使えるようになるのです!というか、税金を自分で全部計算する我が家のような家庭では、税金分だけを毎年“かなり優遇!”にでもしてくれるだけでどれだけの出費が助かるか。“お金をくれ!”とは言わないからさ、コドモが多い家庭は“払う額をもっと少なく”してほしーのよ!と思うのは、ワタシだけ?

子供がたくさんいてただでさえ大変(働く時間的に)なのに、“税金のために働くような世の中の税制”は完全に間違っていると思います。

子供が今現在一人いて、もっともっと持てるのなら欲しい!と思う家庭はいーっぱいあるはず!と幼稚園に行っていると思うんですよね。結婚したくない人に結婚を迫る政策とかより、ずーっと効果はあると思いますけれどね。

・・・それにしても、毎年まぁよくこーも税制が変わるもんだ・・・
申請書類の中身考えるだけで頭がシューシューしてきますよ、毎年違うんで;。

仕事のストレスをこんなところで発散してしまった・・・(汗;)

さて、さっさと本題・本業に戻らなくちゃ;
また脱線しちゃった;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から“本気”と書いて“マジ”モード!

重い腹持ちつつ、重い腰を椅子につけ・・・只今、昨年の帳簿整理に本気で取り組み始めました!(遅い!!!でも、これでも昨年よりは早い!!!;)

昨年までは簡易帳簿だったのですが、今年は複式に挑戦中なので、頭の中がシューシューいっています。(もちろん簿記の知識がちゃんとある方には楽勝な範囲・程度だと思いますが、件数も多くて・・・)

なんとか出産前にはパーフェクトに終わらせるぞ!と。

・・・と言いながら、まだ整理が終わりきっていないのと、体調不良で今日の相談会予約はキャンセルさせていただき、日程を1週間遅らせてもらいました・・・本当にスミマセン、担当の方;;。

1週間で晴れやかになるぞー!!!

この仕事が本来、我が家、1番の“節約”になるからです☆
1週間はねじりはちまきモードで頑張るぞ!

節約した分で出産入院費の足しにしなければ!と母、いつになく必死です;なにせ一時的とは言え、ビックリするほどかかりますもんね、入院費;

・・・でも、さ〜て、終わるんでしょうか・・・?!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起きていられなくなってきました;

今月下旬には10ヶ月妊婦に入る私は、ここ1週間くらいで自分でもビックリするほど体のバランスが悪くなってきたようです・・・;。

昨日は幼稚園の後、いっつんの音楽教室でついて行ってきました。
・・・っが、最寄り駅近くにあるお教室まで歩くのですら、いつもの駅までの所要時間の倍弱かかる始末。おかげで幼稚園が駅までの真ん中あたりにあるので助かりますが、えっちらおっちら歩くので、片道30分以上かかって歩いた結果となりました。そろそろ本当に人間二人分(心臓2個分)を一人でまかなっているので、ほんのちょっとで息が上がっちゃいます。重いし赤ちゃんの血液量もかなりのものになっているだろうし。

先週末辺りから、家でも隣の部屋に移動する時が必ず階段のある我が家で、ちょっとでも油断すると1日少なく見積もっても5回は階段で足を滑らせています。・・・もう、足元が見えにくい、とか、そういう次元ではないようで、自分ではとても注意して足を前に出しているつもりなのですが、どうも自分が思っている足を出す角度と実際が違っているようで、注意しているつもりなのにそれでも踏み外すのです・・・。ちなみに、我がウエスト(?)は只今98cm。身長155cmですから・・・アンバランスにも程があります;。

自分でも最初はなぜこんなに階段を踏み外すのか理解できませんでしたが、お腹が大きくなりすぎ、そっくりかえった姿勢でいるらしい分、どうやら足を出している角度が、自分が思っているのと実際は違っているらしい、ということが、数日やってみてようやくわかってきました。・・・その上、我が足を着く着地点はお腹で完全に隠れて見えませんしね;。危ない!アブナイ・・・;おかげで最近は横向き、カニにような状態で1段1段降りたりしています。

幸いに階段幅がそんなに広くないので、周りの壁を伝って下りているから大事はないのですが、1番注意なのが、キッチンと冷蔵庫の間にある5段ほどの階段なのです。なにせ、食事を作っている間中行ったりきたりし、冷蔵庫から火のついたキッチンは部屋が隣なので死角見えないため、ひびが何かイタズラでもしたら大変!と幾度となくバタバタ行き来するのです。その上、たいてい、片手or両手に食材やら何やらを持っていたりします。

本来ならお盆にでもいるモノを全部とってきて食卓の上に置いて、いるものだけつかって調理を済ませ、最後にみな(お野菜の使わない残りとかね)片付けたいところですが、なんでもひっちらかすチビひびのいる現状では無理。こちらがキッチンに向かって集中しているうちに、ぜーんぶ床の上か一部ゴミ箱に勝手に投げ入れられることは容易に想像着くのですから。。。

昨晩などはみんなで軽くおやつを食べ、夕方、先にお風呂に子供達を入れておこうと一緒に入ったが最後、とてもしんどくなってしまって、母が1番に布団に直行。

もう座っていても足がしびれるし、立っていたら腰がものすごく血行不良からか重く感じられるし・・・でどうにもこうにも。。。というかんじです。おかげで調子悪いとすぐ横になっちゃって、自分のしたいことなんてなーんにもはかどらなくなってきました;。

あとちょっとでゴールだぁ〜・・・と思いながら、必死で1日1日をこなしていっている感じです。
あ〜、2歳違いの息子二人と共に3度目妊婦って、ホントにこっちの体力が大変;。
これは予想以上でしたよ。今や遅し・・・だけれど;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書マラソンで節約も

昨年10月から気合を入れて(?)図書館に行くようになりました(笑)。

“気合”っていうのは、“図書館に行くこと”ではなくて、なるべく我が“書籍費を減らす”べく、ってことね。

・・・っで、結果です。

10月から12月末までで37冊借りました。
中身は、育児書だったりソーイングレシピだったり、エッセイ集だったり、実用書多々だったのですが、37冊で、「もし、これを全部買っていたら?」と金額の合計をしてみると、43,223円でした☆

ちなみに、いっつんがひたすらのりものの写真図鑑のようなものを借りて、それは約25,000円分くらい(笑)。これは別で。

図書館にマジメに行き始めた頃から、ノートに記録をつけてみるようになりました。
借りた日→返す日と、本の名前・著者と発行日・出版社、本の金額、2行程度の本の感想をつけるようになりました。
私のノートと子供達のは別で用意して。

3ヶ月くらいでもつけてみると(書くのはメンドーでしたが;)面白いものですね。

借りた本は☆でまた借りたい本の名前のところには印をつけてみたり。
たまたま借りた本が面白かったら、その著者の関連本をネット本屋さんで調べて、読みたい本があったらまた今度は図書館のインターネット利用予約で蔵書検索をして予約をかけます。

本屋さんにぶらっと行ってスグ買って・・・とかではなくなったので、それなりにメンドーになった、という見方もありますが、何より“節約”と図書館まで歩いていく(or自転車)“運動”&半強制的なお散歩時間(?)が確保されたというのがなかなか気持ち良い結果となりました。読まなくちゃいけない“返却期限付き”ですから、ちゃんと読破するしね(笑)。もちろん思っていたのと違うような中身で、斜め読みでサーッと・・・という本もありますが、これは自分で買って読んでもたぶん同じこと、って感じですものね。

3ヶ月で37冊を読んで、これらが家に蔵書としてたまらなくてすんだ!と思うと、それはそれでとてもありがたく感じる結果となりました。図書館にない本で読みたいものは購入しましたけれどね。

図書館を利用するようになって、面白いなぁ〜と思うのは、自分がたぶん買ったりはしないジャンルのものでも目に留まったら中身を気軽にのぞくように(借りて読む)なれたことかもしれません。

