« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

チャレンジ「じゃんぷ」中★

チャレンジ「じゃんぷ」中★
兄二人のスイミングスクールにお付き合い中のむぎ。

兄二人は水泳中…むぎはチャレンジをやっています(^_-)-☆

以前はこんな風に落ち着いてできませんでしたが、なんだかここのところ急に字に関心が出てきて(←今まで、煽ってもナニしても、なかなか興味を持って自分から書くところまで行かなかったのですが…

やっぱり年長さんも夏くらいになってくると、男の子でも文字に興味が出てきてくれるようになり…ちょっとほっとしています♪

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みのお昼ご飯の悩みと省エネと...

うちの息子達は、「ご飯(おやつ)を作る」ということに興味があってしょうがない様子。。。

小学4年生になったいっつんは、「手芸・料理部」に、4~6年生まででただ1人、男の子で加入して...(←いや、楽しいことができれば男の子も女の子もないでしょ!と応援しているけれど、自分が小学生の頃を考えたら...あの中に男一人って...ある意味すごい度胸だ!?とは感じる。。。)でも、本人はなかなかに楽しんでいる様子な...そんな男の子。

今年の夏休みからは、学童も卒所してしまった(うちの学童は小学3年生まで、なので)のでうちにいる。。。
そして、すぐ「おなかが空いた」とウルサいが“たいして食べない”三男もいる。。。

あぁ゛~っ...!!! 考えただけで昼食がメンドクサイ。。。と思っていましたが...

そうだ〜♪
一品、毎日長男に作ってみてもらおうかな♪
基本、お昼ご飯は、たくさん食べる...というより、親も「つまむ」くらいで十分だから。。。

長男に、三男と楽しく食べられそうなものを作ってみてもらおうかしら♪

...というのも、昨日、暑さ対策から、ずーっと考えていた『IH電磁調理器』を買いました★
(ネット通販で買ったものが⇒ようやく到着→使い始めました♪)

Panasonic IH調理器 ホワイト KZ-PH31-W
Panasonic IH調理器 ホワイト KZ-PH31-W
パナソニック 2009-10-01
売り上げランキング : 638


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨晩初めて、パスタをゆでるのに使ってみたのですが...まだまだ私は、あの“火加減を調節する”というのから脱していないので、どうもお湯がどんな風に湧くのかすらおっかなびっくりやっているのですが。。。
調理器具の熱の持たなさ具合はスゴいね!!!
⇒でも、昨晩は結局大鍋にお湯を大量に湧かしたので...フタを取ればもあぁ〜んという湯気に...結局暑いもんだね...;と思ったのが成功だったような失敗だったような感じでしたが。。。(笑)

なるべくクーラーをつけないようにするため、まずは同じ電力を使うにしても“室温を上げない”という意味で、ガス台を使う量を減らす事にしてみました。。。

うちにホットプレートのお鍋タイプ...みたいなののちっちゃいの(家族5人でつつくにはかなりもう小さい感じになってしまった;)があるのですが、コレを処分してもいいかなぁ〜...という風になりました。だって、IH調理器の上に、深さのあるお鍋みたいなのをのせれば...これと同じ使用用途で使えるものになりそうだものね。。。
(2〜3人家族くらいの方、誰かご入用などあります??)


さて...そんなわけで、お昼を作るくらいなら、電磁調理器と電子レンジでできるよね★
それに、ソレなら、“火傷の心配が減るか!?”(←小学4年生にもなれば...“火”でなければ痛手が減るかと。。。
ただ、IHって、熱いのかそうでないのかがなんとなく目で見て判断できないのが...難しいね。。。
これはまた私が使い慣れないから、ということで余計に思うんでしょうけれど。。。(⇒そんなだから、まだどうも教えられない。。。;)


普段からもあまり部屋数などない狭い家に住んでいるので、クーラーは限られたところしかつけていない⇒なるべく夜までは入れない...としているのですが...今年は、ますます(死なない、病気にならない程度に)省エネにするには、生活の仕方をちょっとずつ変えて電気代を下げていく...としていこうとしていますが、どうなるかな~...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

足のサイズが一緒に...!?

