« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

似ている言葉

幼稚園、年少組さんに毎日通うむぎですが・・・

昨日はまだ治りきっていないのか・・・?のカゼ(鼻水)にご機嫌斜めで先生を困らし続けた様子。。。

迎えに行っても、すぐ、「ママー!抱っこぉ〜〜〜!!!」
先生から伺った様子では、一日何もかも次々と気に入らず、ちょいちょいグズってすぐ泣いていたようで・・・

幼稚園から家に帰ってくる道すがらでも、自転車の前かご部分の子供用シートに乗り、前を向いて絶叫泣きし続けていました。。。
家の前について、自転車停めても耳を塞ぎたくなる大声で
「ギャー〜ギャー〜〜ッ・・・!!!」

・・・スミマセン・・・

すごいご近所迷惑。。。(恥;)

家に入ってもしゃくり上げて泣き続けるむぎ。

こういう彼は結構珍しいのだけれど・・・
(いつもは、いつでもよく「なにがそんなに楽しくていつも笑っているの?」と聞かれるくらいのニコニコ系の彼)
と思いながら、どうしたのかいろいろ聞いていたところ・・・

「せんせいがぁ〜 おこったのぉ〜〜〜;」と言うので

「先生が怒ったの? むぎのこと?」と聞くと

「ちっがーうの!せんせいが おこったのぉー!」

・・・・・・?・・・・・・

何度もこの問答を繰り返し、ようやくわかったのは

「先生が 起こしたの!」でした。(笑)


早生まれで、どうも体力若干まだ足りな気味の彼は

毎日、お昼ご飯を食べると眠くなって・・・

ちょいちょいお教室で居眠り。。。

まわりのお友達からも、「また むぎくん ねちゃったね」とよく言われているらしく、満3歳児用クラス(年少組より一つ下)に常備されている簡易ベッドを、ちょいちょい眠くなるむぎ用にクラスに置いていただいているようで・・・よくそれに寝て、お教室でお昼寝状態(その時間は、普通の子は外遊びタイム)になっちゃうそうで。(苦笑)

クラスのお友達は、その簡易ベッドを、通称「むぎくんのベッド」と言っているらしい。(爆)


・・・ということで、
「もうすぐママのお迎えの時間だよ〜!」ときっと、居眠りのむぎを起こしたんだと思います。そして、昨日は、“お当番”だったそうなので、帰りのお歌の時間に黒板の前に出てごあいさつしてまとめる係(?)だったようだし。

ちなみに“お当番”とは、クラスの欠席の子の人数を職員室に伝えに行く、とか、お給食の前後のご挨拶をしたり・・・という、昔で言うなら“日直”さんのお仕事内容のイメージ。



「先生に起こされたの!」というのが
「先生に怒られたの!」と聞こえた母。。。

う〜ん・・・まだまだむぎとの会話は難しい・・・(´⌒`;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ新型インフル東京上陸!

昨日、息子達のスイミングでお友達のママとしゃべっていました。

彼女、先週からフツーにちょっとひどめの風邪をひいちゃって・・・
話していたのですが・・・

彼女、
「普通に風邪で咳が長引いているからマスクがほしいのに・・・
ほんと、どこ行ってももうぜんぜん売ってないのよぉ〜」と困り顔でした。

本当に風邪で、周りに移さない為にマスクが今ほしい人には困っちゃう事態ですね。。。


今回の新型インフルエンザは・・・
みんなに免疫がないから大騒ぎになることで・・・
そんなに強い菌ではなさそうな気が個人的にはするのですが。
(いつもの季節性インフルエンザのほうがよっぽど威力ありそう!?)
ナゼか・・・お歳の方はあまりかかっていない?!


テレビのニュースなどでも、事実を迅速に伝えてくださることは重要だと思うし、感謝していますが・・・
ちょっと盛り上がりすぎでは?!とも思います。
特に・・・なんで、その事実を伝える時に、あんなにおどろおどろしい効果音のような曲をバックによく使ったりするのか・・・がナゾのような。。。

そんな風に感じているのは私だけなのでしょうか。。。
(恐怖感?を必要以上に煽っているように思う)


私はこの時期、もう紫外線がかなり強くなってきているように感じるので、かなり大きめのつばのサンバイザーを愛用しているのですが、コンタクトも調子があまりよくなくて、最近もっぱらメガネ姿。。。
こんな私が大きなマスクまでしたら・・・


・・・不審者扱いにならないか?!とすら。。。


「外国では、危機意識が低いのか、マスクをしている人をあまり見かけません!」みたいな報道もよく拝見しますが、外国で、『帽子にサングラスにマスク』みたいな日本でするような姿を見たら、逆に怪しくてつかまらないのか?!とそちらが気になってしまいます。

そもそも、治安のよくない国では、こんなに顔を隠せないのではないかと。。。

日本がわりと平和な国だから、世の中みなフツーに“マスク=防衛”とできるんだろうなぁ〜・・・と思う今日この頃です。

   ***

ちなみに、我が家にも少々のマスクの備蓄はあります(←もちろん、本来冬に活躍用)が、私は、最近、紙製のだと、顔のマスクにあたる部分がお肌に擦れて、肌が荒れて赤くなっちゃうので・・・めっきり“ガーゼ派”です。
以前、妊婦の時にお世話になったお医者さんも、「紙製の最新のものは、菌は通さないけれど、保湿にはならない」と、本来の冬、の“風邪予防”には、気道の湿度を保ってくれるガーゼのほうが有効、とおっしゃっていました。

この冬は、マスクケース(長男の給食当番用のマスクに入れ物の袋を作ったら、これがマスクをしたり外したり、保管したり・・・の時にはとても使い勝手が良さそう)を自分の分も作ろうと思っています♪
→このケース(布製袋)に入れて一日使い、そうしたら、ケースもマスクも両方お洗濯☆行き。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「うせつ」の反対は・・・

今日は、おうちで、片付け、整理をしたいのもあり、いっつんとひびと昨年度のチャレンジ(by ベネッセ)のマル付けやら、できていなかったところの復習を一緒にやっていました。。。

いっつんのチャレンジ1年生・3月号の『ばっちりドリル』の最後に・・・
「小学生の漢字力に関する実態調査」2007結果という記事があって、
[■誤答率 TOP10]・[■無答率 TOP10]というのが載っていました。

[■誤答率 TOP10]の第7位に、「右」=「う」というのがあり・・・

いっつんに、「ねぇ、これ“右”って、“みぎ”以外になんて読むかわかる?」と聞いてみたら・・・

「う〜〜〜ん;なんだっけ・・・?」っといっつん。

じゃぁ、これだったら・・・読める?と

“右せつ”と書いてみました。

「う〜〜〜ん;なんて読むんだっけ・・・?」っといっつん。

「じゃ、ヒントね!」と私。

「“右に曲がること”はなんて言う?」と付け加えたら・・・

「あっ!わかった☆“うせつ”の“う”だ!」と思い出しました。
(甘いヒント出し過ぎ?)

「・・・ってことは・・・“ひだりにまがること”もあったよね!」といっつん。

「そぅそぅ!さて、それはなんていうんだっけぇ〜・・・?」っていっつんに質問したところ・・・



また、いっつんは、「えーーーっと・・・なんだっけかなぁ〜?」と。。。



すると〜・・・



隣の部屋から、耳学の得意な方の素敵な回答が・・・!!!



「えーっ!いっくん、わかんないのぉ〜???

 それはさぁ〜・・・

 まだわかんないのぉ〜?

 教えてほしぃ〜??

 正解は〜・・・!



 “こっせつ”だよぉ〜! ♪♪♪」

・・・と上機嫌〜(≧▽≦)!



これには、いっつんと顔を見合わせ、大爆笑!!!


いっつん・・・右折・・・

むぎ・・・左折・・・

ひび・・・骨折・・・!?



母・・・挫折。。。 orz..........


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニュアルが・・・ないみたい?!

今年度、小学校の長男のクラスでの学校役員を初めてお引き受けさせていただくことになりました。

我が息子が通う小学校でも、やはりPTAなる組織があるのですが、クラスの保護者役員には2種類あります。

『クラス役員』『運営委員』なるもの。それぞれ2名づつ。

『クラス役員』は、主に、クラスに関わることのお手伝い係。

『運営委員』は、主に、学校運営に協力するようなお手伝い係。


新年度早々に役員決めがあり、私は2年生のクラスの『運営委員』のほうになりました。

その『運営委員』のほうでも委員会が開かれ、係決め(係によって、2名〜8名くらいのグループ定員)が行われ、私もとある一つの係に。

早々にもう活動が始まりましたが・・・

係決めの後、まだそのオリエンテーションのような会は行われていないのですが、前年度の前任者の方々から、お仕事の引き継ぎはありました。

昨年度の活動報告を見ると・・・

もういろいろ動き始めていた様子。。。

しかーーーし!まだPTA室の使い方からしてよくわからないレベルな我が身。。。


イマドキの学校役員は、お仕事していらっしゃる保護者の方々も多いので、なかなか“経験者”がいなくて、毎年、すったもんだして、ようやく決って上がってくるこういう役員に決まった人達の中には、“経験者として連投(?)”みたいに役員をお引き受けしてくださる奇特な方はなかなかいらっしゃらないようです。

その上、少子化・・・
基本的には“子ども一人あたりに1回やればすむ”という係の暗黙の了解で、みな、今のうちにやっておこう!と重役(になりそうな高学年)に上りつめない低学年のうちに、しんどそうなことは早々に・・・と思うお母様方は、さっさと立候補して担当なさる事が多々。

そんなこともあって(今回の私もそう!?)、一度、こういうお手伝いをお引き受けしていればわかりそうな、“こういう情報はどこからくるのか”とか“いつごろ?”とか“学校の先生にうかがうとしたらどの先生におうかがいすれば?”とか“印刷機の使い方”から“学校の子ども(→おうちの保護者へ届くまで)へのプリント類の配布の仕方”から・・・多々あることが、まだ?だらけ。

わからなくても、どこか決まった場所に書いてあるものを見ればとりあえずわかる、というようなモノもあるような・・・、いや、どうみてもなさそうな・・・???

我が係も3名で・・・全員、当然の“初心者☆”(^ー^;)
お仕事を持ちながらの二人+未就園児のお子さんがいるお母さん。
イマドキはみんなこんな感じ、多々です。

やれる時に、やれる事を、やれる人が・・・と。


なにせ、最高の“ボランティア組織”

仕事などと違うわけで、いろいろなご家庭の事情のある方から、意見の持ちよう、モチベーション、やり方・関わり方まで、千差万別風。。。


私は、幸い、前任に、やはり昨年が初めて担当された、とおっしゃっていましたが、いい方がいらして、携帯の連絡先やメールアドレスをお教えくださって、「なにかわからないことがあったらご連絡くださいね。」と言っていただけたので、昨日はもう「あの〜・・・◯◯の情報は、どこからいただいたらいいんでしょう・・・?」などと携帯にご連絡させていただいた次第です。。。

ありがたいことに、そのお教えくださった方とは、ソフトバンク同士で・・・

ただとも”(笑)

こんなところでも、携帯メールなどでちょこっとしたことを伺うにも、なんとなく気が楽です。“同じ携帯会社だと日中は通話料がかからない。”なんていうソフトバンクの素敵なサービスに、こんなところで気分的にもあやかれるとは!ありがたさを再確認させていただきました。(爆)


この“PTA”という、親の学校ボランティア組織。

ナニが大変か・・・?って・・・

まずは、この“ナニもよくわからない事をやらなければいけないところに、いきなり子どもを理由に半強制的に放り込まれる事”(いや、システム上は一応“自発的に引き受けた”というスタイルにはなるのですが)なのではないかな?と気付きました。
「仕事で時間が取れなくて・・・」とかとかとか・・・みなさん様々にご事情はあるわけですが、少なくとも、“ナニをやる組織(場所)なのか”が外からもっと見えやすければ、役員の引き受け手を決めるのにも、もう少し楽になるのでは・・・?と思ったり。

ご兄弟で上のお子さんでおやりになった方で、係は違えど2度目の方は余裕も少しはおありと思いますが、第一子でこの係に当たる方の不安は、それは計り知れないことです。

・・・私もその一人・・・のつもり。(^_^;)

高学年の保護者の方々なんて、もう、それは大御所!に見えますもの。(笑)

でも、その方が今年のどなたなのか・・・なかなか見てもわかりませんので、聞きたい事が聞くに聞けず・・・(どなたかわかれば、その方にいろいろうかがいたいものも・・・約8割以上は同じ初心者とお見受け;)


今年度春、4月の漠然とした不安感。
ナニがわからないか、すら、まだワカラナイ・・・(汗;)

これは、ひょっとしたら、“私も最初こんなことがわからなかった”というのが、来年の方にお話しできれば、それを活かして少しでもマニュアルみたいなものがあったら、“来年初めて”の方の心のお役にたてるのかもしれない・・・?と、この事に関して日記(メモ)を書き始めました。

・・・と、なんだか文字にするとなんだかたいそうな事を始めた風ですが、そうではなくて、ただ、[日にち]を入れて、この日、こんなことが疑問で、誰に聞いて、ナニをした。係の人と打合せをして、ナニを決めた。。。など書く一冊のノートを用意して、書き始めた・・・というだけのことなんですけれどね。

先日、前任の方々に引き継ぎ時にお話しを伺いましたが、その方々も、昨年度は私達も全員初めてでこの係を担当したので、なんだかわけもわからず、周りの方々に聞きながら必死で走ってきたら・・・気付けば無事係のお仕事をこなし、年度末まで辿り着いた。。。という雰囲気でした。

必死で一気に駆け抜けて・・・→ゴーーール!!!みたいな。(笑)

そんなワケで・・・

「今は安堵で・・・最初何がわからなかったかすら・・・思い出せないなぁ〜・・・(^^;)」みたいなこををおっしゃっていました。(笑)
・・・ホント、終わってみればそうだと思います。。。


どんな係になったにせよ、学校ボランティア(役員)というのは、そ〜んなに毎年違った行事が起こるわけではなく、もちろん、トップの4役の方々などはとてもいろいろ起こってお大変だとは思いますが、下っ端お手伝い役は、8割は前年と同じことを(やり方には工夫や改良が加えられたとしても)行えばいいはずなんですよね。

今年は、“超”のつく“初心者”として、我が身に起こる“保護者役員”関連のことを記録していこうと思います。(笑)

・・・だって、幸いなことに、“初めて”は一度きりしかないですものね。

新鮮な気持ちで好奇心旺盛に・・・
いろいろ一年間過ごしてみたいと思います♪


我が母は・・・
我が家が転勤族だったので、私と弟の分、転校する先々の学校(私は小学校だけで3校行き、中学校も2校)で、地域、学校に私達が馴染めるように・・・と毎年のようにどちらかのナニカのPTA役員を引き受け、頑張ってくれていたような記憶があります。

私は、ここ6年くらい暮らしている地域でもこの状態・心境。。。

これを、初めての土地にいく度に、生活も初めて、まわりの方々も初めての中へ飛び込みこなしてきた彼女・・・

・・・尊敬。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »