« ふと・・・あれ?!ひょっとして!? | トップページ | 夏の怪談・・・? »

読み聞かせに楽しい!関西弁の本☆

今年度は、学校ボランティアで『読み聞かせ』を1学期何度か、3年生の教室に行って、朝の時間にしました。

大阪育ちの私。

子ども達に読み聞かせをしてみて、反応がいいのが・・・
大阪弁での読み聞かせ☆

標準語で育ってもいる私だから、普段は全く大阪(弁)育ちなのは、周りの人は気づかないんだけれど、そこは大阪で育ったのもあり、標準語の本と関西弁の本と・・・両方を声に出して読むと、実は関西弁の方が読んであげやすい!!!ということに、今年気づきました☆(遅い?)

いろいろな児童書に触れるようになって・・・

今、私自身がハマっているのが、村上しいこさん、という方がお書きになった本♪

関西弁のもの、そうでないもの、とあるのですが、私はやっぱり関西弁のものが好き☆

私の住んでいるのは、東京都市部。
子ども達は、生まれたときから『東京の子』なので、全く関西弁はしゃべれません。

私の実家は関西だけれど、親は二人とも関東育ちのヒトなので、関西での私の育ち方といえば・・・、学校では関西弁・兄弟喧嘩は関西弁・友達との会話も関西弁・親子の会話(家の中)は標準語・・・という、今から考えると、ちょっと妙なものです。(笑)

私の親はといえば・・・
ウン十年ももう関西に住んでいるのに、全く関西弁イントネーションの入らないヒト達です。。。
何十年住んでいても、関西の人からしたら、会話したら「よそのひと」って感じだろうな〜・・・ってくらいなもんで。
本人達は、「語学の学習能力イマイチってこと?」みたいに言っていましたが、そりゃ〜見事な、関西では、標準語での目立ちっぷりなヒト達なのです。(笑)

・・・だけど、暮らしっぷりは関西が身に付いているので、フツーに“標準語で値切る”んだけどね・・・
 (;´▽`)笑


さて、話しがそれましたが、そんなバックグラウンドを持つ私が、“学校で読み聞かせをするのにどんな本がオモシロいかな?”と、持ち時間が15分程度(1人で担当したり、2人で担当したり、と日によって違ったりするのですが)で、ここのところ選んでいる本が村上さんのご本。


実は、最初は、“関西弁での読み聞かせ”なんてする予定もなかったんですが・・・

ある時、子ども達と図書館に行っていて、いろいろな本を見ていて、『みんなのきもち』に出会いました。

パラパラとめくってみると・・・
なんと、文章が関西弁!?
関西に住んでいても、『教科書は全て標準語で書かれた教科書』で育った身としては、“本が関西弁で書いてある!!!”というのは、結構な衝撃でした!

自分で読んでみたら・・・読みやすい。こんな児童書もあるのね〜・・・と思い、内容も楽しそうだったので、もう一度家で読んでみよう♪と図書館から借りてきました。

家に帰ってきてから、私だけがパラパラ・・・と読んでいて(黙読)・・・そうしたら、いっつんが、「それ、なに?」っていうので、標準語で育つ彼らに、関西弁で読んであげてみました。

そうしたら・・・

ものすごい食いつきがよくて・・・ゲラゲラ・・・楽しそうに真剣に聞き入ります。。。

そうか!この子達には、関西弁は新鮮だし、耳触りがよいんだわ☆ということに気づき、それからは、村上さんのお書きになる内容もとても気に入った私は、みつけると村上さんの本を借りてきて、我が息子達に読んであげていました。

そのうち・・・
「・・・これ、東京の子ども達に読んであげたらどうなるのかしら?」と興味がわき・・・

ここのところ、機会があり、時間が少しとれる時には、これらの児童書を持って学校へ行き、『読み聞かせ』の時間に、関西弁(関西イントネーション)で披露(?)することにしました。

そうしたら・・・やっぱり!
反応がとってもいいんです☆

標準語で読むより、ずーっとみんな集中するんです♪
もちろん内容が面白い、理解しやすく引き込まれやすい、というのもあるんだと思うのですが、方言ってどこか耳にやさしく、聞きやすいんでしょうかね。

たまに、出てくる、関西でしかしない言い回しの言葉には「なに?どういう意味?」なんていう質問も途中入ったりして・・・そうか、こういう言葉は標準語ではつかわないっけねぇ、なんてこちらが気づかされたりします。そんなやりとりも楽しくて♪

『標準語での読み聞かせ』は他のお母様におまかせし、私の担当する会では『関西弁での読み聞かせ』もいいなぁ〜♪と思うようになり、最近、村上さんの本の中から気に入ったものを少しづつ集めることにした私です。


※これらの本は、東京(関西弁圏外)で読むとしたら、2,3年生レベルくらいにいいと思います。
関西弁圏内だったら1年生からいいと思いますが。もちろん、もう少し上の学年にも読み聞かせなら楽しいと思います♪

そういえば・・・
昔、家の中と教科書と・・・は、関西でも『標準語モード』だった私は、友達にも、「なんで大阪弁でしゃべるのに、手紙は大阪弁やないの?」って言われていたっけ。その時は、“関西生まれではない私”は“手紙は教科書と同じジャンルってことか?”と自分の中のエリア分けに、“書き言葉”だけはあまり関西弁にならず、フツー(?)だったことを思い出しました。いくら友達に言われても・・・自分の書く、関西弁の手紙は・・・なんだかどこで区切ったらいいのかわからず(たぶん関西弁の活字組が見慣れなかったせいだと思う;_笑)気持ちが悪かったから、確かに大阪弁でしゃべるのに、手紙になると急に標準語で書き、内容になる私だったから・・・当時の友達は??だったんだろうな〜。。。


関西弁は・・・

たまに、SNSでのやり取りなどには関西弁を使いますが・・・いやはや、PCでは変換しにくいね〜!(笑)
そんなわけで、PCでなにか書く(打つ)には、やはり標準語のほうが楽だと思いますが・・・
生粋の関西の方は、PCに漢字まじりで大阪弁フレーズを打っても、ちゃんと変換してくれる、「大阪弁変換」とかあったら嬉しいんだろうな〜・・・と。(爆)

「広島弁変換」もあったら楽しいんだろうな〜・・・

少ない知識の中では、特に、青森弁は・・・辞書機能が欲しいわ。(笑)
昔、大学の頃、友達が実家に電話して(東京から)実家のお母様としゃべっているのを聞いて・・・何語?!と思うくらい端で聞いていてわからなかったっけ・・・(懐かしい記憶。。。)


【ご紹介】
▼村上しいこさんのホームページ
「童話作家 村上しいこのホームページ」

▼読み聞かせするのに、とっても印象深い、子ども達から見やすく伝わりやすい絵を多数書かれている長谷川義史さんのホームページ
「絵本作家 長谷川義史ホームページ」

|

« ふと・・・あれ?!ひょっとして!? | トップページ | 夏の怪談・・・? »

子どもの学校・保護者役員」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

なるほど読み聞かせで関西弁は新鮮そうですね
こちらでは関西弁の読み聞かせは普通
逆に標準語では???の世界かな?

どれだけ練習をしても細かな表現は関西人にしか出せないと思います
“うけ”ネライで頑張って下さい
楽しくなければ読み聞かせじゃないから

関西弁変換 ATOKで出来たと思いますよ
Mac版はどうだったかなぁ?
調べて見て下さい

投稿: ひでぼん | 2010.07.15 11:17

■ひでぼんさん

そうなんです。
関西弁環境で育った私は・・・東京の子が、テレビから聞こえてくるのではない、生の関西弁は新鮮なんだ・・・ということに、つい最近まで気づきませんでした。(笑)

でも、いつも標準語でしゃべっている母が、新大阪で新幹線から降りたとたんに大阪弁スイッチが入り、店員さんやら駅員さんやらとも関西弁で急にしゃべりだすのは、母が母じゃなくなったみたいで、息子達にとっては、ちょっとキモチワルイらしいです・・・
(^^;)

そうなんや〜!
ATOKで関西弁変換なんてできるんですね〜!?
知りませんでした!

投稿: うっし〜 | 2010.07.15 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/48881570

この記事へのトラックバック一覧です: 読み聞かせに楽しい!関西弁の本☆:

« ふと・・・あれ?!ひょっとして!? | トップページ | 夏の怪談・・・? »