今朝...「靴がきついから新しいの買って!」という人と、「買ってあったけれど、まだ靴大きいみたい?」という人が玄関にいて... 長男と二男の足を、座って足の裏をピッタリ合わせるみたいにして座らせてくらべっこしたら...同じ大きさだった!!!

足の大きさをくらべっこさせてみた長男と二男...年齢2歳差。足は...というと、長男は人差し指が一番長いカタチ。二男は親指が一番長いカタチ...で、久しぶり(いつぶりだかもナゾ;)にマジマジと見てみたら、ずいぶんカタチが違っているもんだと関心。それにしてもデカくなってきたもんです...;

それに引き換え...
三男は、これまた二男と2歳差ですが、靴は二男より4cmも小さい。。。




【只今の記録】
小4:クラスで背の順⇒一番前長男:いっつん_21.5cm
好きな靴:「バネの力」とかうたっているスピードスター

小2:クラスで背の順⇒前から3番目程度二男:ひび_21.5cm
好きな靴:「瞬足」

年長:クラスで背の順⇒前から2番目三男:むぎ_17cm
好きな靴:「瞬足」




最近では、靴はお下がり出来ず、見事に履き潰す上二人。やっぱり小学生になると靴は消耗品だなぁ〜...とつくづく感じます。
長男と二男は足のカタチが違うので、好きな(本人達が足に合っているとしている形)靴も違います。。。

さて...
夏休みは、兵庫の私の実家へ3人で遊びに行かせてもらうので...みな、靴を一足づつ買って頂くといいんじゃないの??...な〜んて...

最近、好みもウルサくなってきて、本人達と一緒に買いにいかないとブツブツ言われるので...靴屋を事前に下見(3人それぞれが好きそうなデザインのがあるか、と、サイズがあるか、もちろん価格!!!も★)に行くのがものすごくしんどくメンドクサイです。。。

だって...靴屋さんによって、本当にデザイン、置いているサイズ、価格が違うんだもの。。。;
ちょっとの差でも、3足同時購入!?とかなった場合には、差額で他にナニカ買えるんじゃない?くらいに違うので、ついたくさんのお店を自転車で下見しすぎてグッタリ。。。;とかになっています...

子どもって...一度、そこのお店ので気に入っちゃうと「これがいぃ〜!!!」と動かなくなっちゃう!ノデ、下見の結果、最初から連れて行ってはいけない(価格の)お店には連れて一緒には行かないの。。。(爆)

『デザイン形落ち品』とかで安くなっている靴にしたい母(←ブランドは一緒!)の場合には、息子にプレゼンするのが本当に大変!(笑)
息子が納得さえしてくれれば、ソレを買えるからね〜...

今朝、長男に「いぃなぁ〜!ひびは! オレなんてこの靴、もう5ヶ月も履いてんだぞ! ひびはもう新しくなっていぃなぁ〜...!!!」ってブツブツウルサイから言ってやったわよ!

「ママなんて、この靴、もう3年も履いているわよ! ナニカ文句でも???」と。。。
(大人げない...;)

ちなみに、ひびは、ものすごい運動量なので、学校の休み時間も外遊び。休みの日も外に遊びにとんでく...土日はサッカーしている...ような、時間さえあればずーっと動いている生活タイプ。

長男のいっつんは、休み時間もお教室で過ごし...お休みの日もわりとうちにいて...という感じ。

そりゃぁ〜靴の減り用は全く違うのもしょうがないのです。。。

すごいよ!?ひびのくつなんて...裏は穴が開いてくるわ、甲のあたりは裂けてくるわ...
そりゃ、「ねぇ...靴...もう壊れそうなんだけど...買ってよぉ〜...!」と言われれば...なんとか買い替えてやらんとね...;とこちらがしょうがなく思うレベルまで...使い込んでいます。。。(→むぎへの靴のお下がりなんて完全ムリ;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子達のごもっとも!な指摘;

昨日、子ども達のスイミングの帰りに、ガソリンスタンドに給油に寄りました。

何回か行っているセルフのスタンド。

いつものように車を停めたら... !?

