« お金がたまる人って・・・? | トップページ | 読書マラソンで節約も »

「捨てる!」快適生活〜部屋スッキリの法則〜

book_suterukaitekiseikatu「捨てる!」ということについて書かれている本は結構出ているわけですが、年末年始に図書館で借りた数冊の本の中では、これが1番私にとっては面白かったかなぁ〜。(もちろん、普段いつでもお客さんが呼べるくらい片づいていらっしゃる方にはたぶん読んでもアタリマエの内容多々かもしれませんが(苦笑;))。なかなかモノとサヨナラできないタチのひとには1度読んでいただいても面白い本かと思いますよ♪

「捨てる!」快適生活—部屋スッキリの法則(著:飯田 久恵)

「収納カウンセラー」という肩書きで働いていらっしゃる飯田さん。お歳は我が母と同じくらいでいらっしゃいます。

はじめに
ー要らないモノを思い切って捨てたら、こんなにも「いいこと」がある!

・・・で始まるんですよ、この本(笑)。

・・・たいていは“わかっちゃぁいるけれど・・・”って思っちゃうんですよね。“捨てる技術”をいくら力説されても、そもそも“モノが捨てられない”という持病のあるヒトは、だいたい読み終わると“やっぱりワタシには向いていないような気がする・・・”って思いません?

・・・というか、ワタシがたいていそうでした(笑)。
“捨てるのが辛い!”から根本的にモノに埋もれていっちゃうんですよね、きっと。

でも、理想っていうのはあるんですよね。
自分に向いているかどうかは?として。

それを、飯田さんは「捨てるのは、収納の始まり」と提唱され、「捨てる辛さ」を知るから、「(むやみに)増やすことへのためらい」が生まれる!「もしも、要らないモノを捨てたら、こんなにもメリットがある」ということが書かれた本です♪

よく、“収納”というと、こういう入れ物を買って、こんな風に入れて・・・なんていう特集、よくテレビでも見ますよね。でも、この本には「収納用品」を買っても、「収納スペース」は増えない!?、とよく考えれば気づきそうなごもっともなことが書いてあります。・・・でも私のようなヒトはこういう根本的なことに気づいていなかったりするんですよね。

気づかずにゴミを作っている「廃物利用」とかも耳が痛い;(笑)。なかなか捨てられないモノをナニカに仕立て直そうと・・・それを再利用するために新しい道具などを増やしたのでは本末転倒、っていうハナシだったりします;。

「要るモノ」と「要らないモノ」減量作戦の進め方には、ナルホド!がいっぱいでした。布団・衣類・書籍・いただき物・食器・・・etc.の具体的な「要る」か「要らないか」の見極め方法が書かれています。「いつか時間が出来たら」の「いつか」は永遠にやってこないというのはこちらも耳が痛いですな;。
具体的には
“生活スケジュールの中に「捨てる日」を組み込む”
“会社の利益もUP! 年に2回の「捨てリングの日」”
“3日で効果実感! 1日15分の「捨てる習慣」”
“「範囲を小分けに、間引きする」がラクに捨てるコツ”
ということが書かれているわけですけれど、読むとナルホド!で、“捨てる”ということに隠された経済効果と気分的な余裕が生まれる様がよくわかります。

この中で紹介されている、“3日で効果実感! 1日15分の「捨てる習慣」”を実行始めました。確かに3日だけでもやってみるだけで、明日はこのあたりを片付けて(処分)みようかな、という“捨ててみること”に前向きな気分になってこられるのがちょっと不思議です。そもそも捨てると決めることが得意でないことから始まっているので、“15分ずつ”で済む、というのが気持ちの上でもワタシにとっては楽なのかも?と、この方法が意外に自分に合っていそうなことに気づきました。1日15分ずつ分でも確かにモノは減ってきているような気がします。少〜しずつではありますが、まわりに少しはスッキリ感がでてきたような・・・。

次の章には場所別・モノ別 あなたの家の「必携品」リストの紹介があり、プロが計算した「いくつあれば間に合うの?」という数がはじきだされていたりします。意外と持ち過ぎているらしい“タオルの枚数”とか洗剤やトイレットペーパーの“「安売りの買いだめ」は、結局ソンをする”とかね(笑)。

そんな中にもたとえ使わなくても、これだけは捨てない!なんていう、“捨てる!”コトについて書かれている本なのに、“捨てる!”達人が「これだけは置いておいたほうが・・・」と紹介されているものがあることなんかが面白い。確かに・・・!ウフフッ、なのです。“捨てられないヒト”もこういうことが気休めに紹介されていると、なんだかほっとして読み進められる、というか、“捨てるという方法”とかが素直に受け入れられるような体勢になるような気がするのは私だけでしょうか・・・?(すっかりペースに乗せられている、というか、作戦にはめられている?!)

☆この本で1番面白かったのは、モノを増やさないテクニックとして紹介されている
最強の敵「買いたい衝動」を撃退する!という章。

「我慢できない」本当の理由は、「整理収納のまずさ」にある!、にまずドキッ!

●「買いたいモノ」は、本当に「欲しいモノ」?
●「収納用品」に頼る人の、こんな落とし穴
●「むやみに買う」こと、これでストップ!
●捨てた人の「天国」、捨てない人の「地獄」
●大幅サイズダウンで快適生活をゲット!