たいていはベビーカーにひびを乗っけて・・・となるので、彼を連れ回し、眠ったところで図書館に滑り込み、というスタイル。・・・でも、ひびって寝息(いびき?)がかなり大きいので、図書館という静かなところに入るとこれがかなり図書館に来ている人の目を惹きつけちゃう(苦笑;)。しかし、こうでもしなければ迷惑にならないように図書館に入る、なんてムリなのです。おかげでひびが起きている時はせいぜい予約してある本プラス1,2冊、図書館の棚と棚との間を通って目に付いた本をすぐ手に取って借りる、というのが精一杯です。

時間がないので、記憶力のないワタシはなかなか小説は借りれないのですが・・・。だって面白くてのめり込んだら読み終わるまで徹夜とかしちゃうような性格なんですもの;。学生時代はちょくちょくそうなっていました(苦笑;)。今それをやっちゃうと体力的にも破綻しちゃうしね。

さて、今年は何冊くらい読めるかしら。
金額を合計して、そのぶん“(買った)つもり貯金”もできるようになるといいいなぁ〜なんて思っています♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「捨てる!」快適生活〜部屋スッキリの法則〜

book_suterukaitekiseikatu「捨てる!」ということについて書かれている本は結構出ているわけですが、年末年始に図書館で借りた数冊の本の中では、これが1番私にとっては面白かったかなぁ〜。(もちろん、普段いつでもお客さんが呼べるくらい片づいていらっしゃる方にはたぶん読んでもアタリマエの内容多々かもしれませんが(苦笑;))。なかなかモノとサヨナラできないタチのひとには1度読んでいただいても面白い本かと思いますよ♪

「捨てる!」快適生活—部屋スッキリの法則(著:飯田 久恵)

「収納カウンセラー」という肩書きで働いていらっしゃる飯田さん。お歳は我が母と同じくらいでいらっしゃいます。

はじめに
ー要らないモノを思い切って捨てたら、こんなにも「いいこと」がある!

・・・で始まるんですよ、この本(笑)。

・・・たいていは“わかっちゃぁいるけれど・・・”って思っちゃうんですよね。“捨てる技術”をいくら力説されても、そもそも“モノが捨てられない”という持病のあるヒトは、だいたい読み終わると“やっぱりワタシには向いていないような気がする・・・”って思いません?

・・・というか、ワタシがたいていそうでした(笑)。
“捨てるのが辛い!”から根本的にモノに埋もれていっちゃうんですよね、きっと。

でも、理想っていうのはあるんですよね。
自分に向いているかどうかは?として。

それを、飯田さんは「捨てるのは、収納の始まり」と提唱され、「捨てる辛さ」を知るから、「(むやみに)増やすことへのためらい」が生まれる!「もしも、要らないモノを捨てたら、こんなにもメリットがある」ということが書かれた本です♪

よく、“収納”というと、こういう入れ物を買って、こんな風に入れて・・・なんていう特集、よくテレビでも見ますよね。でも、この本には「収納用品」を買っても、「収納スペース」は増えない!?、とよく考えれば気づきそうなごもっともなことが書いてあります。・・・でも私のようなヒトはこういう根本的なことに気づいていなかったりするんですよね。

気づかずにゴミを作っている「廃物利用」とかも耳が痛い;(笑)。なかなか捨てられないモノをナニカに仕立て直そうと・・・それを再利用するために新しい道具などを増やしたのでは本末転倒、っていうハナシだったりします;。

「要るモノ」と「要らないモノ」減量作戦の進め方には、ナルホド!がいっぱいでした。布団・衣類・書籍・いただき物・食器・・・etc.の具体的な「要る」か「要らないか」の見極め方法が書かれています。「いつか時間が出来たら」の「いつか」は永遠にやってこないというのはこちらも耳が痛いですな;。
具体的には
“生活スケジュールの中に「捨てる日」を組み込む”
“会社の利益もUP! 年に2回の「捨てリングの日」”
“3日で効果実感! 1日15分の「捨てる習慣」”
“「範囲を小分けに、間引きする」がラクに捨てるコツ”
ということが書かれているわけですけれど、読むとナルホド!で、“捨てる”ということに隠された経済効果と気分的な余裕が生まれる様がよくわかります。

この中で紹介されている、“3日で効果実感! 1日15分の「捨てる習慣」”を実行始めました。確かに3日だけでもやってみるだけで、明日はこのあたりを片付けて(処分)みようかな、という“捨ててみること”に前向きな気分になってこられるのがちょっと不思議です。そもそも捨てると決めることが得意でないことから始まっているので、“15分ずつ”で済む、というのが気持ちの上でもワタシにとっては楽なのかも?と、この方法が意外に自分に合っていそうなことに気づきました。1日15分ずつ分でも確かにモノは減ってきているような気がします。少〜しずつではありますが、まわりに少しはスッキリ感がでてきたような・・・。

次の章には場所別・モノ別 あなたの家の「必携品」リストの紹介があり、プロが計算した「いくつあれば間に合うの?」という数がはじきだされていたりします。意外と持ち過ぎているらしい“タオルの枚数”とか洗剤やトイレットペーパーの“「安売りの買いだめ」は、結局ソンをする”とかね(笑)。

そんな中にもたとえ使わなくても、これだけは捨てない!なんていう、“捨てる!”コトについて書かれている本なのに、“捨てる!”達人が「これだけは置いておいたほうが・・・」と紹介されているものがあることなんかが面白い。確かに・・・!ウフフッ、なのです。“捨てられないヒト”もこういうことが気休めに紹介されていると、なんだかほっとして読み進められる、というか、“捨てるという方法”とかが素直に受け入れられるような体勢になるような気がするのは私だけでしょうか・・・?(すっかりペースに乗せられている、というか、作戦にはめられている?!)

☆この本で1番面白かったのは、モノを増やさないテクニックとして紹介されている
最強の敵「買いたい衝動」を撃退する!という章。

「我慢できない」本当の理由は、「整理収納のまずさ」にある!、にまずドキッ!

●「買いたいモノ」は、本当に「欲しいモノ」?
●「収納用品」に頼る人の、こんな落とし穴
●「むやみに買う」こと、これでストップ!
●捨てた人の「天国」、捨てない人の「地獄」
●大幅サイズダウンで快適生活をゲット!

“買っちゃうヒト”“モノが捨てられないヒト”の根本的原因・要因が書かれている感じです(笑)。これを読むと“購買欲減退脳内物質”みたいなモノが体内におこる感じです(大笑)。不思議とこの本を読んでから、なんだかモノを見てもそんなに執着しなく・・・というか、買う気が起こらなくなったような気がします。ありがたいことです。

収納は「しまう」ではなく、「出して使うため」にするもの。収納とは、「自分が許せる範囲の整然感・美感の中で、使うモノを最も早く出し入れできること」に尽きる、と紹介されています。

今までの私は、どうもどこかにただ、ギューギュー押し込めるようなカタチになっていたような気がします。数を減らしたとしても、そもそも根本的になにか間違っていたようです。だからすぐそのなんとか空きにしたスペースがいっぱいになっちゃうんだ・・・と気づきました。

まずは、「魔法のプログラム」として、「モノが片づく5つのステップ」で住まいの体質改善ということで、
STEP1:モノを持つ基準を自覚する(_捨てる)
STEP2:不用品を取り除く(_捨てる)
STEP3:置く位置を決める(_整理収納の方法)
STEP4:入れ方を決める(_整理収納の方法)
STEP5:快適収納の維持管理(_継続させる方法)

が書かれています。この中の「収納指数」という考え方で家にあるモノの“適材適所”をチェック!(要は必要なモノを取りたい時の動線が短いほうがイイ!という計算です。)がナルホド!です。

