« 行き倒れレベル | トップページ | 今年“も”焦って・・・ »

育児の不安と向き合う『五つのコツ』

2007年1月21日の朝日新聞『育児ファイル』になんだかほっとする、そして、さぁ、またがんばるぞ☆と思える記事が載っていました。
大日向 雅美さん(恵泉女学園大教授)が「五つのコツ」と題して書いていらした記事です。

 誰でも最初の子育ては不慣れな経験の連続で不安に陥るのは自然なことです。上手に育児の不安と向き合えるコツを考えましょう。

 まず第一に、胸を張って悩むこと。
育児に不安を覚えるのは、それだけ熱心に子どものことを考えている証拠です。不安をきっかけに子どものことや夫婦の育児分担を真剣に相談することができるのです。

 第二に、完璧な育児を目指さないこと。
子育てに失敗はつきものです。自分の失敗もおおらかに受けとめる親でいてこそ、子どもも伸びやかに育つことができます。

 第三に、子どもの育つ力を信じること。
より良い環境を与えて育てたいと願う親の愛情は子どもにとって大きな励みです。でも、親の思い通りには育たないこともまた事実です。おなかを痛めたわが子でも、子どもと親は別の人格。子どもは自分の力で人生を切り開いていく力を持っていることを信じましょう。

 第四に、周囲に上手に甘えること。
子育ては心身共に重労働です。母親一人で頑張ろうとせず、周囲の人の力を借りましょう、夫婦それぞれの親をはじめ、年配者の意見はいつの時代も含蓄ある子育ての知恵を授けてくれます。同世代とは子育ての当事者としての苦楽を分かち合いましょう。

 最後は、異質なものに寛容になること。
同じ考えや価値観をもった人とのつき合いは安らぎますが、それだけでは視野を狭くする危険性もあります。自分とは異なる考え方や生き方にも心を広く持った子どもに育てるためには、親自身もさまざまな人との出会いを楽しむことが大切です。

これを読んで、大きく深呼吸して・・・
さぁ、明日からもガンバロウ!☆

|

« 行き倒れレベル | トップページ | 今年“も”焦って・・・ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/13624967

この記事へのトラックバック一覧です: 育児の不安と向き合う『五つのコツ』:

« 行き倒れレベル | トップページ | 今年“も”焦って・・・ »