“買っちゃうヒト”“モノが捨てられないヒト”の根本的原因・要因が書かれている感じです(笑)。これを読むと“購買欲減退脳内物質”みたいなモノが体内におこる感じです(大笑)。不思議とこの本を読んでから、なんだかモノを見てもそんなに執着しなく・・・というか、買う気が起こらなくなったような気がします。ありがたいことです。

収納は「しまう」ではなく、「出して使うため」にするもの。収納とは、「自分が許せる範囲の整然感・美感の中で、使うモノを最も早く出し入れできること」に尽きる、と紹介されています。

今までの私は、どうもどこかにただ、ギューギュー押し込めるようなカタチになっていたような気がします。数を減らしたとしても、そもそも根本的になにか間違っていたようです。だからすぐそのなんとか空きにしたスペースがいっぱいになっちゃうんだ・・・と気づきました。

まずは、「魔法のプログラム」として、「モノが片づく5つのステップ」で住まいの体質改善ということで、
STEP1:モノを持つ基準を自覚する(_捨てる)
STEP2:不用品を取り除く(_捨てる)
STEP3:置く位置を決める(_整理収納の方法)
STEP4:入れ方を決める(_整理収納の方法)
STEP5:快適収納の維持管理(_継続させる方法)

が書かれています。この中の「収納指数」という考え方で家にあるモノの“適材適所”をチェック!(要は必要なモノを取りたい時の動線が短いほうがイイ!という計算です。)がナルホド!です。

・・・こんな感じの本でした☆
なかなか捨てる気になれない、私と同じような質のヒトには一読はオススメかもしれません(笑)。

・・・しかし、
“5人家族で1LDK状態”生活じゃぁそもそもあまりにも狭いような気が・・・;
キッチン8畳+リビング8畳+和室6畳(寝室スペース&衣類や寝具のうち8割くらい)に洗面所+お風呂場+トイレでだいたい全部。あと、半地下に6畳がありますが・・・チビさん達はなんでも母と一緒じゃないといられないので、結局このスペースは今のところ使い切れていないスペースです。

地下の部屋にはコート類とかがあります。衣類もいちいち2階分を持って移動はできないし、夫婦の寝室にしたくとも、まだチビさん達と2階ほどを隔てた部屋では眠ることもできません。今はまだおしくらまんじゅう状態で寝ています。水周りが近いところでないと、子供のオムツひとつかえて手を洗いに行ったり・・・の生活ですから、水周りから2階も離れたら・・・こちらの身が持ちませぬし。。。

8畳のリビングスペースは私の仕事場兼となっているので、これまたくつろげるようなスペースはナシ;。子供が幼稚園に入ってくれるくらいまではしょうがありません。

1階の本来の仕事場には刃物があったり、抜いて欲しくないコンピューターの線や、1度子供がグチャッとしちゃったら商品にならない紙など多々ですから、小さいコドモは出入り禁止な我が家です。・・・そういえば昔、いっつんがまだまだ小さかった頃、ダンナさんが忙しく仕事しているコンピューターの電源を下でブチッ!と切ってしまって、ダンナさんが青ざめえた経験アリ(笑)。それ以来、小さい子供は本来の仕事場は出入り禁止です。

生活に密着したモノを入れられるスペースは極少の我が家(普段の生活スペースには和室に押し入れ一間分しかありません;)あとは地下の部屋のクローゼットか3階まがいの物置スペース(・・・これが何を考えて作ったんだか、スペースはあれど、超モノの入れにくい作り;)のみ。

まずは第3子が小さいうちはモノを減らす努力と片付けと育児に・・・その後はなんとか稼いで、少なくとももっと広い家をなんとか立てるぞ!!!と決心する2006年年始めの私なのでした☆

|

« お金がたまる人って・・・? | トップページ | 読書マラソンで節約も »

「ワタシのオススメ!」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日に引き続きまた良い話♪
私は捨て魔って言われるくらい
平気で捨てられるタイプで、捨ててから
あ、こんなのあったよね~って探して
こないだ捨てたんだったガーンって損を
することもある・・・。旦那が捨てられない
タイプなんで旦那の仕事部屋だけは
ゴミの山のように書籍やなにかが山に
連なっております。他人が見たらきっと
旦那の部屋に物を集約してきれいに
見せかけていると思われるだろうなあ。
旦那に教えてあげるために読んでみようかな

投稿: しゅんせな | 2006.01.15 21:41

☆しゅんせなさん
しゅんせなさんは捨て魔って言われるくらい、なんてウラヤマシイ♪
私とは絶対に対極だわ(笑)。

私もね、自分では人が見てもごちゃごちゃでも私自身は山のどこに何があるかわかるような性格(笑)。でも、私だけがわかっていたんじゃ家の中は勝手にはまわってくれない、と奮起して、ダンナさんにも子供達にもどこに何があるかわかりやすい(そのうちお母さんはいらない?)家の中作りを進行中です♪

最近は1日15分効果、少しは実感できる程度になってきたかんじです。すぐに山に戻らなくなってきました(笑)。

投稿: うっし〜 | 2006.01.18 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/8153920

この記事へのトラックバック一覧です: 「捨てる!」快適生活〜部屋スッキリの法則〜:

« お金がたまる人って・・・? | トップページ | 読書マラソンで節約も »