給油口の場所を間違えました。。。(〃_ _)σ∥

3ヶ月前まで乗っていた車は、給油口が「右側」にあったのですが・・・今乗っている車は「左側」。

やれやれ・・・;と思い、車の運転席によじ上り(←こんな感じなんです、私が今の車に乗る感じ;)、車の方向を入れ替えました。
しかーーーし...やはり習慣とは恐ろしいもので、どういうわけか、また空いていた隣の枠に入ったら、右側に機械が来るように車を停めてしまいました。。。(〃_ _)σ∥

たぶん、私の成り行きを見ていらしたガソリンスタンドのおじさまに「あのぉ〜...反対...ですね...」と言われ→苦笑のワタシ。。。;

オホホホホッ・・・ (;´▽`) と笑い、また車に乗って・・・
⇒また車を移動。。。赤面;


   ε-(;-ω-`A) フゥ…恥;


ようやく無事給油口を開け・・・
⇒思いのほか車があったまっていたのか、給油口の中蓋を開ける時に「ブシューーーッ!!!」と車に言われ、今まで知らなかった車の反応にまたビックリ!・・・Σ(´Д`;)


よくよく考えたら、私、この車にそこそこ乗り馴れてきたとは言え、自分で給油するの、初めてでした。。。!? これまたビックリ;


前の車は右ハンドル車だったのですが、「右車線を走る車は右側にたいてい給油口がある。左車線を走る日本車はたいてい給油口は左! ママ!覚えておかないとダメだよ!!」といっつんに言われました。。。「えーっ!?そうなのぉ〜??」といっつんの知識にビックリした母。(←もう運転免許取ってヘビーに運転する生活、18年くらいやっているのに、知りませんでした。。。恥;)

今と同じ車も、レンタカーを借りて以前何度となくガソリンスタンドも行ったような気もするのですが、レンタカーの場合、“セルフ給油スタンドでなく、スタンド員さんに給油してもらうガソリンスタンドで入れる事”となっているので...よく考えたら同じタイプの車でも、自分で給油するのは初めてだった。。。。;と気づいたのですが。

セルフ給油自体が初めてなわけではないので、給油をいつものように開始し・・・

・・・んっ??? 今度はなんだか給油している感じがナニカおかしい・・・っが、私はトリガーノズルを引いてちゃんと給油しているはずなんだけれど・・・?と思いつつ、いくら握るも、どうもガソリンが入っていっている気がしない。。。

変だな〜・・・;と思っていると、今度は車の窓をひびが開けて、「ママ!機械の数字のところが何にも動いてないよ!たぶんガソリンぜんぜん入ってないと思うけど??」と言われました;

車には疎いひびにまでこんなことを言われるなんて・・・;と思いながら「大丈夫!ママ、ちゃんとココ(トリガーのノズル)握っているもん!ガソリンは出ているはずなのに、メーターが動かないんだよぉ〜!」と機械のメーター部分も見ながらひびに言っていたら...
⇒あくまで“私は悪くない、機械の調子が悪いに違いない!”の立ち位置?

またガソリンスタンドのおじさまが近づいてくださって、⇒メーターを見て...私が給油している給油口あたりを見て...
⇒「ココ、ちょっと浮かせて、少し持ち上げているようにするくらいで給油しないと、空気が出て行かなくて、ガソリンが入っていかないんですよ・・・」と。。。

ハイエースの給油口のところは、かなり細くて...→ガソリンのノズルで径がいっぱいになってしまうんですね。。。(→空気が出ていかないと正常に給油が出来ないという理由とは。。。;)

3ヶ月前まで乗っていた車は、外国車だったので、給油口の径がもっと大きかったんですよ。

・・・いやはや・・・;
自分ちの車なのに、給油すらうまくできなくて、息子達にとっかえひっかえアドバイスされ。。。

給油が終わってからのいっつんのハナシでは、「ガソリンスタンドのおじさんがママのこと笑いながら見てたよ...。ちっちゃいママが車のこといろいろ大変になってたからじゃん? 笑いながらお見送り(スタンドから出る際の誘導)してくれていたよ。(笑)」だって。。。


あ゛ぁ。。。(〃_ _)σ∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男(小2)の夏休み『自由研究』の為の自由研究

震災ショックが少し一段落してきた...?と思ったら、今朝も青森・岩手でまた大きな地震が起きましたが。。。

3月11日に起きた「東日本大震災」ショック...;
それ以降、あまりにも日常が日常でない日々の中...
昨「年度末ショック」(←毎年のことですが、子ども達や仕事の年度末は忙しい;)

そして、4月になり...
「新年度」ショック(←これも毎年のことですが、仕事の“年度初め”に、子ども達の“新年度”が重なり、保護者会も3回、役員決めドキドキ会も4回(幼稚園1回+小学校2クラス分=2回+学童保育所1回)をクリアーし...

5月になって、今年度は、いつもなら“秋”実施の小学校の『運動会』が、“春開催”となり...
⇒新年度2月目にしてドタバタドタバタの運動会イロイロ。。。
→春だっていうのに“台風”が来て、延期→延期→・・・平日開催;みたいな...とか。

あぁ...
ようやく一段落した?と思ったら...
もう目の前には、『計画停電になったら...?!』に怯えながらも『ザ・夏休み!』予告が多々。。。

母にとっては、早くももう「夏休み・子どもの宿題面倒見ショック」の予報が...;


「しょーじき...なんだか...しんどい...;」


でも、子ども達の今の年齢での夏休み、今年は“今年しかない!”と思うので、母ガンバ!!!とひとり喝★
(...いや、アタシにとっても“今日より若い日はナイ”ワケだけれど...“子どもの一年分”ほどは、「一年」と言っても、進展も後退もない...感じ...??)


昨日、むぎ(三男)と図書館の読み聞かせ会に行ってきました。
むぎがお話を聞いている間、図書館の中をぶーらぶら。。。
(昨日は、まだ6月...というのに、高湿度猛暑だったので、「図書館のお話会に行きたい!」と言われたのは、「公園で遊びたいのに...」と言われるより、親としては大変助かりました...)


そんな図書館の棚の中でみつけたのが、コレ♪
なんとも二男(小2)の夏休みに一緒に切り紙したい★と思う素敵な本に出会いました。
「昆虫大好き二男!!!」
他にもこの手の本は出ているような気がするのですが、今までそんなに欲しい!と思う本には出会わず。。。

しかしながら、この方(今森 光彦さん:すでにうちに『昆虫記』など今森さんの数冊のご本アリ。)のラインの描き方、簡略化したカタチへの落とし込み方、小学校低学年でもハサミが器用に使える子なら素敵に出来ていきそうな絵柄。。。にとてもワクワクいたしました♪
ぜひ購入してみたい予定★

わくわく切り紙昆虫館わくわく切り紙昆虫館
今森光彦

童心社 2010-07-25
売り上げランキング : 211907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

切り紙昆虫館―ハサミで作ろう!切り紙昆虫館―ハサミで作ろう!
今森 光彦

童心社 2009-07-30
売り上げランキング : 63211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これで▼この本にあるみたいにして自由研究の一つとしていっぱい作ってみようかな、と。

今森光彦の魅せる切り紙今森光彦の魅せる切り紙
今森光彦

山と溪谷社 2008-07-14
売り上げランキング : 296938

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これらの本をココにメモしておいて...
夏休みにうちの実家(兵庫)で私の両親に一緒にやってみてもらうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PTA室の棚の引き出しを開けたら...

今日も小学校のPTAのシゴトで学校へ行ってきました。
まぁ...内容はイロイロあるわけですが...
そーいう話ではないのです。。。(笑)


朝から会議前に作業があり、そのためPTA室に行き...
⇒使う道具を取る為に、いつも(?)の引き出しを開けました。もちろん“共用棚”みたいなところの。

そーしたら...
なんだかいつもよりすごーーーくキレイに片付いていてビックリ!

それが...なんていうのかなぁ〜...

フツーにただ“整理整頓した”というのではなく、なんというのかしら...一瞬にして、ナニカ、ものすごくお片づけに才能がある方が片付けたに違いない!と思う、引き出しを開けたとたんに察知するくらい、なんだかわからないけれど、ナニカ、ナニカすごく違う!!!とわかる、そんな雰囲気でした。

いや、引き出しに入っていた物は、ステープラーやクリップや筆記具や...まぁまぁ、どこの家にでも引き出しに入っていそうな...そんな文房具類だったワケですが。。。

こんな、引き出しをあけた瞬間に、“ナニゴト???”と感じたのは初めてで...(爆)

ビックリした私は、そのあたりで作業をしていたたくさんの役員さん達に、「ねぇ?これ??どうしたの???」と思わず聞いてしまいました。

他の役員さん達は、どーかした???って感じで、何かヒトリ緊急事態でも起きたのか?!って感じでこちらの話にのってくださいました。

「ねぇ?なんか、いつもと違って、すごーーーくキレイに片付いていて...それも、私なんかには、同じように絶対に片付けられない!!!って自信のあるくらい、なんかスゴくスゴくきれいなんだけれど...どなたがこういう風に片付けてくださったの???」と聞きました。

そうしたら、その場にいたある方が、「○○担当のOさんよ!いつだったか数日前に来た時に片付けてくださったそうよ!」と教えてくれて...

私が「片付けの下手な私が、どんなに自分の最高能力レベルで片付けても、ぜーーーったいこうはかたづけられない!って感じが、引き出しをあけたとたんにしたの!!! なんていうの?こう、あけた引き出しからキレイ〜!!!っていうオーラみたいなのが感じられるくらい、なんだかただ者ではない人が片付けた気配が残っているの!!!」と一人感激していたら...

...その後の「そーいえばOさんって...」というハナシにまたたまげました!

「そういえばね!Oさんちって、うかがうと、モデルルームでしょ!★ってくらいにすごーく片付いていて、それもホントモデルルームみたいに素敵なのよ〜!
確かね、今お住まいのおうちが新築だったころには、テレビだか雑誌だかで紹介されたそうよ〜!♪」...というハナシ。

いや、フツーにお会いしてお話しても、とても感じのいい素敵な方だし、いつもキレイ(格好やお化粧や...も)にしていらして清楚...というのとも、ギラギラ...という感じとも違う、なんていうのか、明るく素敵な風をまとっていらっしゃるような...そんな感じのかわいらしい方なのですが...


今日は、その引き出しの中や、彼女が整理してくださったらしい...という辺り(棚の中とかもナニカいつもの片付き方とは違う、モノを減らして無理矢理かたづけた感とか、そういうものが一切全くなく、でもものすごく自然なんだけれどものすごく使いやすくスッキーーーリ押し付けがましくなく片付いている感じ)を見て...
“片付けの才能がある”→そーいう人がやる片付き方っていうのは、こーいう感じなんだ。。。と感動をしました。。。

それと同時に...こういう感じを目指したい!と思いつつも、絶ー対に私にはできないんだろうな...という、不戦敗...というか、ホントにデキル主婦ってこんな感じなんだ!と...「参りました!」とかご本人いらっしゃらないのに言う感じ...そんな経験をした...

...という、そんなハナシです。。。


うちのお世話になっている小学校のボロさはものすごいのですが...それでも、あんな美しく片付ける事はできるのよね。。。と感動。。。

うちも...
私の能力ではあんな風なオーラ(?)が出そうには片付けられそうにありませんが...なんとかしたい...;と弟子入りさせていただきたい気持ちになりました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ため息しか出ない…

ため息しか出ない…
この前一緒に何回もやったじゃん…!

あんなに散々一緒に練習したじゃん!!

この前の小テストの事前練習で何度書いたよ…!!!

なんで毎度こんなに新鮮に間違えられるんだよ…!!!!


