« 学校ボランティアに奔走中 | トップページ | PTA 一年生 »

“お友達”とは・・・

先日、次男が幼稚園の年中さんの時クラスでご一緒だった方(Aさん)が、ご主人が突然の転勤が決まったらしく「6月いっぱいで転園なさるんですって・・・!」っていう情報が、次男が年長になった今、年中でも年長でも子どもが一緒の、近所のママ友(Wさん)から入ってきました。

Aさんのところの息子さんとは、年長になった今もクラスは一緒。ただ、息子達同士は、今はクラスであまり一緒には遊んでいないようですが・・・;

そんな中、Wさんが「お別れだし、せっかくだから仲良しのママ達を誘って、『Aさんのお別れランチ会』でもしない?」と誘ってくれました。

「あら・・・!いいじゃない!ぜひしましょうよ♪」ということで・・・

彼女(Wさん)がAさんと連絡を取ったり、お店を決めたり・・・などなど動く事をしてくれることになり、私は人集めをする事になりました。

Aさんに予定をうかがい、何日かの候補日を設定してくれたWさん。


さて・・・ココで問題が・・・;


Aさんの息子さん達は、普段“バス通園”。だから・・・実は、Aさん(ママ自身)と“仲良し”と言われる人が私達にはなかなかわからない・・・;

私もWさんも、徒歩通園なので、はて・・・?と考えてみるが、彼女がどんなママ達と仲良しなのかさっぱりわからない。。。

昨年年中組の時お世話になった役員さんや、よく言う、事情通そうなママ(笑)とかに「Aさんって、誰と仲がよかったのかな?園で誰とおしゃべりをよくしていたとか見た事ある?」と聞いてみるも、イマイチよくわからない。。。

Aさんは、わりと明るく元気な、それでいて誰とでも話すような気さくな方で、Aさんのところのご長男とうちの次男は、年中・年長時一緒のクラスで、うちの三男もクラスは違えど、幼稚園では次男くんと同じ学年。そんなわけで、私は彼女と昨年は一度だけとはいえ親睦会の幹事をご一緒させていただき、やったこともあるし、参観などで園で顔を合わせればよく挨拶し、立ち話くらいはする関係だったので、“ご転居なの〜?残念〜〜〜!”とお別れランチ会には、自分の中では“お友達の転居”として二つ返事だったわけだけれど・・・

これが・・・

幼稚園でまわりのママ達に聞いてみると・・・思った以上に・・・

「えーっ?そうなの?(←転居の事)そっかぁ〜。でも、私も一度くらいしかお話ししたことないんだよね・・・。」というコメント続出。

こちらは、ひょっとして仲良さそうだったんじゃない?と思って聞いてみた人でも、思いのほか、“送別ランチ会に行くほど親しくなのよぉ”な雰囲気。。。


・・・この反応には、ちょっとビックリ(;´▽`)


そして、彼女の長男くんが年少組の時のクラスで仲良かっただろう人達にもあたってみて・・・
「Aさんとは、そんなに親しいかわからないけれど、そういうことならぜひ参加させていただくわ♪」と言ってくれた数人も含め、ようやくAさんを含め9人で・・・というメンバーがだいたい決まったのです。


いや、結果的に、送別ランチ会人数“9人”とは、お話しもそこそこしやすいだろうし、適度な人数になった、と思うんですよ。

でも、例えば、幼稚園の今のクラスで“公式に”やる親睦ランチ会とかとは違うわけで、“仲良い人だけの有志で”なので、あまりにもクラス全員とか明らかに交友のなさそうな方にお声がけするのも変だし・・・するわけにもいかず・・・。

結果、その日だけで、この件でいろんな知り合いと21通もの携帯メールをやり取りする(女子高生じゃないんだから・・・;)ことになり、普段あまり携帯のメールを打ち慣れない私はグッタリお疲れ;(笑)


『送別会』とは・・・
昔転校生でちょくちょく転校した私には、やっぱり、どれくらいのつながりであれ、子どもながらに“送る会”を開いてくれて、そこに来てくれた方には特別な想いがあった記憶があります。

突然、見ず知らずの土地に引っ越しするのって・・・しょうがないとはいえ、心細いんですよ。

そんな時に、送別会をしてくれたお友達のお顔を思い出すことは・・・
私にとても勇気をくれました。


そんなわけで、このランチ会をWさんが企画してくれて誘ってくれた時は、二つ返事で即快諾だったわけですが・・・

今回思ったのは・・・

大人になると、どれくらいまでが“お友達”なのだろう・・・?ということ。

子どもの頃は、学校とか、クラスとか・・・という、わりとわかりやすい目に見える単位があったような気がするのですが、お仕事を通じて・・・以外だと、子どもを通しての社会活動になる“お母さん”の場合、どのレベルまで・・・?と、つい考え込んでしまいました。。。

“自分はお友達と思っている”けれど、実は相手はそうは思っていないかもしれない・・・とか、その逆で、きっと“相手は自分のことをお友達と思ってくださっている”けれど、“自分の中では、『知人』カテゴリーだったりするのかもしれない”・・・とか。。。

“知人”と“友人”というのは、どこまでが“知人で”、それ以上になると、どのお付き合いレベルからが“お友達”になるのかしら・・・と。。。


ずーーーっ考えていて行き着いたのは・・・


いったい、私がもし転居する・・・となった時に、“この地域のお友達”として送別会を開いてくれるようなお友達が・・・私にはいったい何人くらいいてくれるのだろうか・・・???ということに。。。

わりと普段から周りとの付き合い方がドライめ・・・という、自覚症状はある自分。少々、いろいろ考えていたら、ちょっぴり切なくなっちゃった夜でした。。。

|

« 学校ボランティアに奔走中 | トップページ | PTA 一年生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も、お友達との付き合い方はドライな方なので、このお悩みもすごーくよく分かります。。。(^-^;

この辺りの距離感って、本当に人によって全然違うんですよね。逆に、自分があまりにも付き合いが悪いので、時々は「私たち友達よね(≧∇≦)」というのも申し訳なかったりして・・・

物理的に遠距離のお友達にも、マメに連絡を取るようにすればいいのですが(今の世の中メールなんていうとても便利なものがあるんですから!)、筆無精なワタシ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ ダメですねえ。そんな私でも、付き合い続けてくれる仲間がいることに、本当に感謝感謝です(ノд・。)

投稿: すなろう | 2009.06.16 17:52

■すなろうさん

うふふっ・・・♪
なんとなく、同じように感じてくださった方がいらして・・・おコトバがいただけて・・・嬉しいです。(!?)

先日、これを書いた後、Wさんに思わず、「私の時は誰かお別れ会開いてくれるかしら〜?」って聴いたら、Wさんから、「大丈夫よ〜!心配しないで〜♪」と肩を組まれました。(笑)

なんだか大人げなくほっとしちゃった瞬間でした。。。(爆)

こんな私にも、付き合い続けてくれる仲間がいることに・・・
・・・本当に感謝感謝です(ノд・。)

投稿: うっし〜 | 2009.06.18 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/45296050

この記事へのトラックバック一覧です: “お友達”とは・・・:

« 学校ボランティアに奔走中 | トップページ | PTA 一年生 »