« 普通救命講習 | トップページ | 走り回って・・・ »

普通救命救急講習は「一般教養」科目では?

昨日は『普通救命救急講習』を受けて・・・メデタク、普通救急救命・認定資格証『救命技能認定証』もいただきました。
この制度は、東京都独自?とも聞いたことがあるような気がしますが・・・。
詳細は、こんな感じ→「東京救急協会が実施している救命講習などのご案内」
なのですが。

東京都では、「救急車が来るまでに、通報から6、7分かかる」ということで、この時間の間にいかに人を助けられるか、で、その後の命の助かり具合が全く違うのだそうです。

昨日、9月9日は「救急の日」だそうで、このことが、大きく取り上げられていました。
(申し込んだ時点_夏の早い頃_には、全く“そんな日”とも気づかず申し込んでいましたが_笑;)

「救急の日」東京消防庁が救急セミナー(Yahoo!)
日本テレビ系(NNN) 9月9日(木)22時5分配信

「救急の日」東京消防庁が救急セミナー
日本テレビ(NEWS24) 2010年9月9日 21:54配信

東京都内での救急車の出動件数は去年1年間で65万件を超えているそうで、逆に言えば、市民レベルで意識を高く、少々の応急処置までできるくらいに持って行かないと、人口多すぎ?!という事態からも、こういうことに力を入れているのかな?と思いました。

東京都では「#7119」で、「救急車を呼んだほうがいいかしら?」「今すぐ病院ヘ行ったほうがいいのかな?」など、救急車を要請するかどうか迷ったときの相談窓口として、東京消防庁では「救急相談センター」が開設されています。


↓詳しくは・・・東久留米市ではこんな感じ。

   ***

『救急相談センター』(#7119)
 「救急車を呼んだほうがいいかしら?」「今すぐ病院ヘ行ったほうがいいのかな?」など、救急車を要請するかどうか迷ったときの相談窓口として、東京消防庁では「救急相談センター」を開設しています。
  同センターでは、専門医療チーム(医師、看護師、救急救命士など)が24時間、年中無休で次の通り傷病者に関する相談にお答えしています。
▼救急搬送の必要性の有無(必要な場合は直ちに119番へ転送します)
▼応急処置の仕方の説明
▼診察可能な病院のご案内など

 同センターの電話番号は、#7119または 電話042・521・2323です。
 救急車の台数には限りがあります。緊急性のない場合は自分での通院を、迷った場合は同センターの利用をお願いします。なお、緊急性のある場合は、遠慮なく119番通報をしてください。
  併せて東京消防庁では、救命講習の受講をおすすめしています。

詳しくは東久留米消防署 電話042・471・0119へ。

   ***


そもそも、この講習は以前から受けてみたかったのですが・・・なかなか、時間と機会がちょうどよいことがなくて・・・

でも、このセミナーは、小学校のお手紙として告知が配られたので、すぐ申込ができました。

『普通救命救急』認定がほしく、受講してみたかったのは、
「母親の一般教養」と以前より思っていたから。

息子達もどんどん大きくなり、連れて出歩く機会も増え、川遊びにつきあってみたり、行動範囲も大きくなってきていろいろつき合うことが増えました。そんな中、もしも、息子達になにかあった時・・・家族になにかあった時・・・救急車がくるまで、私にはただひたすら、見守ることしかできない??_そんなのは困る!!

・・・というのが動機です。

この講習は、実際にお人形相手とはいえ、何度も実際にやりかたをやってみて、人工呼吸や、心臓マッサージ、AEDなどを使ってみる、という、想像以上にかなり内容の濃い研修でした。

最初は、映像やテキストを見て学びます。その後、実際にやってみるのですが・・・

これがかなり難しい!!

正直なところ、昨日かなり練習をしてみたように思いますが、いざ、生身の意識のない人を前に、自分がイザって言うとき役に立つのかしら?!と。これをいつも使えるように、いざ!という時に使えなければ意味がないわけで・・・そういう時に使えるようにしておこうと思うと、結構普段から、例えば、一ヶ月に一回くらいは、テキストに一通り目を通し直しておかないと・・・(なにせ、そろそろアフラフォー頭なわけで・・・;)と思いました。

非常に有意義な講習でしたよ♪

やはり、私と同じように思われたのか、私が参加したのは午前中の部(小学生・幼稚園児保護者でも、子どもが家に帰ってくるまでに間に合うので)を受講していたらしき、同じような方がたくさんいらっしゃいました。

もう一つビックリしたのは、参加人数の多さ!!

昨日は、救急の日ということで、「目指せ!909人参加!」という主催者側の思惑だったようですが、午前と午後を会わせれば、軽くその人数は超えていたと思われます。近隣の市からの参加や、中国人の熱心な団体の方々のグループも何グループも参加され、みな、とても熱心に講習に参加されていました。“少しでも命を救う役に立ちたい・・・”という思いに、国境はないのだと、強く感じさせられました。

テキストや映像には、英語や中国語はなかった様子なので、中国語の通訳さんが、一生懸命通訳され、みなさんそれに熱心に耳を傾け、いろいろ中国語でその通訳さんに熱心に質問されていた様子が、とても印象的でした。


普及活動として、私が参加した、午前の部には、元WBAの飯田覚士さん_「9月9日は…何の日でしょう?」(@飯田覚士さんのブログ)とアスレティックトレーナーの岩崎由純さんがきてくださいました。

『普通救命救急』資格は、3年ごとの更新制だそうで・・・

でも、すごいなぁ〜!たぶん、昨日「更新」で講習を受けていらした方もいらっしゃるとは思いますが、きっと、そのうち半数くらいは、初めて!「新規」だった方とお見受けしたんです。

おなじ所に住む市民のうち・・・この処置を覚えた人が、500人位増えたのかも!?と思うだけで、なんだか温かい気持ちになったのは・・・きっと私だけではなかったと思います。

『普通救命救急』資格は、中学生から取れるものだそうです。(心臓マッサージなどをする、体力的問題で、“中学生〜”みたいです)

うちの子ども達には、中学生になったら、まずは、これを身につけてもらう!ということに、我が家の「一般教養科目」として、方針にすることにしました。(笑)
やっぱり、男の子3人!これくらいはできるようになって、通学中など、道をぼーっと歩いていても、イザッ!!という事態に遭遇した時には、少しでも人様のお役に立ってくれる子にしておかないと!!と昨日強く思った母なのでした♪

(都内には“中学3年生になると学校で全員この講習を受ける”という市もあるそうで・・・東久留米市ではどうなのかな?と思いました。東久留米市もそうだといいのにね♪←質問するほどの余裕はなかった;)

そういえば、「東京消防庁にも3台しかない!」という『スーパーアンビュランス』(特殊救急車)が見られたことには感動しました!

そして、地震体験車『起震車』の体験も、とても貴重でした!
たぶん、小学生以来くらいに乗りましたが・・・「震度7での20秒間!」はすごかった!!


あんまり長くなりすぎたから・・・続きはまたにしよう♪

|

« 普通救命講習 | トップページ | 走り回って・・・ »

「ワタシのオススメ!」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/49405715

この記事へのトラックバック一覧です: 普通救命救急講習は「一般教養」科目では?:

« 普通救命講習 | トップページ | 走り回って・・・ »