« 似ている言葉 | トップページ | “お友達”とは・・・ »

学校ボランティアに奔走中

小学校での、“究極のボランティア活動”であるPTA活動も、ようやくワケがわかってきて・・・

昨年度は行っても、かなり慣れなかった“小学校”という場が、ようやく自分(私)のフィールドの一部となってきました。


・・・しかし・・・

いまだ、『小学校の常識』というのがわからないので、日々あたふた。。。

例えば、委員会活動で、印刷機はこー使う、とか、PTA室でナニはドコに置いてある、とか、誰に許可を取る、とか、わからないことは、コレコレの件はどなたにきけばわかりやすいか、とか、印刷物は全校に向けて印刷・配布する前には、会長さんと副校長先生に許可をいただかなければいけないのですが、それはどのような手段を使うとよさそう、とか、連絡網のシステムとかとか・・・

わかってきたことも多いのですが・・・

まだまだわからないこともたくさんある様子。
(↑まだ気付けてすらいない領域も多々ありそう_(〃_ _)σ‖)


先日は、全校配布のお手紙プリントを作り・・・
まずは朝イチで、たまたまPTA室に他の要件で会長さんがいらしたので、印刷物の原稿の確認・承認が簡単にとれましたが・・・
今度は何度職員室に通っても、副校長先生にお会いできない・・・(;´ー`)

お昼近くになって、ようやく先生発見!!!

副校長先生も一日お忙しく学校の中をまわっていらっしゃる様子なので、合間の短い休憩時間でも続けていろいろこなされていると、なかなか職員室にお戻りでない様子。
個人的には、先生の携帯番号(←学校にいらっしゃる間は不携帯とは思いますが;)でもうかがっておきたいくらいの感じで、うまいタイミングでお会いできることは、ありそうでなさそうな・・・なかなか会いたいタイミングでお会いできない“レアキャラ”先生。

お昼前になんとかお会いできて原稿を見ていただく・・・

・・・っが、ココで問題発生!

原稿の一文に「ぜひ、ココの言い回し、手直しをお願いできますか?」というコメントをいただき。。。

・・・その文章に限って・・・

昨年、いや、一昨年から引き継いだ、お手紙文章(※毎年、“こんな感じの手紙”で・・・という風に、実際に配布した印刷お手紙原稿は例として残されていて、代々受け継がれている)原稿とそのままの一文だった。。。
・・・┌┤´д`├┐
(ちなみに、今年度の副校長先生は、新しく転任されてきた先生)

新しい文章に差し替える部分については、何度も推敲を重ね・・・とやり、その文章を使うときは言い回しなど特に気をつけて考えて書いてあったのですが・・・

“例年通り・・・”のところに関しては、見事にノーマークでしたよーΣ(・ω・ノ)ノ 

こういう時、昔の手書き原稿と違って、家で、コンピュータで打って作ってきた活字原稿は面倒くさい。。。ちょっと直そうにも学校にパソコンなど持って行っていないワケで・・・
(↑ハイテクな学校なら別なのでしょうけれど、たぶんどこの学校も公立では多いと思いますが、PTAは“いかにお金をかけずやるか”をヨシ!としそうな、質素で、でも手作りであったかいことをやろう、という雰囲気ありませんか?)
修正箇所ができると、急いで印刷しちゃおうと思うと“そこだけ手書きにするの?”というモノになっちゃうワケです。。。
[注記]の一文を増やす、などのことなら、一文が手書きでもいいかな?と気にならない訳ですが、文章中に3文字程度足す・・・とかだと、活字に手書き文字を3文字入れると・・・やけにみすぼらしい出来栄えになっちゃうワケですよ。。。

これが、もし“仕事”だったら・・・

「他部署(全社)にまで配布するような印刷物原稿なら、これくらい、ちゃんと清書し直しなさいよ・・・;」
・・・と上司に言われそうな・・・(笑;)

これが、お世話になっている幼稚園での出来事だったら、パソコン持って行くより、「ちょっとウチで直してくるから、みんなはこの他の作業の、こっちとかを進めていてくれる?」で、ちょっと家にダッシュすればよほど環境がいい、ワケですが・・・
・・・小学校までは・・・遠いんです。。。(;´▽`)

幼稚園までは300mくらいでつけそうですが、小学校までは1.5kmくらい。
その上、交通手段が普段は自転車ですが、基本的に車は急用(ケガした子供を迎えに行く、とか、搬入のための大荷物がある、とか)以外はNG!ですから・・・
雨の日だと・・・すごい時間がかかります。。。

・・・う〜ん困った・・・(´⌒`;) 
(ちなみに、この日は雨だった。。。;)

他の委員のみなさんも、お仕事などある中、貴重な自由になる日を設定して集まっているわけで・・・

話し合った結果、“このお手紙は、まず、一日でも早く配ることが先決!”という理由で、よくある、小学生が先生に文章を直されるような(?)レベルの、3文字追加のようなスタイルで、印刷原稿を修正。。。(←これが、本業仕事なら、自分の中では、これが全校に配られる、なんて絶対に許したくない最終仕上がり;)

お昼過ぎから全校配布分印刷。。。

印刷機は、今年度新しいものになったようで、印刷自体は、コピーのようにキレイで、感動する印刷スピード☆
原稿のせいでミスプリントでもしたら大変!!!と思うくらいのスピードで、何百部、という印刷があっという間に出力完了!
(↑紙は、昔ながらの“わら半紙”みたいな文化はそのまま、ですけれどね)

そこから、全クラスごとの枚数をわけ、クラス別の人数表記の紙をつけて・・・輪ゴムでとめて、各クラスのポストへ置きに行く。。。
この日、配るものは3種類あったので、それぞれを数えてまとめて・・・とやって、かなりオツカレ;
あまりに疲れてくると・・・何度数えても数えた数に自信がなくなってきて、また数え直したり。なにせ、各クラス人数がバラバラですしね。数え間違えたら、足りないと困るし、どこかが多くなっちゃったら最後足りないクラスが出てもまた発見に窮するし、とドキドキ。

この日は、“全校5時間授業ある日”だったので、5時間目を子ども達がやっている間には各クラスポストへ・・・
☆準備完了☆

・・・いまだ段取りがよくわからない全員新米グループの私たちは、作業の見積時間があまく、結局この日、お昼抜き・・・
小学校にはちょっとした軽食が買える売店、なんてないしね・・・
・・・予期せぬダイエット!?
次からは時間が長くかかちゃいそうな日には、一応軽食を持ってきたほうが正解だね、という反省日になりました。

なんとか『帰りの会』までには間に合ったか♪とホッとしつつ、PTA室前からポストのある場所をチラ見していたのですが・・・


・・・オカシイ・・・;

ナゼかほとんどのクラス、児童が取りにこない・・・;

・・・(´-ω-`)・・・???


私たちは、印刷物の一件が終了した後も、まだこの日やらなくちゃいけないことがたくさんある日だったので、そのまま「次!」ってことで、次のことを急いで黙々とこなしていました。

その作業がようやく終わり・・・

ポストを覗きに行ったら・・・


・・・やっぱり・・・┌┤´д`;├┐・・・


18クラス中、取りにきていたのは2クラスくらい。。。

・・・なんで????・・・


その後、とある先生が、ポストをという感じで眺めていらしたので・・・
(そりゃぁそうだ、ワタシ達、お手紙を3種類入れたので、ポストには結構目立つくらいお手紙の束が入っているんですもの。笑)

「すみません。ちょっとおうかがいしたいのですが・・・
印刷物、というのは、子ども達はいつ頃お教室に持って上がることになっているんですか?」とうかがったら、
「子ども達は、このポストの横のココ(←ナニカ書くバインダーが吊り下がっている)に給食の食数を書きにくるんです。給食すぐ前くらいに。その時にだいたいお手紙を持って上がるクラスが多いですね〜。」とのこと。


・・・ってコトは・・・

   ガ━(;゜д゜)━ン!!


副校長先生に許可願いでうかがっている時点で、もう子ども達への今日の配布リミットは過ぎていたんじゃん!?ということに気付き・・・

激疲れに拍車のかかったワタシ達。。。(〃_ _)σ‖
(急ごうと思ったら、私達が各クラスにお手紙の束を持ってまわっちゃうべきだったってことらしい?!_まぁ、そこまで緊急事態の手紙、というワケではなかったからいいけどさ;)
でも、この日は“金曜日”だったので・・・
“一日違い”=“月曜日”=各家庭への到着は3日後;

私たち親は、てっきり“配布物は帰りの会の前に当番の子ども達がポストへ確認しにくるハズ”と思い込んでいたのです。
・・・っていうか、“親の常識”は“そっち”を疑わなかった。。。
・・・(;´▽`)苦笑

・・・次からは気をつけましょう。。。

この分だと・・・

次回の配布物は、“印刷から配布→配布物が各家庭に届く・・・”までをその日中に済ませたければ、前日までに会長さんにはお手紙原稿の承諾をFAXなどでもらっておき、当日は、子どもを幼稚園に送っていった後、すぐ学校に出向き、朝一番で副校長先生を捕まえ(←“捕まえ”・・・だなんて失礼な表現でございますわね;)修正箇所などご指摘いただき、一度家に戻って直し、それを持って即学校へ取って返し、遅くとも10時前からは印刷機にかけないと・・・

・・・(^^;)想定して考えただけでしんどい;

他のお母様方は、よく、承認は一日、修正と印刷日、配布日・・・で、2〜3回学校にきていらっしゃる雰囲気も。。。

印刷原稿で案を練るのにかかる日数的なことでなく、ただ、印刷してまとめて配るだけで・・・働くお母さん達集団がそんな悠長なことやってられっかい!
(私達3人グループは、私を含め働くお母さんが2人+幼稚園に上がる前の小さな子がいるお母さんが1人で、なかなか予定外には集まりにくいグループなのです。)



・・・というワケで・・・


学校ボランティアは、日々いろいろ起き
ある意味新鮮なことだらけの日々です。

・・・いかにも、“お役所仕事”(←イマドキのお役所はそうではないのかもしれませんが)だな〜な、スピード感。。。

そりゃ、働くお母さんでこのゆったりスピード感に付き合うのは・・・正直大変でしょう。。。
(でも、働くお母さん達とボランティア仕事をするのは面白く、楽しく、みんな「はぃ、時間がないんだから、次!次!」という感じで、どんどん進むし、基本働くお母さんはわりきりもよく、前向きな方も多いので、ボランティア自体は思っていたより楽しく過ごせているのです。)


最後に・・・

古いシステム多々の中
そこだけはイマドキじゃん!ひょっとして!?
・・・な情報も最近手に入れました♪(笑)

PTA室の印刷機は、業者さんからレンタル契約でお借りしているようなのですが、今年度新しくなった印刷機には、【USB接続口】があって・・・

何回か運営委員をやっている他のベテランお母様にうかがったら、「もし、ご自宅のパソコンがノートパソコンとかなら、このR社のホームページに行って、この印刷機のドライバーをダウンロードしてインストールしたら、USBケーブル持っていらしたら、ここのUSB接続口に差せば、そのままパソコンから印刷できるらしいよ!・・・って、まだ誰もやったことないけれど(笑)」とのこと。

PTA室の中を見回せば、どこも一昔、いや、二昔それ以前の物品の雰囲気。
そして、「今年度新しくなった印刷機」と言われていたものも、普段仕事で目にしている印刷機関連からすれば、何世代も前風の雰囲気だったので、そーんなこと全く期待していなかった・・・ノデ、このアドバイスにはビックリ!

本当に私の使っている愛用のコンピュータから、繋いで印刷できるかどうかはわからないけれど、他のお母さんと一緒でのお仕事でない日に、ぜひ一度トライしてみたい!とは思い、興味津々。。。


いや〜・・・全てにおいて一筋縄で行くことはひとつもない?!風の新しい日々に・・・


6月上旬、すでにかなりグッタリなのです。。。

これから、梅雨シーズン到来予定。
(家の洗濯物でさえも乾きづらい、幼稚園の送迎などもしづらい、ママにはストレスシーズンだしね;_最近雨の日を楽しめるような余裕のある自分ではないなぁ〜;)

雨の中、遠距離、書類とパソコンを持って学校へ・・・なんて、パソコンが雨に濡れでもしたら?!なんて考えられないので、当分の間、原稿を持って、荷物はビニールの大きい袋にグルグルにし、雨合羽着て重装備して自転車で学校と自宅を往復するジブンを想像する今日この頃。。。

・・・(。-`ω-)ンー・・・

|

« 似ている言葉 | トップページ | “お友達”とは・・・ »

子どもの学校・保護者役員」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/45285126

この記事へのトラックバック一覧です: 学校ボランティアに奔走中:

« 似ている言葉 | トップページ | “お友達”とは・・・ »