・・・こんな感じの本でした☆
なかなか捨てる気になれない、私と同じような質のヒトには一読はオススメかもしれません(笑)。

・・・しかし、
“5人家族で1LDK状態”生活じゃぁそもそもあまりにも狭いような気が・・・;
キッチン8畳+リビング8畳+和室6畳(寝室スペース&衣類や寝具のうち8割くらい)に洗面所+お風呂場+トイレでだいたい全部。あと、半地下に6畳がありますが・・・チビさん達はなんでも母と一緒じゃないといられないので、結局このスペースは今のところ使い切れていないスペースです。

地下の部屋にはコート類とかがあります。衣類もいちいち2階分を持って移動はできないし、夫婦の寝室にしたくとも、まだチビさん達と2階ほどを隔てた部屋では眠ることもできません。今はまだおしくらまんじゅう状態で寝ています。水周りが近いところでないと、子供のオムツひとつかえて手を洗いに行ったり・・・の生活ですから、水周りから2階も離れたら・・・こちらの身が持ちませぬし。。。

8畳のリビングスペースは私の仕事場兼となっているので、これまたくつろげるようなスペースはナシ;。子供が幼稚園に入ってくれるくらいまではしょうがありません。

1階の本来の仕事場には刃物があったり、抜いて欲しくないコンピューターの線や、1度子供がグチャッとしちゃったら商品にならない紙など多々ですから、小さいコドモは出入り禁止な我が家です。・・・そういえば昔、いっつんがまだまだ小さかった頃、ダンナさんが忙しく仕事しているコンピューターの電源を下でブチッ!と切ってしまって、ダンナさんが青ざめえた経験アリ(笑)。それ以来、小さい子供は本来の仕事場は出入り禁止です。

生活に密着したモノを入れられるスペースは極少の我が家(普段の生活スペースには和室に押し入れ一間分しかありません;)あとは地下の部屋のクローゼットか3階まがいの物置スペース(・・・これが何を考えて作ったんだか、スペースはあれど、超モノの入れにくい作り;)のみ。

まずは第3子が小さいうちはモノを減らす努力と片付けと育児に・・・その後はなんとか稼いで、少なくとももっと広い家をなんとか立てるぞ!!!と決心する2006年年始めの私なのでした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金がたまる人って・・・?

book_okanegatamaruhhito
年末年始、図書館で5冊くらい借りて読んだ本の中の一冊。年末年始は大掃除をしないかわりに掃除にまつわる“捨てる”に関する本を読み、スケジュール帳に書くことで夢をかなえようと、“手帖”ネタの本を読み、家計簿をつけていないので、“お金”に関するこの本を読んだりしていました(笑)。年末年始らしいセレクトでしょ・・・!?

『お金がたまる人たまらない人—なぜあの人はお金がたまるのか』(著:丸田 潔)

マネーライターをしていらっしゃる丸田 潔さん(家計簿をちゃんとつけていらっしゃるような方にはおなじみの方ですね)による本です。

“節約”に関する技の本ではないです(笑)。
根本的にお金を“貯めることのできる人”の体質(?)・傾向を分析して書かれている本で、なかなか面白かったです。

「たまる人」の家は掃除が行き届いている。
・・・っていうのが、1番心に響いたかなぁ〜。。。

年末に読んでいた本って、結局全て内容が共通していたところがかなり興味深かったです。

「モノが多くて散らかり放題」
   ↓
「モノを減らして“片付けましょう”」というのは“捨てる技術”的な本。
   ↓
「モノが減って“シンプルな暮らし”をする」ようになると“シンプルな生活”ができるようになります。
   ↓
「家の中がスッキリ暮せている」というのは“時間の節約”(家事においてだったり、探し物をする時間がなくなる効果だったり)になります。
   ↓
「かたづけ“整理整頓”が行き届いていていると、掃除時間(掃除機をかける時間とか)も減るので、光熱費などの“節約”にもなります」というのは“節約=お金が貯まる”となります。
   ↓
「ムダなコトに使う時間が減ってくるので人生充実☆」
   ↓
「片付けをこなすのも“手帖”に書き入れるくらいの意気込みで」
   ・
   ・
   ・

まずは全ての基本は“掃除(整理整頓)”からだなぁ〜と改めて思った年始です(笑)。産んだら頑張るぞ!・・・なんて、“産んだら”とかイイワケしていないで、ちょっとづつ始めてみることにしました。

同時に借りたもう一冊の片付け・お掃除関連本の中から学んだ「1日“捨てる”ということに15分の時間をかけてみる」というところくらいから♪まずは、“後で”とDMなどを目の前を通り越して横に置かないところから、みたいな(笑)。こちらの本は後ほどまたご紹介しますね☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9ヶ月後半妊婦

さすがに日々の体勢そのものが何をしてもしんどくなってきました;。普通にイスに座っているだけで、たいした時間でなくてもお尻から下がしびれます・・・。血行が悪い上に、お腹あたりに体重が集中しているからでしょうかね。

床にあぐらをかいた体勢をとると、ひびが座ろうとやってくるのですが・・・もはやあぐらをかいたって、私の前に座るスペースはありません;。彼は座っても文字通り“座りが悪い”ので、何度も奥のほう(私の出っ張っているお腹側)に座り直そうとして、お腹をどけようとすらしてギューギュー押してきます。・・・そんなことしたってムリ。

お腹の赤ちゃんが大きく重くなってきたから、太股の付け根とかいう、もうどうやったらスジを伸ばせるのか???なところが一日中しょっちゅうつるようになってきて、さすがに気分がふさいできました;。

そうそう、お腹のあたりが極端に体重増加して、あまりにもどんな椅子に座っていても足がしびれるようになったので、“低反発円座”なるクッションを買いました。これが大当たり☆

実は“円座”なんて、一人目の出産の時に始めて知りました(笑)。そして、それは会陰切開をして出産した妊婦さんとかが切開部位が痛くないように座るためだけのモノ、くらいの認識でした・・・っが、今の時期になると、こんないいもの、なんでもっと早く買って使い始めなかったのか?!と思いましたよ。なんともカタチが・・・;と思っていたのですが、この形がいいんですね。ちゃんと腰をかけてもドーナツ型なことにより体重分散されて、座っていてもかなり疲れにくくなりましたし、お尻あたりの冷えが防げるようになった感じがします。

最初は“冬で寒いから血行が悪くなりお尻の辺りが冷える”と思っていたのですが、どうやらそうではなくて、ずっと座っていると体重がお尻一ヵ所にかかるので、それでお尻が血行が悪くなってきてきっと冷えていたのでは?!という、確証はありませんがそんなことに気づきました。これを使い始めてから、少なくとも腰のだるさとかが確実に減った気がします。冬になって始めて気づいたんです。結構しっかり着込んでいても、腰・お尻の上の辺りって服の中に手を突っ込んでみると思ったより冷たく冷えているものなんですね。家の中だと外に出しているはずの手より冷えていることすらあるかんじがします。

これは出産後も愛用するぞ〜!なんて思ったりしている最近です。
妊婦さんにはオススメですよ。よかったらぜひお試しください。
そして、パソコンの前に座っている時間が長いかもしれないそこのアナタにもオススメですよ♪ただし、なるべくなら“低反発”っていうのがいいように思います。ちなみに私が購入したのはひとつ1200円程度のものでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“昼寝”が重要なのは・・・

・・・母のほうです。。。(苦笑;)

いっつんの幼稚園への送り迎えが始まって、それにともなって、なるべくその外出ついでにひびを連れてお散歩がてら・・・と買い物も済ませて。。。となるべく体も動かさねば!と少しはウロウロするようになったら、昼寝をしないと母である自分のほうの体力がもたなくなってきました。

昨日は、いっつんは定時(午後3時頃)には一緒に幼稚園から帰ってきましたが、それから遊んでいて、夕方3時間ほど、ちょっと遅い変な時間に夕寝しちゃいました。ひびはそのあたりはギンギンに遊んでいて、そのお付き合い。彼にからまれながらちょっとだけ仕事をかたづけ、夕食の支度して、食べ始めたら・・・夕飯食べながら舟こぎだしたので、ひびに「もうねんねする?」と聞いたら、「うん。。。」。「じゃぁ、お布団行ってもうねんねしちゃっていいよ。」と言ったら、「うん。。。おやしゅみぃ〜・・・」と布団に駆け込んでいってバタン。

今度は5分もしないうちに、いっつんが、「いやぁ〜、ちょっと疲れたみたいで、いっぱい寝ちゃったよぉ〜」と目をこすりながら復活してきました。。。

今度は彼と夕食再開。たまたまカレーを作ったので、パパは「もうちょっと仕事を終わらせてから食べてもいい?」(あたため直せば同じ味?というより、そのほうがおいしいよねカレーって(笑))と言うので、「ど〜ぞー
!」ということで、いっつんと二人でご飯を食べていました。パパが一人後で、というのは我が家的には本当はかなり珍しいんですけれどたまたまね。

私は本来、いっつんが冬休み中はこの午後2,3時あたりの時間のお昼と夕方の間にひびと(いっつんは遊んでいる)ちょっと昼寝をすること多々だったのですが、この時間帯が行動時間帯になってしまったので、ちょっと眠い時間にいっつんを迎えに行く、となっています。(朝はちょっと早起きに戻ったしね;)

おかげで夕飯を食べて食休みに少しテレビを見ていたら、お風呂もあたたかくしていたのに、もう入る体力がすっかりなくなって、眠くて眠くて・・・。そのかわりいっつんは元気に;。

結局着替えてお布団へゴロン、とした記憶が・・・ってくらいで爆睡した昨晩。 

いっつんはその後パパとどうしたのかしらん・・・???くらいぜーんぜん記憶ナシ。

最近は子供達が寝静まってから、我がお昼寝の効力を使って仕事だのちょこっと趣味だのに2時間くらいは使えたのですが・・・やっぱりお昼寝がないと3度目妊婦は体力が持ちません(苦笑;)。

たいしたことしていない家事と育児で、仕事まで体力がまわらない・・・

さて、また生活改善策を考えなくっちゃ;

でも、おかげでそれなりにお腹のヒトにボコボコされようが眠れたらしく(我が身が勝った!?)朝7時前にはいいっつんを遅刻させたか!?と飛び起きれました☆
・・・どっちがいいんだろう?!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いっつんのなぞなぞ

先日来、いっつんが
「ねぇ、ママ、ダイトイヤーって好き?」と聞くので、「それなぁに?」と何度も聞いていた私。
「バズ・ライトイヤー?」と聞いても「違うよぉ〜・・・」と言われ、
「バズ・ライトイヤーのことでしょぅ???」と聞いても「違うったらぁ〜!!!」と。

いっつんに
「いっつんは好きなの?」と聞くと、「わからないなぁ。」
ワタシ:・・・???
いっつん:「でも、ママは好きだと思うよ」と。

ワタシ:「じゃぁさぁ〜、その“ダイトイヤー”ってどこかで売っているわけ?」
と聞くと、
いっつん:「うん!イトーヨーカドーで売っているよ。」
ワタシ:・・・???

ワタシ:「じゃぁさぁ〜、その“ダイトイヤー”ってママ買ったことある?」
と聞くと、
いっつん:「う〜ん・・・たぶん買ったことナイ。」
ワタシ:・・・???

イトーヨーカドーで売っているもので、私が好きそうなもので、買いそうなもので?!でも買ったことはナイ、と。。。

すごい難しいなぞなぞ;。

数日間、すっごーい気になって、とある日、ようやくイトーヨーカドーに行ける機会を見つけたので、いっつんと家族と行きましたよ。
そして、まず、いっつんに「ねぇ、“ダイトイヤー”売っているところに連れていってよ」と行ったら、「うんっ!!!」とまずはパパを意気揚々と連れて走っていったいっつん。

少し遅れてついて行ってみると・・・薬局からパパが笑いながらおいでおいでをしています。

【答え】
“ダイトイヤー”=“ダイエット・ウィダー”でした☆(笑)

どうやら、いっつんはよく木村拓哉さんとMEGUMIさんがテレビCMしている“ダイエット・ウィダー”を見ていて、きっとママもこれが欲しいに違いない!と思っていたようです。

CM思い出したらおかしくてオカシクテ;

買って飲んだことないんですけれど、MEGUMIさんのCMでの・・・を思い出したら、確かにママ喜びそうだね、これで今細くなったら(笑)。
・・・でも、来月まではこんなの飲んで細くなっている場合じゃぁないのよ、いっつん。
ママ、赤ちゃん産んだら頑張って細くなるからねぇー♪

・・・きっとコレは買わないと思うけれど;(笑)

   ***

最近のいっつんはよく荷物を持ってくれます。
母が彼なりに大変なのはわかるらしく、やさしい子だなぁ〜と親バカモード全開で思うわけですが、そんな荷物を持って階段とかを上る時は「よっこりしょ!よっこりしょ!」だそうで・・・(笑)。

「よっこ“り”しょ」じゃなくて「よっこ“ら”しょ」のような気がするけど?と彼に言っても、すぐまた「よっこ“り”しょ」となってしまいます(笑)。

そんな彼の日本語はしょっちゅう難しくて解読が大変です。
こんな彼も4歳2ヶ月。
5歳になるころにはもっといっちょまえにしゃべっちゃうんだろうなぁ〜・・・ちょっと淋しい気もするけれど、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いっつんいよいよ3学期始動☆

昨晩はいっつんの幼稚園グッズの確認・確認・・・・・・
名前の取れちゃったものは書き直したり、貼り直したり・・・

夜はたまったいっつんの幼稚園で使う袋類やらお弁当袋やらスモックやらに次々にアイロンかけ。

昨晩は、“明日は遅刻させないようにしなくちゃ!”とすっかり生活時間の狂っている母のほうが気合が入り過ぎたのか、ちっとも眠れませんでした;。なにせ、“定刻出勤”とかいうスタイルのヒトがいない我が家なので、母が起きそびれると、たいていは家族みんな揃って遅刻確定☆となりかねない我が家ですから・・・。もちろんパパが仕事で・・・の時はパパがたいていはちゃんと起きますが、それ以外の時は・・・のハナシね;。

ちなみにパパが朝から仕事の時間を気にして早朝に起床しなければ!なんていうのはせいぜい年間10日くらいかも?!です(笑)。それ以外でパパが早朝に用のある時(原稿の締め切りとか)などはたいてい“徹夜”なので、起床時間は関係ないのです(大笑)。←もちろんこの夜仮眠してから“徹夜”状態、は年間かなりの日数なので、ますます朝は・・・アハハッ;
おかげで家族の時間はたいていワタシ(=母)次第、というワケなのです。。。

さて、話は戻って夜中、何度かいっつんもひびもお互いが寝相が悪くてぶつかり合ってギャーギャーと泣いてくれたので、朝5時頃にはこちらもトイレに行こうか、くらいの気持ちになって布団から1度出ました。・・・しかしよく時計を見るとまだ“5時”。さすがに寒いし、もう一度布団に入ったものの、今度はオナカのヒトが元気よ過ぎて目が覚めて・・・;。

結局、それからは目が覚めて起きたかったものの、最近は体を横にしている時間が少ないと、日中体調不良を起こすこと(特に病的なことはおこらないのですが)が多々なので、小さな電気をつけて本を読んでいました。

いよいよ目覚ましをかけてあった7時になり、音にて起床☆
最近こんな時間はすっかりメデタク寝ていたので、「・・・世の中、1月のこの時間ってこんなにまだ暗かったっけ?!」と隣室の暖房類を次々につけつつ、まずはまたトイレへ。・・・でも、ここのところより暖房をつけた時の元の室温表示がなんだか高い気がするなぁ〜・・・と思った今朝。

戻り際、洗面所でコンタクトをつけて、いざカーテンを開けると・・・!!!

外はうっすら雪化粧をしているではないですか!?!

雪の降る時って、逆に少し暖い気がする日が多いように私は思うのですが、今朝はまさにそうだった・・・。今年は近畿や九州のほうでも早々に雪が降りましたが、まだ我が家の場所で自分の目では雪を目撃していなかったんですよね。それが・・・よりによって新年初で目にするうっすら雪化粧景色がいっつんを幼稚園に送っていく初朝だとは・・・

送っていく時間にはもう少しでも妊婦にやさしい気温と足元になっていますように。。。

・・・どうりでなんだか朝まだ薄暗く感じたワケですね;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せなニンプstyleじゃない・・・;

ダンナさんが食卓に座って仕事中をしていたワタシに、「ちょっとこっち向いてみて〜♪」と近くに転がっていたカメラを向けてくれました。

テヘヘッ☆とちょっとカワイイ顔をしてみたつもりでしたが・・・

・・・!?☆※

hikigaeru
(C) JUSTSYSTEM Corporation
:ヒキガエル

まったく、こんなかんじで・・・
しばし絶句・・・・・・

写っていた画像はワタシが想像していたものと次元が違っていました;
今のワタシったらこんななの・・・!?!

明日からまた始まるいっつんの幼稚園への送迎がすっかり億劫な気分になってきたのは言うまでもありません;

体重管理はまずまずな妊婦なはずだと思っていたんだけれどなぁ〜・・・複雑;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

合宿所の女将?!

いっつんの幼稚園がやーーーっと明日から始まります。
送り迎えが大変ではありますが、彼のストレスを考えるとかなりホッとしています。なにせ、この寒空では長い時間自分が付き合って外に出してあげる(遊ばせてあげる)ことができなかったので。

9ヶ月妊婦でますますお腹がビミョーに大きくなっていくワタシには、この年末年始中子供達の床に散らかすオモチャが地雷のようで、毎日、「次、ソレで遊ぶんだったらこっちを片付けるぅ〜!!!」なんて怒鳴っていましたら・・・とっても疲れますた;

以前『家の中の“関所”』として、各所にあるベビーゲートの存在を書いたような気がしますが、今季は『オモチャが“地雷”』だったような気がします。。。

スキップフロアーの我が家は、各部屋&階段を通らないと隣の部屋に行けないんですよね〜。おかげでお腹の大きなニンプには、掃除機かけが今や1番大変な家事となっています。

毎日「もし、今日入院してはいけない!」と思い、そこそこ家事をやりきって過す生活になったせいか、ホント、1日家事と育児をしたらとっぷり日が暮れる毎日になってしまいました。

寒いので外出も最低限しかしない私に、いっつんとひびはパワーがありあまっているので、ちょっとでも外に出るならついていこう!という体勢で、まるで門番のように私を日中ずっと見張っています。まるでロールプレイングゲームの勇者とそれについてくるお付のヒト?!のようです。

トイレに行くにも「どこ行くの?」「今、どこ行ってきたの?」、洗濯物を洗面所でしていても「今、どこ行ってたの?」「それ持ってどこ行くの?」「それどうするの?」・・・

おなかがかなり出っ張ってきたので、自分でも気づかないうちにしょっちゅうおなかの1番出っ張っているおへそあたりの服の部分が汚れてしまいます・・・(困;)家の中でも普段は横になれば我が身は縦幅より細いはず!と思っているのに、横になって通ろうと思うと、すでに縦より体の厚みのほうが増しているらしく、お腹がひっかかって、なんだかいろいろなモノを落とします・・・;

先日、我が父と会ったので、「ねぇ、どっちのほうが細いかねぇ〜?」と最近のこの悩みを話ますると、ワタシをまじまじと見た後、「もう判断の限界を越えているかんじで・・・ワカラン」と言われました(苦笑)。
・・・自分でもうまく見えないんですけれど;

年明けからの毎日、洗濯と3食作って、プラス掃除で1日がすぐ終わっちゃう日々は、まるで合宿所の女将にでもなった気分です。・・・ですが、来月には我が家は私以外はオトコ4人(パパ+息子3人)になる予定なわけで・・・あと20年近くはますます“女将”な日々が続くことになるんでしょうなぁ〜。。。

それにしても・・・こんな毎日のおかげで自分の体力も落ちているし体調を1番に考慮して・・・なんて思っていたら、ぜんぜん仕事に配分できる時間がまわってきません・・・(大悩;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなの作ってヘコタレました;

2006haburasi_ire

コレ、ナニカ?と言うと・・・
子供達の歯ブラシ+歯磨き粉入れです。

昨年末からいっつんとお約束していたのですが・・・とうとう新学期が見えてきてお尻に火がつきました。。。そして、ようやく完成しました。

製作時間は4つ、考えて布を裁断するところから始まって2時間半。
平日の夕方の教育テレビが始まったところに息子達をクギヅケにし、一気に仕上げました。・・・ちょっと時間オーバーしたけれど(笑)。2時間で作って、あと30分で一生懸命ヒモ通ししていたかんじです。

材料は100円ショップで売られていた手ぬぐい半分を使い、作り、これまた100円ショップで入手してあったヒモ半分(トータル1mくらい)を使いました、ノデ、糸や機材以外で考えた材料費は4つ分で100円程度!?

・・・しかし、なかなか小さい袋だけに、労力はかなり使い・・・
すっかりヘタレました;

【こだわり】
☆濡れた歯ブラシとかを入れるので、ほうっておいたら乾燥しやすい?!と日本手ぬぐいを選んで作ってみました。なんだか柄がかわいかったから(笑)。・・・でも子供に持たせるとすぐにシワシワになりまする。。。(プチ困;)

☆よく言えば、妙に“ジャパニーズスタイル”です♪いかにもお正月制作ってかんじ(笑)。

☆円い柄の中に子供の名前を配置しました。←ちょっとカルタ風になったかんじ(笑)。
 写真はひびのです。いっつんのだけ作るともめるので、数年後用に一気に制作!?。

☆二度とこんなメンドーな小さいもの作るのはゴメンだ!と4人分作り(生地の寸法から、手ぬぐいの半分でちょうど4人分できちゃうんです)ました。これで当分こんな小さな袋作らなくてすみそうです。

・・・完全コドモサイズなので、オトナの歯ブラシはサイズオーバーです。

【感想】
なかなか面白いものができたと思うのですが・・・ミシンを使って作りましたが手縫いで十分な、ミシンでは小さくてかなり縫いづらいサイズでした(苦笑;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名付け

来月上旬に生まれるであろう、3人目の名前の候補は夫婦間ではほぼ決まりました♪

昨日の妊婦健診、年末年始をはさんだせいか病院の待合室は予約制なのに座るところがないほどに混みあっていました。

年末年始をはさんだので3週間ぶりに行ってきた妊婦健診ですが、ナント!待合室にいる患者さんの名前、私と下の名前が同じ人(“読み”が)が5人もいて、さすがにビックリさせられました。

確かに、私の名前は親はとてもとても考えて、かわいらしいから☆とつけてくれた名前なのですが、ベビーブームに生まれた私の年代の中ではかなり多い名前であることは確かです。

育ってきた中でも、多い名前だなぁ〜とは思っていましたが、母の年代になり、産婦人科という、女性しかかからない病院の待合室には同じくらいの年代の女性が集まる→同じ読みの名前の人はますますかなり多い確率で集まってしまう!という結果になるようで・・・(苦笑;)。

結婚する前までは苗字がかなり変わっていた私ですが、結婚したら、かなりメジャーな苗字になりました。その上、かなりメジャーな苗字とかなりポピュラーな名前が合体してしまった私の名前は、病院などでは注意して耳を傾けていないと、一瞬聞き間違いそうな名前多々、となる結果になりました(笑)。

ちなみに、昨年末、義妹が結婚して、彼女は私がメジャーな苗字になったのとは逆に、たぶんかなり珍しいと思われる苗字に変わりました。

名付けって・・・難しいですね(笑)。
我が家の息子達には苗字がメジャーな分、名前は少し珍しいめの個性的な・・・と自然と選んでいる、考えるような傾向になったような気のする私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠33週@3度目ニンプ

朝から健診に行ってきました。今3人目のチビちゃんは2キロをわずかに欠けるくらいの体重になったところです。

・・・しかし、せっかく今まで体重を厳しく(?!)管理してきたのに、どうやらお正月太りをしてしまったことに遅まきながら気づいた母デス;

ここのところあまりにも寒く、スーパーに買い物に出るのすらなかなか厳しくなってきたので、すっかり子供達と冬ごもり状態で年末年始を過し、数少ない出かける機会ではあちらこちらでちょこちょこご馳走になったら・・・こんなコトに。。。(苦笑;)自業自得です;

38週で予定帝王切開手術の予約、と本日なりました。

ナント、予定通りに行けば、自分の誕生日が退院予定日です(笑)。
退院してきたら盛大に祝ってもらおう!(違?!)

そういえばヤワラちゃんこと田村亮子さんも2月1日が出産予定日だったそうですが、大晦日にご出産なさったんですよね。もちろん元気なお子さんだったようですが、我が家の場合は、パパの仕事の予定&段取り、上2人の子供のhelpのための助っ人さん(今回も私の母と母方の祖母が強い助っ人です)の予定を組んでもらうことを考えると、決して陣痛とか破水で私がひとりフライングしないようにしないと・・・!!!デス。

3人目出産、何が大変かって、こんな私でも、入院で家を全くあけることになる9日間をどうするか、ですね。これは1人目は自分だけがひとり入院(その他のヒトはみな私のフォローだけ)だけですんだんですから、今から思えば楽だったもんですね。

この家を開ける期間に、誰かが風邪をひいたら・・・?!とか考えただけで全てがくるってきちゃう感じです。恐るべし!

私の場合は予定帝王切開だからなんとかなるようなものの、普通は陣痛がきたら・・・という期日指定ナシなのですから、いざ周りのフォロー隊みんなの予定を合わせるのはもっと大変なのでしょうね。

日本ではビジネスマンのお父さんが出産予定日前後2ヶ月、いつでも休めるスタンバイ状態?!なんていうのもありえないでしょうしね。みなさんどうのりきられているのかしら?なんて思ってしまいます。昨年やっぱり我が家と同じように2歳違いで3人目を産んだ幼稚園のママ友は、寸前には「もー知らない!産んだもん勝ち!?ってかんじ。」って言ってましたっけ(笑)。ちなみにダンナさんは普通のビジネスマンでいらっしゃるようでした。でも、実際3人目以降の段取りはホントそんなかんじなんだと思います。

そういう意味で3人目以降を産むのは、“産む”というイベントだけでかなり大変ですね。

私の体調はと言えば、3人目妊娠中妊婦の今回が1番良好デス(笑)。
子供達に毎日こきつかわれているから、すっかり鍛えられた成果でしょうか・・・?

今日も車で30分の道のり、自分で運転して病院行ってきました。さすがにこの週数の時はいっつんの時もひびの時も誰かに車で連れていってもらっていた記憶がありますが・・・やればできるもんです(笑)。我ながらすごいなぁ〜と思うのはいまだお腹の“張り止め”のお薬を飲んでいない(処方されていない)こと!いっつんの時もこの時期には処方されて飲んでいたし、ひびの時(ひびと今回の子はお誕生日が近い予定)には夏ごろから早くも張り止めを処方頂いて飲んでいました。それを飲んでいなかったら、動くとすぐお腹が張って、足が前に出なくなって、つらくて散歩程度歩くのもかなり大変だったんです。そんなだったから車を運転、なんてこの時期増してしなかったんですよね。・・・それが、今回は妊娠貧血から処方された鉄剤とビタミン剤しか飲んでいません!これらの薬は上二人の時も飲んでいましたから、かわりなく。

3度目ともなると、自分の体調にも詳しくなるものですね(笑)。

昨日も仕事で車を片道2時弱づつ運転しました。さすがに都内の年始超渋滞の中を4時間近く走ったので、帰ってきた時の疲れはかなりですっかりグッタリしてしまいましたが、我ながら、「母は鍛えられて自然と強くなるもんだなぁ〜」と感心しています。

まだまだ3人目が生まれる来月上旬までやりたいことは山ほどあるのですが・・・出きる範囲でムリにはならないようにやることをちょっとづつ片付けて行こうと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっ!?我が家だけまだ2005年だった;

新年明けて5日目。夜ちょっと用事があって母と電話しました。

母:「あなた、もう気づいている?」
ワタシ:「なにが〜?」
母:「あなたのウチの、“2005”になっていたわね」
ワタシ:「・・・ナニが〜・・・???」

新年明けて5日目の夜まで知りませんでした。。。
我が家の“年賀状”のプリントされた年号・・・
“2005年”って印刷されてるし・・・;

恐るべし!“上書き保存”;(←そのせいではなかろう?!)
夫婦でちゃんと内容チェックしたはずだったんですけれどね;2005年に作っていたからか(?!)おかしいコトにぜーんぜん気づかなかったみたいで、4つの目玉の前を簡単にスルーしてしまいました;。

我が家の検査体制って・・・
年始からやっちゃいました;

2006年、目を大きく開けて注意しましょう☆
こんな我が家ですが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ2006年本格始動☆

昨年いっつんが幼稚園冬休みに入って・・・年末年始からすっかり夜型に傾向にみんなでひっぱられてしまいました;面白いドラマが夜やっていたり、ついついそれを見ちゃったりして親が朝遅めに起きれば子供もつられてだんだん・・・構造でしたわ;。

さて、本日からは2006年、本格的に生活始動☆と行きましょー!
ちなみに微々たる量ではありましたが、私は昨日から仕事分野は始めていたかんじです。・・・でも、いっつんの幼稚園は10日からなので・・・もう少し、いや、その後はもっと?!家事・育児中心になってしまいそうな今年です。

まずは朝、なんとか“平常通りの時間にはワタシが起きる☆”というところからスタートしてみた今日です(笑)。でも外のお天気はイマイチでなんだか「ヤルゾーッ!!!」てかんじにイマイチなれないのが辛い;。←イイワケ?!

明日は3週間ぶりの妊婦健診予定。
来月の今ごろには家族増えてるかも?!くらいの予定になってきて、そちらもいよいよカウントダウンです。・・・いいかげん入院準備もしておかないとナニカあったら周りのヒトに迷惑かけるなぁ〜とは思っていますが;。(←9ヶ月入っているのにまだしていないんかい!)

その後は・・・
この春からもまだ幼稚園未就児のひびに新生児のコドモ&幼稚園に通ういっつん。。。ますますいつ仕事する、いや、なるんだろう・・・???
いまさら・・・ではございますが、今年が人生でひょっとしたら1番体力的に忙しい年になるような気がします。
・・・っていうのも、毎年年初に書いているような気がしますが・・・毎年毎年前年以上になんとかやればこなせるもんですね(笑)。まずはなにはともあれ、まずは「“体を壊さない程度に!”ガンバロウ」な年初です。今年はなんでも“ほどほどに”を目指します(笑)。

ちなみに、今年のダンナさんは、3日頃からもう“深夜仕事”にシフトしています。・・・子供達がウルサすぎて、日中はぜんぜん集中したい仕事ができないため;。年始からこの状態なので、体を壊さないようにしてもらわないと・・・。今日くらいは私が仕事を兼ねて日中子供連れて家出するかなぁ〜。。。自宅自営業の悩みはすでに今年も年始から勃発しております;。

今年もがんばるどー☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「趣味はほどほど」65%

1月3日の朝日新聞に“趣味”に関する朝日新聞本社の定期国民意識調査の結果記事が載っていました。

「趣味はほどほど」65%
その中でも興味深かったのは、

趣味に使うお金は、月平均で
 「5千円まで」:31%
 「1万円まで」:23%
この二つを合わせて1万円以内に抑えている人が過半数を占めた。多額になるほど割合は減り、
 「2万円まで」:15%
 「3万円まで」:11%
 「5万円まで」:7%
 「10万円まで」:2%
 「10万円以上」:1%

女性より男性のほうが使うお金は多い傾向にあり、主婦は「5千円まで」が39%を占めた。

年代別では20代が多めで「3万円まで」(2万円超)から「10万円超」までを合わせた割合が34%と、全体の21%を大きく上回る。この割合は30代で22%、40代で17%と急激に低下。

独り身で自由になるお金が比較的多い20代と、切り詰める中堅層という姿が浮かび上る。

・・・さて、ワタシの場合は・・・?

たぶん(家計簿とか厳密につけていないので感覚的な数字?!)私も月多くても1万円以内だと思います。趣味にかかっている支出って厳密には?だけれど、だいたい思いつくのは“ネットの通信料”(←月固定料金“光”でほぼ仕事に使っているから、厳密に趣味分はいくらかわからないけれど;)とたまに買う“書籍代”、ソーイングをしたい!と思って少々ため込み気味な“生地代”くらいかな。

“ギャンブル”系は全くと言っていいほどやらないでしょー、“映画”?以前見に行ったのはいつだか思い出せないくらい。ドライブはかなり趣味だけれど、最近、子供二人を乗せて・・・というには限界があって、そんなに遠出はしないなぁ〜。チャイルドシートに長時間は辛過ぎるもんね;。“ショッピング”は趣味ではする時間がないでしょー;。“テレビゲーム”(ソフトとか)は買ってもやる時間がナイみたい;。“音楽”もそんなに聞かないかも。もちろん興味があるCD等をたま〜に購入することがあるけれど・・・その程度。年がら年中子供たちが「ワーワー!キャーキャー!」言っているので、もっぱら一人の時は静か〜な環境にいるのが好きな最近。友達と“電話”?・・・最近そういう友達、私ったらいないんじゃないか?!と思うくらい電話なんかした記憶すらナイ。だって友達は独身で仕事に忙しいか、そうでなければベビーラッシュ?!で電話なんかみんな縁遠いので、もっぱらメールだものね。便利な世の中になってくれてありがたいです。

こう書いてみると、私の最近の趣味ってなんだい?!なんて思えてくる。なんだか淋しいヒト?ワタシ!?とか。
とかくそんなに趣味のできる環境じゃないらしい・・・ってコトも確か。なにせコドモ小さくて多いものね。今がお金はそんなにかからなくとも“手”と“時間”は1番かかる!と私は思っています。でも、今“手”と“時間”をかけてあげなかったらいつかけるの?と巷のニュースを見ていて思う(もう少し子供が大きくなった頃今の“時間手抜き”で心にゆがみが出ちゃったりしたら絶対にイヤなんですもの)んですよね。

そんな中でも、今「コレだけは趣味!」と言えるとすれば・・・ナンダ?

“ブログに記録”_子供達を観察してオカシナことを見つけて書くとか、新聞で読んだ記事の中からおもうことを書いてみるとか、読書感想文とかを“書く”ということ。

“読書”_もっぱら図書館で借りてくるので最近はたまーにしか本は買わない気がする(ワタシの今までからの基準量としてはね)。子供達に添い寝を強要されるので、その傍らで読む、とか、自分が動いているとお腹が張ってきて横になる・・・そしてその時に読む、とか。

“ソーイング”_したいけれど、ひびが周りをウロウロして危ないのでなかなかできない。もっぱら図書館で気になるパターン本を借りてきて、ほ〜ぅっ!とさもソーイングした気になっている(笑)。後で作りたいもののところだけコピー、とか。実際には自分が妊婦なせいで夜更かしして楽しむこともできないしね・・・だってひたすら眠いんだもの;。でもいっつんに「作ってよー」と頼まれているものは多々なので・・・う〜む。。。

・・・でも、趣味としては今年は何か一つでいいから勉強して、できれば資格とか年末くらいには取ってみたいなぁ〜とは思っているんです。もちろん難しいもの、ではなくて、趣味程度から始められるレベルの目標設定。

・・・でも、年始から気合を入れてココには書かない(苦笑;)。
現実には3男にこき使われ過ぎてなーんにもできないかもしれないから(笑)。こればっかりは彼が生まれてみないとわからない(笑)。

来年はピアノを弾くことを復活させたいなぁ〜。
・・・って、年始から来年の目標(?)をココに考えて書いている人も珍しい気がしますね。

今年の目標?
まずは元気な赤ちゃんを、元気に出産することで手一杯デス☆

なにせココ数年のワタシの一大イベントったら・・・
2000年末“企業デザイナーを退職”
→2001年“引越”→“妊娠”→“出産”
→2002年“引越”
→2003年“妊娠”
→2004年“出産”
→2005年“妊娠”
→2006年“出産”

・・・ココ5年くらい“引越”したか“妊娠”したか“出産”したかしかナイ!?これも“趣味”?!そんな・・・;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就学援助4年で4割増 給食費など東京・大阪4人に1人

新年早々、大きな事件がないのはありがたいけれど・・・

コレが本日、朝日新聞朝刊の1面トップ記事って・・・(涙;)

:参考:
「就学援助4年で4割増 給食費など東京・大阪4人に1人」by朝日新聞2006年1月3日

 公立の小中学校で文房具代や給食費、修学旅行費などの援助を受ける児童・生徒の数が04年度までの4年間に4割近くも増え、受給率が4割を超える自治体もあることが朝日新聞の調べで分かった。東京や大阪では4人に1人、全国平均でも1割強に上る。

“4人に1人”!?

 卒業文集を制作するため、クラスの児童に「将来の夢」を作文させようとしたが、3分の1の子が何も書けなかった。「自分が成長してどんな大人になりたいのか、イメージできない」のだという。

“自分が成長してどんな大人になりたいのか、イメージできない”なんていう子供の置かれた環境って・・・

我が子だけは・・・
我が家は自営業。そして3人の子供達。

子供達には夢を持てるような環境を作り、なんとか彼らがやりたい!と言ったことには存分に協力して好きな道を進めるようにしてあげたい。

これが2006年の新年の抱負となるような。。。

親である私達が事業で足を踏み外すことのないよう、このまだまだ不況の中頑張っていこう!と決心する年始めです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年からヤカマシイ;

本来ならお散歩を兼ねて子供達を外に連れ出したい気持ちでいっぱいのワタシ。・・・だけれど、こう寒く、風も強く・・・となると自分の体調からひるんでしまって;。なにせ、トイレも近い9ヶ月ニンプだしね。

お腹にはまた再び、テカリすら出てきましたよ←3度目だもんね(笑)。
洋服着てたって胎動が激しい時は上から動きがわかるほど。お風呂に入った時には、今魚でも跳ねたか?!くらいのバシャンッ!って音が立つことも!・・・と言うのは言い過ぎかもしれないけれど、それくらい波立ってスゴイこと多々。

気分は「おなかで龍飼育中!」ってかんじ☆

いっつんとひびは狭い部屋の中で簡単なラジコンで大騒ぎ。でも、ひびがすぐラジコンの車を持ち上げたり、あげくの果ては投げたりするので、すぐ被害に遭うかわいそうなラジコン;。だいたい、2歳直前男児に遊ばせる強度にはできていない。アタリマエです;。

一日中、やれ、「電池が出てきちゃった;」「前のタイヤの部品が外れた;」「外側が取れちゃった;」と言いながら、1度直しても5分もしないうちに持ってくるので父も母もお疲れ;。

その上、いっつんはやめときゃいいのに、「ワーワー」言いながらラジコンの車でひびを追い掛け、そして、ひびはそのラジコンから「キャーキャー」言いながら逃げたり、走って競争する・・・;。そしてワタシの横をこんな感じで二人してグルグル回って・・・。いっつんもひびにラジコンを取られると泣いて抗議するクセに、やたらとラジコンでひびに絡む;。自分はあぐらかいて床に座っちゃってさっ。ひびはまるでオモチャに絡む犬状態;。

そうでもなけりゃ、音のなる楽器を持ち、もっぱらカラオケのように、その楽器とマイクを持って家の中で移動カラオケ状態のいっつん;。

う〜む・・・なんだか何をしていてもヤカマシイ;。なにせ超がつくほど狭い我が家;。

彼らの体力はこの連休で当然ありあまっている。
私もスーパーにだって行かない。ムダな出費(しちゃいそうな誘惑広告はわんさと年始から入ってくる)と「ねぇ〜買ってよぉ〜」攻撃をかわすのも大変だし、風邪をもらってきちゃったりしたらもっと嫌だし・・・で行かないし。

朝から3食作って家事をし、ちょっとテレビに興じれば私の1日なんてあっという間に日が落ちて・・・(苦笑;)

お正月、腰も重いがそれよりもっと腹は重い。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年末年始の傾向分析?!

去年の大みそかの(“去年”と書くと、だいぶん昔のような気がしますが・・・たった数日前デスね。)NHKの紅白は今年は当日まで曲順を発表しませんでしたね。番組を見ていて、ちょっと例年と変わったなぁ〜と思ったのが、1番に“他局の番組のそれとわかるキャラクター”や“商品名のようなもの”がバンバン出てきたような気がしたことでした。番組のテーマから懐メロが多く、確かに若い人から御年寄りまで私個人としてはそれなりに楽しめたのでは?と思ったり。

そして、民放では年末年始はヒットしたドラマの一挙再放送!という趣旨の番組が多いような気がします。

今も、電車男(テレビドラマ版)_キャスト駅伝付き!?が我が家ではついています(笑)。

そもそもお正月らしい(?)、着物、袴姿の芸能人のヒトが出てくる、お正月生特番番組をそんなに楽しめない私には、今回のこの傾向は逆にありがたいコト(←例年より見ようかな?と思える番組が多い気がする)だったりする気がします。

ドラマや特別番組の再放送。
きっと製作費は、お正月という特別休暇に芸能人を借り出して制作するより製作費もかからないし安上がりと思います。でも、年末年始の、人によってはそれなりに時間のとれる休暇中だからこそ、一挙にその年、もしくは前年高視聴率だった番組の再放送をしてくれることは、忙しくて見そびれた身にとってはありがたく楽しめるものと思います。個人的には“ダイジェスト”に編集されるより、“そのままの再放送”のほうが絶対に面白い!と思うワタシ。

・・・それとは逆に、あまりにも元旦から開くお店の多さに、これだけ(店員さんの人数とか考えると)の人が普通のお正月を過せないのか(もちろんどうせ暇だからバイトでもしたい!と思う人も多数だとは思いますが)と思うと恐縮でもあります;。

・・・しかし、こんなに早くからスーパーなどは開くのに、我が地域の燃やせないごみの回収は、年始は“9日”が初回収日ですヨ。。。もちろん、燃やせるゴミの収集日はもう少し早いのですが、最近家族が増えてくると、スーパーの買い出しより、溜まっていくゴミ(食品のビニールパックの剥がしたの、とか、ヨーグルトのフタとか・・・)が出せないことが1番気になります。。。(悩;)たいしたことないゴミでも、家族の人数が多いと、なんだかとんでもない勢いでゴミが溜まって行くような気がします。

・・・恐ろしくておちおち買い物もできません(笑)。
もちろん、これでももっぱら“マイバッグ持参”主義なワタシですけれどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます☆

元旦、私は少し遠目の義理両親宅を訪ねるのは体調(9ヶ月ニンプのため)からご遠慮させていただいて、私の父方の祖母のお誕生日バーティーに家族で行きました。

この祖母のお誕生日はナント“元旦”!

もっとも、彼女、今年で85歳になったのですが、彼女が生まれたころは子供は実年齢と数えで年をとっていく勘定だったため、この頃みな年末に生まれた子供の出生届(特に女の子)は年始になってから親が出生届を出したそうで、彼女は「ホントはきっと元旦生まれじゃなかったんでしょうけれどね、本当の誕生日はメデタク忘れちゃったのよ、だいぶん昔に;」とのこと(笑)。

85歳といっても、見た目はかなり元気です☆
「今年の抱負は?」って聞いたら、「まだツアーなら一人旅でも参加できそうだから、また参加したいわぁ〜(残念ながら祖父は十数年前にすでに他界しています)」と言うくらい。・・・もちろん周りがこんな風に参加させてあげるとは思えませんが、本人はそういうくらい、また傍から知らないひとがみたら、まだできるでしょう!と思えるくらい元気なのです♪

今年のお誕生会には(もちろん新年のご挨拶会も兼ねているわけですが)久しぶりに出席しました。従姉妹達もみんながお嫁に行ってからはなかなかこの“元旦”という日には集まれなかったわけですが、久しぶりにみなと合う機会を、各家族ががんばって都合して作れました。

祖母も今や曾孫が何人もいる、曾おばあちゃんになったわけですが・・・そういえば参加した中では我が家だけが子供が2人兄弟でした。たまたま同じ年頃の子供が集まったわけですが、どういうわけかやっぱり兄弟だと勢力が強いのか?!すっかりまわりのはとこ達を圧倒!確かに男の子なので、お座敷でウロウロ元気なわけですが、幼稚園などで見ていると特に“男の子らしい”と思うくらいとても活発でじっとしていない、と思うほどでもない我が息子達ですが、二人兄弟だと遊びなれているのか、まわりの子に一緒に遊ぼう!と近寄っていくのですが、その子達のほうがすっかりたじろいでしまって・・・会の最後には別に本人達はいたずらしているつもりでないのですが、すっかりはとこを泣かせてしまいました・・・;いやぁ〜恐縮でした;

・・・これが今年は3人オトコ兄弟になるわけです・・・
どうなることやら・・・

夕方からは今度は母方の親戚の集まりに行き、いつもお世話になっている祖母と久しぶりに逢う従兄弟・伯母伯父らと、もっぱら我親に保育をしてもらって麻雀に勤しんできました(笑)。

1日朝からフル活動で、すっかりお疲れ;

1日でここのところの5日分くらいの体力消耗した感じです。・・・でも、ぜんぜんお正月料理も準備せず、お言葉に甘えてあちこちで食べさせていただいたので、すっかり食べ過ぎた感じです(苦笑;)。お正月明けの妊婦健診の体重増加等々が恐怖!?

お腹の中のヒトもたぶんもう2キロを超えてきたと思います。お腹の中に龍を飼っているかんじです。もう少しお天気がよくなったら初詣には(地元近所に、ですが)行きたいなぁ〜と思っているんですけれどね。いよいよ出産までカウントダウン状態になってきたので、無理はせず、年明けからは今までにましてゆったりめに行動するつもりです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »