« 年内滑り込みぃ〜! | トップページ | つけがまわって・・・ »

小学二年生のおつかい

冬休み。

私は、子ども達には、休みの日には、休みの日らしい“社会勉強”をさせるのが・・・趣味。(笑)

『社会勉強』って書くと・・・
なんだかすごいことさせていそうですが、要するに、“お手伝い”。
それも、家の中のことでなくて、“おつかい”。
(要するに私の手抜きの口実(;´▽`)!?_汗;)

そういえば、いっつんに『はじめてのおつかい』をさせたのは・・・
彼が幼稚園年長の冬、次の春からは小学一年生!という時でした。
そぅそぅ、冬休み=お正月休み。

小学校よりは近い、大きなスーパーに、ひび(当時3歳=年少さん)と行かせたっけ。


・・・で、約2年経った今日。

しっかり“猫の手”以上になってきた彼に頼んだおつかいは・・・

気付けば、ずいぶん難しいものにランクup!

今日頼んだ『はじめてのおつかい』は・・・

もう21インチだったかの、6段変速の愛車(自転車)になっているいっつん。
1:郵便局前のポストに、自分のやり終わった後の『進研ゼミ』の「赤ペン先生」の添削を出して・・・
   ↓
2:セブンイレブンに行き、電話料金の支払い書をレジに出し、払ってきてもらい、その時に一緒に、クロネコヤマトの『メール便』をレジで手続きをして出してもらいます。
「レシートは別々にしてください。」とか、“信書ではありません”とか、ナカミがなにか、のところに、自分でチェック印(サイン)をしなくてはいけないはずです。そして、支払い。
   ↓
3:図書館に行き、先日自分で図書館から借りてきた本を返しに。

1と3は自分自身の事だし、もう最近ではよくやることですが、今日は2が初めてのこと。
ちょっとだけ・・・背伸び。

昨年、一年生の時は、元来人見知りな性格の彼は、“窓口でお願いするもの”(レジとかも)は、「ダメ、できない!」と言って、おつかいはしてくれませんでしたが、そこはもう3年生目前の2年生☆

もちろん、昨年彼が「できない!」とキッパリ言いきっていた時期には、こちらも「え〜っ;ざんねん〜〜〜;」とか言いながらも、無理には頼みませんでしたけれどね。いっつん自身から、「いいよ!手伝うよ♪」と言ってくれるようになったのが、今年の彼の成長。

世の中の漢字の読めるものも増え、いろいろなことにたいして自信がついてきたことの現れだと思います。(*^-')b

最近は、ある程度簡単な(考えないですむおつかい)ことなら、いろいろと手伝ってくれるようになりました♪

頼もしいなぁ〜☆

私は、猫の手も借りたい!ので、仕事でも、難しいものでなく、“ポストに投函する”(←請求書とか、重要なものはナニカあるといけないので頼みませんが)とか、ドコドコまで届ける、とか、簡単なものは、最近どんどんといっつんに頼むようにしています。

いや、本当に忙しい時は、地元の郵便局は近いので、大事なものもちょくちょく彼に頼むようになってきたりもしていますが。もちろん、持ち運び、安全などには、いつも以上に気をつけてね。(笑)

自分一人で、大人の人に挨拶をし、ちゃんとモノを言い、お願いして・・・というコミュニケーションを小さい頃からとれるようにする事は、とても大切!と考えての事。

最近では、ひび(年長)もずいぶんといろいろ頼まれてくれるようになりました。

我が家では、回覧板をお隣さんへ持って行って・・・というのも、上二人の仕事。
インターホンを押して、ちゃんとごあいさつをして・・・お隣さんに我が家の子ども達の顔を知っておいていただくのも重要な事と思っています。(子どもって、すぐ大きくなって、顔がわからなくなっちゃうから;)
親と一緒だと、つい、私がしゃべっちゃって、彼らの訓練にならないので、もちろん、息子達がいない時には私が持って行って、「いつも息子達が持ってきていてお世話になります〜・・・」とか世間話もしますが、これも身近な机の上でない、生きた勉強と思います。

“子どもにいろいろなことをどんどんちょっとづつハードルをあげて任せて行く”、“任務を無事遂行してくれたら、思いっきり褒めて感謝する☆”というのが、私スタイルの子育て。
この先・・・どうなって行くでしょう・・・ね?

|

« 年内滑り込みぃ〜! | トップページ | つけがまわって・・・ »

教育」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

我が家の2年生もおつかい上手です
今日も夕飯の食材を自転車へ乗って買ってきてもらいました

少し心配する父ちゃんですが、可愛い息子です

これも子育てですよね

ただ、親がどれだけなまけものになるかですね

投稿: ひでぼん | 2009.12.29 23:18

■ひでぼんさん

ナマケモノになれそうな親です(^ー^;)
でも、最近まわりで、「お兄ちゃんの面倒、小さい頃手取り足取り見すぎた〜・・・;」というお母さんに多々会って・・・
「そのおかげか、うちのお兄ちゃん、頼りないんだ〜;」というのを聞くと・・・

・・・こんな我が家でもいいか、と思うようになりました。(笑)

ホント、子育てって難しいですよね。
自分がやらせた事がよかったか悪かったか・・・は、何十年もしてみないとわからないような・・・(大汗;)

ちなみに、このおつかいから帰ってきた長男。
私が、「あれっ?レシート、2枚ないじゃん?(それぞれ一枚ずつに、と頼んだので)」と聞いたら、「ボク、ちゃんと言ったよ!“レシート別々にしてください!”って。でね、レジのおばちゃんがね、気をつけてね!って、ボクのこの袋(お財布代わりにジッパーの袋を持たせていました)にこういうの(レシート+受領証など)を全部入れてくれたんだよ。ボク、もう自分でできるのにさ。その時、入れてくれた後見たんだけれど、何枚も重なっていたから、ちゃんと言ったし、おばちゃんがやってくれたから絶対に大丈夫と思ってさ、ちゃんと入っていると思ったんだけど・・・ない???」って。(笑)

確かに、レシートは、一件、一件、内容は別になっていたようで・・・明らかに、レジのおばさまはきっと出してくれたんでしょうけれど、息子の持っていた袋に入れるのを忘れた様子。。。

「ボク、ちゃんと言ったのにな〜〜〜;」と残念そうな息子でした。

受領証があれば、一応つじつまは合うので、またお店に取りに行ってもらったりは結局しなかったのですが、「こういう時は、もらったら、一応ちゃんと2枚あるかどうか、とか確認して、もしなかったら、“すみません、2枚ないみたいなのですが・・・?”と聞けたら、120点満点だね☆」と言ったら、「う〜ん・・・」と言っていた長男です。
「こういう時は、難しいね。」って息子と話して。。。

小学校を卒業する時には、自分のしたいと思う事は、いろいろ調べたり、様々な方のご協力を自分で取り付けられる・・・とかいう能力を身につけてほしいな、と思っています。

投稿: うっし〜 | 2009.12.30 23:28

うらやましいなあ・・
犬の手は・・何もしてもらえませんが
そうだ番はしてくれます・・

このおつかいは二年生としては
すごいです!
だってクロネコメールって
結構特殊だよね・・
うちの主人ダメかも・・
男の子はお手伝いをしっかりさせておく必要がある・・と妹はニ男の母としていつも言ってます・・

今年もお疲れさまです・・
あと一日頑張りましょう!互いに!

投稿: ann | 2009.12.31 00:41

■annさん

『コンビニでのクロネコメール便出しのおつかい』は
確かに、ちょっとハードル高いおつかい、と思います。

そういえば・・・

今年、我が父が定年を向かえて・・・
初めて家のコトをやることが増えたら・・・

「こんなに生きてきたから、たいていの事は“知っているはず!”と思っていたのに、世の中、身近なことで、知らない、やったことのない初体験が多くて、毎日が新鮮だよ〜!」とのたまい・・・

母には「そーでしょうよ!そーでしょうよ!!今までみな私がやってきたんだから」と言われ、父の知らない事が、あまりに、“日常”のフツーの生活圏内のことで、私も、「そんなことが?」と言っちゃう事多々で・・・

会社で重役さんでいたからと言って、フツーの生活では知らない事多々らしいです。(笑)

きっとうちの父も、『コンビニでのクロネコメール便出しのおつかい』を頼んだら、我が息子と同じレベルだと思います。(爆)

投稿: うっし〜 | 2009.12.31 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/47144667

この記事へのトラックバック一覧です: 小学二年生のおつかい:

« 年内滑り込みぃ〜! | トップページ | つけがまわって・・・ »