« 荒川さんの時もすごいと思ったんだけれど・・・! | トップページ | 10年間ありがとう・・・ごめんね; »

『四角形』と『三角形』と『正方形』と『長方形』と・・・

『正方形』と『長方形』と『三角形』と・・・
いっつんが学校から派手にバツのついたプリントを持って帰ってきました。

息子が書いていた答えを見て・・・なんでこんな内容・・・?と思ったら、彼の勉強をした、習った時のノートに書かれていた内容がすでに派手に間違えていたことが判明。。。

・・・っで、いっつんにいろいろ質問してみました。
「“へん”ってなに?」
「“ちょう点”ってなに?」
「“直角”ってなに?」
   ・
   ・
   ・
いっつんに聞いてもきいても、ほとんどちゃんとした正解らしき解答は得られず・・・;

こりゃダメだ。。。(〃_ _)σ‖

・・・と思い、関連する、出てくる言葉を全部辞書で調べる・・・ということをさせました。

算数の宿題だったはずが、すっかり国語に・・・(苦笑)

なにが大変って・・・
“三角定規も持っていない”(←教科書には三角定規の写真は出てきていましたが)、“分度器”というものを知らない、“直角、という言葉が通じない”、“90度”という概念を知らない、“へん”とひらがなで書かれていたのを読んでも、「なんか変?」くらいの勢いのレベルなので、解説しようにも、彼に通じない言葉の羅列にしかならない、ということなんです。

たぶん、小学2年生の今の時期くらい、どこのおうちでも、みんなこんな宿題やっているのでしょうけれど、2年生で鬼門といわれる『九九』は結構気にして見守っていましたが、2年生の最後になって、『図形』でこんな鬼門があるとは・・・

完全ノーマークでした。(苦笑)

この単元に基づく言葉を国語辞書で調べるところから始まって・・・それを算数のノートに国語のノートよろしく全部書かせ・・・
(↑「国語みた〜い!♪」とのんきにウケていたいっつん。
 _(^^;)
解説をし・・・
一緒に教科書を見直し・・・
先日その単元をやったはずのチャレンジのページを一緒に見直し・・・
教科書などに出てきていた『四角形』『三角形』に続き、その後出てきた『正方形』と『長方形』の違い、『三角形』のなかでも『直角三角形』とは・・・とか、「四角形に正方形や長方形は含まれるけれど、“直角四角形”とかいう風にはなんで言わないんだろうね・・・」とかとか、ずーーーっと延々話しは長くなり。。。

夕方に見直しを始めたはずのプリント騒動で、夕飯を食べ、弟達が寝た後も、ママといっつんの“三角四角談義”は夜中まで続き・・・

なんと、普段は夜9時には寝るはずなのに、夜11時まで・・・その後、お布団に入ってからも続きました。。。


・・・エラい疲れた。。。(´-ω-`;)ゞポリポリ

たぶん、今日はもうスッキリわかるようになったと思う♪

ルンルンで学校に行ったいっつん。

昨日の宿題は、漢字二文字分のノートと、算数の、この図形のプリントを直してくる、という2つだけだったのですが・・・

プリントの内容を直そうと、見直した教科書への書き込み(教科書の重要分の説明で、□を埋める、みたいな場所)からしてすでに間違い、先生の言った事をがんばってノートにうつしてきたはずが、そもそも言葉の意味が理解出来ていなかったので、ノートに書いてきた事もバッチリ(?)もれなく間違っていて。。。

ここでこのまま行っちゃったらエラいことになるなぁ!?とびっくりたまげた(←表現古っ!)母は、トータル6時間くらい割いて彼への個人補習(補修?)授業をしたのでした。。。

いや、今までで一番時間をかけた宿題のおつき合いでした。。。


夜中、仕事の続きをする気満々だったのに・・・
息子以上に頭がシューシューいって、結局夜爆睡してしまった母です。。。

言葉の通じない人に、一生懸命ソノコトを教えるのは難しいね;おかげで、母も、『三角形』『四角形』はかなりわかるようになりました!

いっつんに聞いたら、「このプリントね、み〜んなバツばっかだったから、大丈夫!」と自信満々だったのですが・・・

・・・そこ!自信持つところじゃないですから!!
 ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノゲシッ

・・・っていうか、自信の持ち方違う!!!ってば。

いっつんの話しでは、きっと、たくさんの子が、“わからないまま”とか“わかったつもり”になっちゃう気がしました。昨晩いっつんと一緒にいっぱい勉強した母(←『小学二年生への教え方』)は、いっつんのクラスでのこの単元の補習授業の先生ならできそうだよ!となにやら違う自信を持ってみたり。。。
(でも、アタシに授業させたら6時間かかるよ!?_爆)

この単元に割かれていた教科書のページも、授業時間も、チャレンジの解説も・・・こんなに難しい理論?めいたことを教えるには、その部分がものすごく少なく感じました。

“角度”という概念や、「“90度”の“度”ってナニよ?」みたいなヒトに、これほど“直角”というのを教えるのが難しいとは。。。

「テキトーな紙を2回折って、そこに現れてくる角が“直角”」みたいな教科書の解説も、親である私が見たって、難しいわよ;

あ〜〜〜びっくりした;

“点”・“頂点”・“角”・“へん(辺)”・“交わる”・“直角”・・・
というようなことについて、国語辞書で調べさせ、説明しているうちに、意味をノートに書いていたら、数珠つなぎで“90度”・“垂直”・“平行四辺形”・・・いろいろな言葉が出てきて、それについても解説し、近くに仕事道具の一部で転がっていたテンプレート(↑上の写真に写っているヤツ)を持ってきて、「この中で、四角形はどれでしょうか?」「じゃ、正方形は?」「では、長方形は?」「このカタチとこのカタチは何が違うの?」「これが平行四辺形っていってさ、こっちは“へん”は4本あるけれど、この中に“直角”ってある?」「これ、台形っていうんだけれどさ、これは三角形?四角形?この中に“直角”はある?」みたいなクイズに答えさせているうちに・・・

ぜ〜んぶ“国語”としてサンカク・シカクなハナシをしていたら、最後プリント見直した時には、「ボクはナニが難しかったんだろうね?!」みたいになっていたいっつん。(爆)

そういえば、某大手進学塾のキャッチフレーズに『シカクい頭をマルく・・・』みたいなの、昔あったよね。。。(苦笑)
今回は親の頭がなった気がします。。。

ちゃんと言葉で言う、説明するって難しいですね〜!
“四角形”の“へん”は“直線”でなくてはいけない!とかね。
だから、“頂点は4つあっても、辺に曲線を持つ図形”は“四角形ではない”もしくは、“頂点を3つ持っていても、辺の一つに曲線が含まれる図形”は“三角形ではない”とかね。
そういえば、義務教育のもっと後半の方には、おなじ図形でも、『証明』とかいう問題もあったっけね、なんてことを思い出していました。このハナシって、今思えば、さかのぼると“小学2年生から始まっていた!”ナンテ・・・親になってから初めて知りました。(大汗;)

いやはや、大人になると「その三角形みたいなの」みたいな説明、よくしちゃいますよね。。。国語乱れまくり・・・そのうち、自分でも説明不能域に陥っていた、という感じです。。。(反省;)


さて、昨晩すっかり異常事態に時間を取られて、仕事の時間がそっちに持って行かれちゃったので、これから急いで巻き巻きで挽回、頑張らなくちゃ!
いっつんのこの教えるタイミングも逃せなかったんだけれど、こっちももっと逃せないのよ;
・・・泣きたい(;´ー`)

・・・でも、泣いてもはかどらんよね;(´;ω;`)ウウ・・・

|

« 荒川さんの時もすごいと思ったんだけれど・・・! | トップページ | 10年間ありがとう・・・ごめんね; »

学習」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/47658488

この記事へのトラックバック一覧です: 『四角形』と『三角形』と『正方形』と『長方形』と・・・:

« 荒川さんの時もすごいと思ったんだけれど・・・! | トップページ | 10年間ありがとう・・・ごめんね; »