« 「なーとっつ、たべた〜い!!!」 | トップページ | ダメ母・コメント力 »

“男の子”というモノ

うちには、“男の子”が“3人”います。。。

親はどの男の子も同じはずですが・・・
見事に性格がバラバラ。。。

最初は、たぶんどこのお母様もそうだと思いますが・・・
“長男が標準”と、なぜかそう思い込んでいました。

“標準”というのは・・・
“男の子”=“長男のような性格”=普通

・・・と、まぁそんなような感じです。

しかーーーし!
長男が小学校へ上がり・・・
次男が幼稚園の年中さんになり・・・
どうも、“長男が男の子として標準的”と思っていたのはやっぱり違うような気がする・・・と思い始めました。

例えば、長男とデパートに行ったとする・・・
おもちゃ売り場により、遊んだりしても、帰る時は聞き分けよくおもちゃうりばを後にできた長男。

しかし・・・次男が生まれてみて・・・
長男と次男をおもちゃ売り場に連れて行ったとして・・・
聞き分けよくその場を離れられる長男と、「買ってくれないと帰らな〜い!!!」と床に転がって泣き叫ぶ次男。。。

実は、長男がそういう子にならないようなふうに育てられたので、同時期、よくおもちゃ売り場で、床に転がる男の子を連れて困惑顔の親御さんを見かけると、これも育て方で違うのでは?うちの子はそうじゃないし・・・(いや、もちろん、最初の頃は1、2度床に転がって泣き叫んだんだったかもしれませんが、ちゃんと教えているうちにすぐ長男は聞き分けよくなったような次第です。)同じように育てれば、次男も、床に転がって大騒ぎするような子にはならないはず・・・!と思っていたのですが・・・

・・・大間違いでした。。。(^^;)

最初はこちらも困惑。
なにせ、“長男と同じ親から生まれた同性の兄弟”です。
同じ環境で同じように育てて、しつけているつもりです。

いや、もちろんしつけも同じようにしました・・・

しかし・・・いくら言っても・・・

結論:“床を転がりたい人は、転がる”のです・・・;

・・・(-д-`*)ウゥ-

これは、子どもなりに“理性”?みたいなものができるまで、何度こちらが揺るがなく、そんなこと(床に転がってジタバタする)したって、買わないものは買わない!を貫いたとしても、かなり長い事やっていました。。。
・・・┓( ̄∇ ̄;)┏

幸い、次男のこんな症状も少しは成長して軽減されてきたのでありがたいですけれど。(笑)

そんな時に、ナニカの書評で出会ったのがこの本です。

Otokonokonosodatekataお母さんのための
日本一わかりやすい
男の子の育て方の本

icon
著者:原坂 一郎さん
(1956年生まれ
 ・元保育士・子育てコンサルタント)

「男の子って・・・普通どんなよ?」と思った時、ふと巡り会いがあり、この本を手にしました。

感想としては・・・
正直、この本が“育て方”の指針になるかどうかは、3人の男の子を育てみている現在疑問です。。。しかし、お母さん(女性)からはなかなか理解しがたい、異性=“男の子”というモノを知る・理解する上では、とても有益な本ではないか、と思いました。

この本の内容からいくと・・・

やはり長男は、平均的な“男の子というのはこんな風な生き物”みたいな男の子からは外れていて、ちょっと女の子のような性格を持ち合わせている、ということがわかりました。

そういう意味では、この本を読んだ後には・・・

“次男”の性格=“男のなかのオトコ”!
・・・という感じです。(笑)

この本を読んでみて、元来“男というものはこういう生きもの”なんだから、こーいう行動(判断?)をとるのはしょーがない生き物なのだ!とある意味、こちらが開き直れました。(笑)

下記に、目次だけ書いてみます。
この内容の項目に、お子さんがたくさん該当する方。

そういうお子さんをお持ちのお母様は、よかったら読んでごらんになるといいかもしれません♪
少なくとも、ご一読いただくと、“お母さんの精神安定剤”(←男の子とはこーいう生き物なのでしょーがないのだ;と悟りを開ける?)にはなる一冊かとは思います。(笑)

【目次】
1:すぐに危ないことをする
2:すぐに汚い事をする
3:整理が下手
4:何でも元通りにしない
5:じっとしていない(落ち着きがない)
6:怒られたことをまたする
7:自分のことを「おれ」と言う
8:相手のことを「おまえ」と言う
9:言葉遣いが悪い(偉そうに言う)
10:すぐに服を汚す
11:水たまりを見つけるとわざと入る
12:「そればっかり」のオタク的な趣味がある
13:ウルトラヒーローや怪獣が好き
14:戦いごっこを好む
15:おもちゃ同士をぶつけて遊ぶ
16:すぐにおちんちんをさわる
17:「ウンチ、おっぱい、おしり」などのシモネタワードを言う
18:寝るときパンツに手を突っ込む
19:することが荒っぽい
20:お行儀が悪い
21:ぶっそうな言葉を使う
22:すぐに手が出る
23:お店のものをすぐにさわる
24:男の子なのにおとなしい
25:気が弱く、弱虫
26:女の子のような遊びが好き
27:小虫に残酷なことをする
28:昆虫やハ虫類を飼いたがる
29:棒切れが好きで、すぐに持って遊ぶ
30:すぐに裸になる

ちなみに・・・
下線を引いたところが、“次男がまさに該当する!!!”項目です。(爆)

参考に・・・
長男は・・・ほぼ該当項目ナシ!と言っても過言ではありません。。。(笑)

この本の“第4章”には、
《これ》さえなければ、男の子はグングン伸びる
〜無意識にやっているお母さんの悪いクセ20〜

というのが載っています。

実は・・・
これを読むと・・・
オモシロいほど“言わなきゃいいのに・・・”という言葉を日々連発している母である自分にも気付き、爆笑でした。

いや、もちろん言わない方がいい!というのもよくわかります。こちらはほぼ全項目に該当したわけではなく、数項目?ではありましたが・・・
・・・(^^;)
いや、家庭生活、男の子3人もいると、これを全部言わずして家の中はまわっていかないよ。。。トホホ;と思ったりするのも現実です。(笑)

でも、悩んでこの本を手に取るお母様の中には、この項目にたくさん該当しちゃう?!方もいるかもしれません。そんな方が肩の荷がおりそうな(?)ナルホド!はいっぱいあるような気がします。

“第5章”には、
子育て必須アミノ3という、
著者:原坂さんが、“「必須アミノ酸」は人間の体に必要なものです。でも子育てにも、なくてはならないものがあります。3つあるので、私はこれを「子育て必須アミノ3」と読んでいます。”という、こんな心がけをするのがオススメ!というものがあります。ここに書かれていた内容は、本当にそうだな〜・・・と思いました。

この本のおわりは・・・

“幸せは「お金持ち」にやってくるのではありません。
 「子ども持ち」にやってくるのです。・・・”

・・・としめくくられています。

私も、今の悩みは、子どもが毎日どこに行っても「ママ、ママ」と言ってうるさいこと、と思いますが・・・

そう呼んでくれる子どもがいて・・・

そう子どもが「ママ」と言う、ごく当たり前のことが、実は当たり前ではなく、いかにぜいたくで幸せなことであるか・・・


・・・さぁ、気を取り直して(?)また3人の男の子と向き合う日々をしきりなおしてみます♪

あと、2年くらい経つと・・・
今度は、このエントリーの、ちゃんとした
“3人兄弟性格イロイロ”バージョンがまた書けそうです。(笑)

   ***

Otokonokonosodatekataお母さんのための
日本一わかりやすい
男の子の育て方の本
著者:原坂 一郎さん
PHP研究所
定価:1,100円(税別_本体価格)


【7&Y】ご近所のセブンイレブンの店頭で支払い(=送料無料)で受け取れる☆
お母さんのための日本一わかりやすい男の子の育て方の本
icon著者:原坂 一郎さん

【Amazon.co.jp】
お母さんのための日本一わかりやすい 男の子の育て方の本
著者:原坂 一郎さん

|

« 「なーとっつ、たべた〜い!!!」 | トップページ | ダメ母・コメント力 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

うっし〜さん、初コメです(*^□^*)ややこしいですがラスカルで…^ロ^;

いつも、ペタありがとうございます(^O^)
ブログを呼んでて思わず、コメントを書きたくなりました。

男の子って、単純だけど、よ〜く考えてみると、兄弟ぜんぜん性格が違うし、まさに、うっし〜さんとこと同じく、長男は聞き分けがよいけど、次男は…生まれつき大物(笑)

成長するにつれて、長男はだんだんひねくれもんでめんどくさがり〜なところが出てきて、そのたび、いろいろと試行錯誤で子育てしてます(;^_^A

私も、子育て本はよく買ってて、「男の子を伸ばす母親はここが違う」とか、「あふれるまで愛を注ぐ」とか、「親を楽しむ小さな魔法」とか、PHPシリーズもよく買いました。

うちは男の子二人だけど、3人男の子がいるってにぎやかでしょうね。
幸せも3倍だね(*^□^*)

大変だけど、期間限定の子育てを頑張りましょ♪


また遊びにおじゃましますね(^-^)よろしくお願いします(@゚▽゚@)

投稿: ラスカル | 2009.03.09 06:49

うちは女の子で、しかも2人だけど、「ウンウン!同じ〜〜」と叫びましたぁ。2番目、店内で床につっぷしマス!
聞き分けは、全くを持ってありまセン!
同じよ〜に育ててきたつもりデス!
うっし〜さんの今回の記事を読んで、なんだかあきらめがようやくつきましたっ。

投稿: | 2009.03.09 08:17

■ラスカルさん

いらっしゃいませ〜♪
こちらにも、ありがとう☆

そぅそぅ!ラスカルさんも男の子おふたりのママですよね!

最近お友達が・・・
一番下のお子さんを亡くされたの・・・。

本当に・・・
ウルサすぎる子どもがまとわりつく・・・
まとわりつかれる生活が、時にうっとおしいけれど、どれほど愛おしい日々なのか・・・

ここ数日、ずーっと考えています。。。

重いメッセージになっちゃった・・・
ごめんなさいね;

今の幸せを噛み締めながら、毎日の子育てをがんばりましょう☆

・・・って、ちなみに・・・
私は、よく子育て本を見ては挫折感を味わっています。。。(爆)


■歩ちゃん

え゛ーっ・・・!!!
女の子二人、次女ちゃんでもそうなの???

今回の私のエントリーを読んで・・・
あきらめがついたって・・・?!

このエントリーを書いたのが
いい効果だったのか、悪い効果だったのかが・・・
・・・心配です。。。(笑)

投稿: うっし〜 | 2009.03.09 11:17

うっし〜さん、まーちゃんから心配して頂いてることききました。本当にありがとう。よかったらメールください。

投稿: さりすけ | 2009.03.10 13:01

■さりすけさん

わざわざ来ていただいてありがとう。
とっても嬉しいです。
後でメールさせていただきますね。

投稿: うっし〜 | 2009.03.11 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/44280567

この記事へのトラックバック一覧です: “男の子”というモノ:

« 「なーとっつ、たべた〜い!!!」 | トップページ | ダメ母・コメント力 »