あぁ…


お兄ちゃんはいつも漢字テストで満点なのに…とかは言いたくないのよ…

でも、お兄ちゃんとやってきた方法も、あなたには全く活かされない…;


「どの字も違いますから〜!残念!!!」


辞書をひかせたり…
何度となく書かせたり…
…あとはどーすりゃいいのよ…(*_*;)


子育てって…ムズカシイし…大変…(+_+)

おかげさまでいつも新鮮で⇒ぐったり…
…(T_T)

いつも「こんな感じの字だったはずなんだけどな〜… あれっ!?なんか違うか?! こんな? いや、こんなだったっけ??」という感じで漢字を書いている“超”フィーリングオトコで、いつも新鮮ポジティブオトコな次男…に、母ぐったり…;


(BY:モブログ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

教育ってムズカシイ。。。

今日は小学校の『学校公開日』にて授業参観に行きました。...っが、授業を見ていても特に問題のない長男に引き換え、二男の授業中の態度の悪いことったら...(恥;)今度学校に行ったら「授業中の態度でうちの息子が悪いと思った時には厳しくご注意ください!」と担任の先生に言いに行くぞ〜;

漢字テストで満点が自慢の長男と、何度一緒に勉強までしても漢字テストには珍回答続出の二男。。。どっちも親は一緒で教育方針も一緒...なはずなんだけれどなぁ~...

 ・・・┓( ̄∇ ̄;)┏

一人目での経験が二人目に全く活かせない母なワタシ。。。

いかに我が子であっても“ジブンとは別人”と意識させられる日々。。。

「アタシとはそーいう部分は全く似てないね!」と思い込みたいダケなのか?!→ジブン

...って、どーいう部分が多々なのかは...ナイショ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ都立でも学校によって入試スタイルはずいぶん違うのね...

いっつんも小学4年生になり...
周りはちらほら塾に行き始める子も出てきて...
しかしながら、私は、“家でできるものは、家でやればいいんじゃん?”とその辺りは考えていて...
“フツーの勉強”以外の習い事は、息子達にさせてみています...の現在。

でも、我が息子達の通う小学校(公立)は、「クラスの半分は受験する」というので、“そういう類の会話”もなんとなく聞こえてくるようになってきました。。。

私は、「もし受験するなら中高一貫都立校」しか選択肢はない;と我が家の場合考えているので、もう4年生だし...と情報収集だけはマメにし始めるように心がけ始めました。
(当の息子には、「とにかく学校の成績は出来る限りよい点を取れるように」くらいで。)
▲私は、やっぱり昔アタマなのかもしれないけれど、“まずは学校の成績がよくなくちゃ、その上...でなければ他なんて...”と思うタイプなので。。。


今日は、今年度(もう終わった入試分)の各校の募集要項をネットで検索し、プリントアウトしてみた。

ちなみに、私が息子が通えたら楽しそうだな〜...と思う、都立中高一貫校は、3つ。
(試験日は一緒なので、どっこか一校しか試験は受けられません)

...っで、ビックリ!
「都立なので、選考方法はどこもみな同じ?」と思い込んでいたら、
「こんなにも、学校によって配点とか違うの!?」って!!!

学校のカラーや、教育内容・方針により、入試の問題内容や方法は違うとは思っていましたが...
試験結果に反映される、普段の学校での成績の入試点数への換算方法や配点までこんなに学校によって違うとは!?

個人的には、普段の学校での成績を良い目を狙って...という入試スタイルのほうが、“我が家の長男には合うだろう”と親として、息子を見て、“長男の場合は...”と思っていた私はビックリ!


公立でもこんなにいろいろバリエーションがあるとは...

子ども自身のお勉強を見てあげるのは、まず!ですが、親も“傾向と対策”は分析はして、勉強しておいて、息子の行きたい学校に一緒に行ってみたり、アドバイスはしてあげられるようにしておきたいな〜...と...

でも、イマドキはどこもネットで情報を出してくれているので、いろいろ考えるにも助かります★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »