« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

Happy Halloween★

先日の英会話はハロウィーンパーティーでした♪

Happy Halloween★

特別にむぎも参加させてもらってご満悦〜♪
Happy Halloween★

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「TPPってどーいうこと?」

いっつん(長男)も小学校四年生になって・・・
最近ではなんだか彼がしてくる質問も高度になってきて・・・

最近は、夕方のニュースを見ながらそういう質問をされる母は、よく、右手に包丁、左手にじゃがいもとかを持ちながら、手が止まったまま立ち尽くしてみたり、宙を仰ぎ見てみたり・・・、そういう右手と左手のまま、彼に説明する事30分・・・とかになり、セットしてあった炊飯器のご飯の方がずーっと先に炊きあがったり・・・しています。(^〜^;)

先日は、「ねぇ、円高っていうじゃん?でも、“円”の数字は小さくなっていくじゃん? 高いって言うより安くなっていってるじゃん?なんで??」という質問に、彼がわかるように答えるのでこれまた30分〜1時間くらいかかっていました。。。

そんな話(ネタ?)を先日、英会話教室の待ち時間に廊下で他のおかあさんとしゃべっていて、「なんかさー、最近、子ども達がしてくる質問がビミョーに難しくなってきて、たまにうろたえちゃうんだけどさー、最近は“円高”の説明がなかなか難しかったよ〜;」って言って「でもさー、なんとか説明してその場を乗り切れたんだけれどさ〜・・・」って話したら、そのおかあさんの反応が面白かった。
⇒「えーっ!?ちゃんと説明できたの〜?えらーい!! アタシもさーこの前、そうそう、おんなじ!!“円高”のことを聞かれてさー(※子どもは息子と同じ四年生_男の子。小学校は違う小学校だけれど。)。もうさ、説明が難しくって、なかなかうまく子どもがわかるように説明できなくってさー、もう、やっぱり、そうそう、夕方だか夜だかで疲れちゃってメンドクサくなってきちゃってさー、つい、“アンタ、それ聞いて、知ってどーすんの?明日学校でその言葉使うワケ? もうこの辺でよくない??”みたいなこと言っちゃったわよ; そーなのよ、きっとこーいう母親が子どもをダメにしちゃうのよ;子どもの“知りたい!”っていう芽を摘んじゃう結果になったりするんだろーねぇ〜; よくよく今考えたら、あーいう風に母親に言われたら、その後質問しなくなっていくよね〜; あ〜あぁ・・・まーたやっちゃった;反省だわ orz......」って、しゃべって大笑い。

「・・・だよね〜・・・。忙しい夕方や夜、うまく説明するのには難しいよね〜・・・。アタシなんか、そもそもお料理が得意じゃなくて毎日が必死なところにそーいう質問されたら...“答えなくちゃ!”の名のもと?しょっちゅうその場で台所の床とかにiPadとか持ってしゃがみこんで、息子と二人で覗き込んで次々調べて行きながら、あーでもない、こーでもない・・・と二人でしゃべっちゃて⇒いっつんがなんとなくわかって→納得して...気づけば一時間経過。。。とかしていて、ひび(二男)に“ごはん、まだ出来上がんないの〜?”とか、毎日のように聞かれているもんね;」とトホホな話をしていました。

「今忙しいから後でね!」なんて言ったら...後ではもう“なんの質問されたっけ?”となるしね;

優秀なおかあさんなら、子どものいない時間には新聞などを熟読していたり、そういう事をちゃんとお勉強しておいて、お夕食作りながら、また板やお鍋を覗き込みながらでも、立て板に水のごとくそういう説明できるんだろうけれど・・・

もぅ、アタシレベルじゃぁ 毎日がいろいろな意味で必死よ;シドロモドロ...全開;;


   *** 話は戻って・・・ ***


昨日の「TPP」の質問は、これまた回答がますますしんどかった;

「・・・なんでこの人達は、TTPのことで、こんな風にデモしてんの?」って。。。

だってサ、“円高”っていう概念は、私の子どもの頃からもあるし、まぁ、それなりに勉強もした記憶もあるし、“円高”という言葉の歴史もあるように感じるし、一応大人として説明できるレベルにはあるんだけれど、「TPP」って、私にとっても最近の言葉で・・・子どもの辞書レベルでは載っていないし・・・

たまたま聞かれたのが夕食時だったけれど...なんとなくの意味はわかるけれど、まず思ったのは「TPP」ってなんて言う日本語の略だった??ってコト。

正解は、TPP」=「環太平洋戦略的経済連携協定」の略称Trans-Pacific Partnership

隣にいた家人に、「じゃ、次、“OPEC”は?“APEC”は??」とイタズラに質問されて、「環太平洋輸出国機構だっけ??」あれ?それはOPECのほうであっていたっけ?正式名称はなんだっけ??」ともうシドロモドロ沼に突き落とされ→どっぷり...撃沈;

※OPEC(石油輸出国機構)Organization of Petroleum Exporting Countries
⇒weblio「OPEC」
※APEC(アジア太平洋経済協力会議)Asia-Pacific Economic Cooperation
⇒weblio「APEC」

▲どっちも合ってなかったし...親戚みたいなコトバでもなんでもなかったし...;

小学校高学年だか、中学だか高校だか...どっかで必ず習った...テスト勉強にも出たコトバ、という記憶があるけれど...あの時、これが答えられないと恥かくのが、今頃来る!?なんて知らなかったヨ;
『義務教育』っていうのは、“我が子の前で恥かかない用の教育だった”?!なんて...今頃実感;(苦笑)

そんなこんなな今月に入ってからの自分の置かれた状況(いっつんからの質問に答えるシドロモドロタイムに自分が圧迫されている;)に、一昨日朝日新聞の集金のお兄さんが来て...ふとその時に思い出して「朝日小学生新聞の見本紙ってお持ちじゃないですか?」と聞いてみました。

そうしたら、「見本紙、一週間無料でお入れしますよ!」とご返答くださって。
「あのぉ〜・・・今すぐに取れる、とかじゃないと思うんで...まずは息子がどれくらい興味持つかな?っていうのを見たいコトと、読めるかな??っていうのを見たいだけなので...本当に申し訳ないんですけれど、“すぐにとる”とかお約束はできないし...じゃなくて...で、いいんでしょうか??」と何度も説明。。。(←こっちの説明だって十分シドロモドロだよ;)

お兄さんは「いいんですよ〜♪“お試し一週間”はそれこそ、そういう用のシステムなので、お試ししてくださったから“取ってください!”とかは全くないので。気にしないでください。そういうモノでいいんですよ。」と説明してくださったので、お願いしてみる事にしました。

新聞屋さんのお兄さんのお話では、「小学4年生くらいからがちょうどいいと思うんですよ。個人的には、正直、3年生だとちょっとまだ難しいお子さんも多いかな?という気もしますし、そういう意味では、息子さんが4年生なら、お試しにはちょうどいい時期だと思いますよ♪」とのこと。「まずは、マンガからだけでもいいんです。毎日見てみる、なにが載っているんだろう?読めるかな??と思ってくれるくらいからでいいんです。ニュースの説明とかも結構あるんで、もし、疑問のような点の解説があればぜひ一緒に読んでみてください。そういうのが、関心を持つ一つになるしいいと思います。」って。

「中学受験とかされますか?」とか聞かれたのですが、「いや、それはまだ...決めて...」とか言っていたら、「中学受験とかされる方は、小学5年生くらいから取るようになる方がとても多いです。それに、今は、ニュースを全部ふりがなつきで子どもでも理解しやすいように書いてあるので、外国人留学生の方なんかがよくおとりになって、これで勉強されるんですよ〜!」と教えてくださいました。

実は、今日で、お試し2日目。

販売員のお兄さんが、“外国人留学生の方がこれで勉強...”とおっしゃっていた意味とか、“これがあれば、子どもに時事ニュースの噛み砕いての説明がしやすくなるな〜”と、子どもではなく、逆に私の方が思っている・・・というのが感想です。

紙面は子どもでもそんなに抵抗なく読めるよう、「何枚も多くて充実!」というのではないですが、毎日毎日くるのだから、これくらいがいいのだろう、と思います。

さてさて、3日目はどんな新聞がくるんだろう?
私の方がちょっとワクワクしています。

昨日は、子どもが朝ご飯中、私が読み取りのなにか物語?みたいなものを読んで、子ども達(小学生4・2チーム)に質問をして、クイズみたいなのをしました。こんな朝の時間もよいかな?と思って、楽しくお試し中です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひび(小2)の300円の使い道

昨日、突然グランパが来てくれて・・・(500キロ以上の彼方から車でやってくるのに、いつも「今家にいる?」ってくらいのノリで突然やって来てくれるのには毎回たまげるのだけれど・・・笑)

ちょっと近所で、むぎと私と3人でお茶することになった。
時間がなかったので、今回も台風のように来て→台風のように去って行ったのだけれど、そのお茶している場所には、ひびは小学校からの帰宅時間からの兼ね合いで、お茶を飲めるほどの時間の余裕を持っては、間に合わななかったのね・・・
(滞在時間は30分程度だったので)

・・・っで、グランパは、せっかくその席に走ってきたのに一緒にお茶できなかったひびに、「ちょっとこの後もまだ寄る所があるから・・・一緒にお茶が飲めなくて残念だったから・・・じゃ、後でママにナニカおやつを買ってもらったらいいよ♪」と300円をくれました。

ニコニコで「やった★」のひび。

・・・っで、その300円をどう使うか、なんのおやつを買うかな?と思っていたのだけれど・・・

その後、すぐまずはいっつんとひびは英会話のレッスンだったので、まずはレッスンに行き・・・(私もむぎと同行)

帰りにちょっと本屋さんへ寄る用があったので、本屋さんへ。

そうしたら、その本屋さん(普段はあまり寄る事のない本屋さん)には、中古ゲームソフトの販売もされていて・・・そこでなにやら見つけてきたひび。

「ねぇ、ママ!これなら買える!だから買いたい!!」って。

何のことを言っているのかな?と思ったら、「グランパ(ひびのおじーちゃん)から300円もらったじゃん?あれで買いたいんだよ!」とのこと。

ふ〜ん・・・と思って、その中古ゲームソフトを眺める私。

“300円以内で買えるソフトって・・・なんだ??”と思った私。
それも、プレステ2のソフト。(うちにはまだプレステ3とかはなくて、2。)

ひびが持ってきたのは▼コレ。
Win_11_9_2005ワールドサッカーウイニングイレブン9

2005年のソフトらしい。。。

チームとか、出てくるのは・・・ちょっと古くないの??とも思ったけれど、この春サッカーを始めて興味の出だしたひびには、そんなことはまだどーでもいいらしい。(笑)

・・・っで、このソフトが、中古でビックリ(?)の“180円”だった。

箱の裏の説明は一応熟読(?)して・・・

でも、そんなに反対の余地はないので(グランパからひびがもらったお小遣いのようなものだし、値段も超えてないし・・・教育に悪いものでもないし、ひびの好きなサッカーのものだし)買う事にしました。


家に帰ってきて・・・(帰宅は19時頃)

まずは、なにも言わないうちからさっさと3兄弟全員でお風呂に入り
⇒なにも言わないうちから「音読(宿題)聞いて!」と私のところにきて→やり
⇒宿題もさっさと終わらせ
⇒チャレンジの「赤ペン」のテストも終わらせ(←急いでやりすぎて字が汚すぎて、後でそこはやり直させたけれど・・・笑;)

「よし!全部終わった!カンペキ★ ・・・だから、もうゲームしてもいいでしょ?」って言うので、何も特に言える事もないので「はい、どーぞ。」と言ったら、ルンルンでさっき買ったゲームを始めたひび。

このゲーム、2005年8月の発売で、92万本以上を売り上げるソフトなんですね〜。

私はこのてのモノをぜんぜん知らなかったので、このソフトの人気(毎年違うNEWタイトルが出てる?)もぜんぜん知らず;

アマゾンでワールドサッカーウイニングイレブン9調べたら、まだ新品も売っているんですね〜!
発売当初は7300円くらいしたソフトなの?⇒今現在の価格は、3250円となっていますが。
それを、「中古ゲームソフト」とはいえ「180円」とは...

思わず、「ひび、なかなか賢い選択したんじゃん?」と思った私。

いっつんは、昨晩は学校の宿題が終わらず、隣のリビングから「ゴーーール!!!」とか楽しそうなゲームの中の歓声が聞こえるも、あまり見る事もできなかったので、今朝はかなり早起きをして、昨晩終わりきらなかった自主学習の宿題もこなし⇒起きてきたひびと、登校前に早朝からサッカーゲーム。。。

二人であーでもない、こーでもない、と歓声を上げておりました。。。

グランパ、ありがとう!
なんだか、お祝い・・・以前に、まず、このいただいた「300円」を想像以上に有効活用して、喜んで孫達サッカーゲームできてるよ!?
私から見ている感じでは、すでにもうこの“300円のもとは十分採れている”感じ。・・・っていうか、まだ半分強しか使っていない??(笑)

それにしても、6年前?くらいのゲームで・・・どんなもんだろ??と思ったのですが、隣のリビングから聞こえてくるゲームにあわせた実況中継?放送??みたいなアナウンサー解説は、どういうシステムで言葉を選ぶのかわからないけれど、隣の部屋に聞こえてくる感じでは、リビングで『本物のサッカーゲームをテレビ観戦中?』としか思えないリアルさで聞こえてくる。。。(+子ども達のワーキャー言う歓声)

・・・すごいな・・・(;´▽`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そーっとしておいてもらえると思ったのに・・・

少し前、二男のサッカーの『親子教室』という企画、お教室がありました。
「お子さんががんばっている“サッカー”というものに関心を持ってほしい、ぜひ親しんで♪」というような主旨とうかがったので、“ド素人”という自覚がある私ですが、「やっぱり、子どもががんばっているものには関心を持ち、やってみないと・・・??なのかな〜」と漠然と思い、お教室に参加してみることにしました。(幸い、指導陣の方々のご配慮で、追加負担などナシなお教室。)

土曜日の夕方、行ってみると、そこには、昔サッカーをやっていらしただろう経験者であるお父様や、サッカーかはわからないけれど、運動の得意そうなお母様、サッカーの経験者かどうかはわからないけれど、運動の得意そうなお父様...といろいろな感じの保護者の方がいらしていました。

そんな中、超初心者向けに、我が子とボールのパスのやりとり、ボールの出し方...などなど教えて頂き、息子とやってみましたが...残念ながら、得意ではない私のパスやらなにやらは息子は受け取りにくそう...;(そりゃそーだ;と息子が少々不憫になった私;)

昔、これでも一応、小学・中学・高校と運動部には所属してきた私。しかし、“運動が得意”ということはカケラもなく、“運動は好き”だから...という感じで、一応“体育会”系のような生活を送ってはいました。

そんなでしたから、ナニ部に入っても、ほぼ“戦力外通告”くらいの能力しかなく...それなりにがんばった記憶がありますが、当たり前ながら、“得意な子が頑張って到達するレベル”には“さほど得意でない子が頑張るレベル”はそう簡単には達することはなく、いつも平行線??という感じで、自分で言うのも何ですが、“そのクラブの運動の知識があるマネージャー”みたいな生活を送っていました。。。(笑)
でも、そんな自分のことを、自分ではそんなに嫌い、イヤではなかったのです。

さほど出来ないけれど、水泳が好きでした。陸上部、バレーボール部、硬式テニス部、と運動部には所属して、どれもそこそこ長期にわたり所属し、それなりにがんばった、とは我ながら思います。

...でも、バレーボールで一番うまかったのは、サーブでもアタックでもカットでもなく...“スコアー付け”だったけれど...ね!?(笑)


先日、ネットのニュースで「中高で運動部、生涯体力維持/未経験の20歳下と同レベルも」文科省体力調査(教育ニュース2011/10/10)というのを読みました。

 中学、高校とも運動部で活動した人は、活動しなかった人と比べ、最大で20歳程度若い人と同じレベルの運動能力を持っていることが9日、体育の日に合わせて公表された文部科学省の2010年度体力・運動能力調査で分かった。同省は「学生時代の運動量が生涯にわたり影響することを示している」と分析している。......

これを読んで、自分の体力的な問題としては、たいして運動得意ではない私でも、中・高校生と運動をしてきてよかったのかな〜・・・今になってもナニカよいことも少しは体への影響として残っているかしら??と思っていましたが。。。


これが『子育て』においては...全くダメダメ;

『親子教室』というので、うっかり(?)なんの考えもなく出て行った私。
しかし、運動が得意ではない(どちらかといえば“苦手”?)な私の相手では、明らかに“組む”のが辛そうな息子の顔;

親子教室が終わってから、「ごめんね〜・・・ママあんまりうまくなかったから、やりにくかったよねぇ;」と言ったら、「うん、そうだね〜。コーチとの方がやりやすいね。」とボソッと本音を...でもサラッと返事した息子;
こういう時は、子どもの反応って、とっても正直で...ある意味親の私にはとても残酷だ;
まぁ、でも、そー言われても反論の余地もないので、グーのネも出ないのだけれど。。。(まぁ、気持ち的には「少しはママにも気を遣いなさいよ!」なんて怒鳴ってみたくもなるが;)

子どもと一緒にサッカーの練習をやる(ボールの蹴り合いっこのようなものをする)パスの出し方、とか...いろいろ習ったのだけれど、その後の時間で、“親だけの交流ゲーム”のようなものがありました。

あぁ...こんな場に『親子教室』だなんて言うから、ショージキに何の考えもなしに参加しちゃったジブン...に気付き、自分のレベルに辛くなってきちゃっていたので(なにせ、長男を産んでから約10年、いつも子どもと一緒で、自分だけで運動らしい運動なんて全くした記憶すらこの10年ないんだから...事態は最悪であり、筋肉痛なんて何日後に来る?!と恐れるくらいの状況だったんだから;←幸い、この時の運動はがんばったけれど、後日の筋肉痛に悩まされることが全くなかったのは、毎日自転車漕いでるおかげ?!みたいな;)参加せず、端から運動の得意そうな保護者の方々がするゲームの様子を見ていた。。。

「なんでママは参加しないの?」とこれまた息子の痛い質問;

「いいのよ。ママはちょっと他のお父さんやおかあさん達がやっていらっしゃるのを見学させていただいて、どういう風にするものなのか、ちょっとお勉強をさせていただこうと思って...ママ、サッカーのことはよくわからないから。」ともっともそうな苦しい返事;

最近は、こういう時に子どもになんていうのかに、私としてはとても気を遣う。。。
子ども流に言うと「だってぇー、得意じゃないしぃー・・・」とか「どーせあんなうまそうな人達の中に入っても邪魔になるだけじゃん?」なんて・・・うっかり言ってしまいそうだ。(苦笑)

でも、これらの言葉を下手に口が滑って(?)うまく言えなく、一番身近な存在である母親が軽はずみな言葉で表現すれば、その考え方が、育ち盛り、何事にもそれなりに敏感な今の年頃の我が子において、悪影響が出そうな状況になることは必至だ;

自分(私)が得意であることを言葉にするのは楽だ。
でも、自分が得意でないことを子どもに伝える時には、特に気を遣う;

“ママが得意じゃない=自分も得意になれるはずがない”とか“ママが好きじゃないから私も...”みたいにはなってほしくなし、思ってほしくないからだ。

往生際が悪いだけ、と言われそうですが、それでも特に“苦手”という言葉はなるべく使わないようにしていて、なるべく“得意ではない”と表現することにしているのです。

日本の教育は、どうも「得意な事を伸ばす」より「得意じゃない事をせめて人並み(最低レベル?)なところまでは...」というようなところに重きを置かれている傾向が多分に感じられる。

おかげで?...かどうかはわからないけれど、私も、つい、子どもに“そこそこ”(=苦手でもある程度のレベルまでは...)ということを頑張らせてしまう気がする。。。

でも、大人になってみて、“得意なところを伸ばせばいいんじゃん♪”みたいな思考の傾向が強くなり(←逃げ?)、今はどちらかと言えば、“そこそこ”より“得意分野はひょっとしたら他の方よりまぁまぁかしら?”みたいな方針を自分の中には持っている。

しかし、これが『子どもの事』、教育となると難しい;
なかなか「苦手なことはやんなくてもいいんじゃん?そんなこといいから得意なことだけもっと力を入れてやりなよ!」...とかいうアドヴァイスは、まだ古き良き“日本の教育”“環境”の中にいる息子達には言いづらさを感じている。ただ、得意でなさそうなことは「いいよ。そんなに得意でない事は、困らない程度に出来さえすれば...。ただ、お友達より“これは得意★”と思える分野を持ちなさい!」とは常日頃言っている気はする日々。


話は戻って...サッカーの『親子教室』のハナシ。

一回参加してみて、あまりにも私とはやりづらそうな息子+正直な感想をもらって、次回からはご遠慮させていただこう...と思っている私。(せっかく「ぜひ親しんで!」とおっしゃっていただいているのに、完全に及び腰;)

こういう時、「がんばる親」なら自分がまずはそこそこできるよう、ボールを持って、自主練習を外にしに行き、その背中(?)を見せるのだろうか...とも思いながら、心の底では「ありえなーーーい!大人になってから、運動が得意ではないのが、こんなところで自分の息子の前で恥をかくことになろうとは...」とか「“親”にならなけれは、運動がさして得意でないことも、昔のいちエピソードとして葬り去れたのに...;」とかブツブツ思いながら。。。

あぁ...毎度いろいろなコトが起こるものだわ〜...育児;と思いつつ、息子の『スイミングスクール』だけは、自分がどうしたら息子達がうまくなりそうなのか、がわかるので、レッスンが終わった後、「あーするといいんじゃない?こーするといい気がするけれど??」とアドヴァイスできるのですが...でも、息子達に「ママ、なるほど!って感じのコト言うけれど、ママが泳いでいるのなんて見た事ないよね〜?」...とか、「ママ、水着...入るのかな...?!」と言われている調子ですが。。。


ナニが書きたかったんだか...と読まれた方には思われそうですが、なんだか書いたらちょっと気持ちがスッキリしました。

こんな親からも、始終動いてない時がないんじゃない?ってくらい運動好きなお調子者が生まれてきたりするんだから...不思議;

ホント、子どもと私は別人だなぁ〜・・・と日々思うエピソード満載な毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども乗せ自転車(ふらっか〜ずComo)のベビーチェア(前)をカゴに換えました♪

・・・でかっ!・・・Σ(・ω・ノ)ノ 

子ども乗せ自転車(ふらっか〜ずComo)のベビーチェア(前)をカゴに換えました♪
いろいろ考え、調べて、丸石の「ふらっかーずCOMO」がヘビー愛車なので・・・▲こーなりました★
(これで、ヤマトさんの営業所へ仕事のダンボールを持って行くにも積みやすくなるし、もっと走りやすくなるわ♪ ←ある意味、ヘビーに仕事の相棒でもあるので...)

いつから乗り始めたんだったかしら...??と思い...ちょっとブログの中を探してみました。
bike2004-itsu.jpg←懐かしの購入当初!!!
▲ブログの過去記事に残っていた写真。
いっつんがちっちゃい・・・!!!
その上、アタシが若い!!!(←さらに...今よりだいぶ細いね!?ちっちゃい画像とは言え...わかりやすいなぁ^〜^:)

購入当初の記事⇒ comoライフ「今日は9.3kmくらい走ったよ♪」(2004.06.27)

2004年12月でいっつんが▼コレくらい
エセ☆幼稚園生(2004.12.14)
↑今はこの写真の人が、小学校4年生になっているんですから...すごい!

・・・ということだったワケですから・・・
購入したのは、長男・いっつんが幼稚園に入る前の年の春
長男(いっつん):2歳、二男(ひび):3ヶ月、三男(むぎ)←存在予定もまだない...
当時「そのうちひびも乗せるようになるから」と後ろのチェアももうつけてあった(当時は、買い物の荷物入れとして使っていたと思います)様子です。

・・・とまぁ、こんな頃に購入した自転車なので...
乗り始めて⇒ 7年5ヶ月で前カゴを交換★...となりました。

...ということは、上の写真は、私が今より7歳若いわけ(!?)だ;
(小さい写真にしておいてよかったよぉ。だって、大きな写真で、今より7歳若いの、たまたまこんなところでふとみたらショック大きそうじゃない?!←アタシが;)

「頑丈で、できるだけ安全・安心な自転車を!!!」
...と思って、イマドキ安い自転車が多々ある中、いろいろ考えて丸石のを選んだっけ。「子どもを乗せるなら、“子ども乗せ自転車の一番老舗”?は“maruishi”なんじゃないかな??と思っていた私は、ある意味迷わず「ふらっか〜ずComo」にした記憶アリ。

おかげさまで、激しく西日、風雨の当たる屋外に毎日停め、毎日乗っていますが、7年!ほぼ故障らしい故障はない!ですよ〜♪感謝しています。
荷物だけでなく(多い時の私のスーパーでの買い物量、一回の自転車で運ぶ量が、20kg〜30kgありますから;)、子ども達もとっかえひっかえ乗せてきましたからね〜...

後ろのチェアーは、老朽化して、ひびが幼稚園年中か年長の頃だったか...に、足を乗せる部分がサビ→破損(子どもが足を乗せる部分の付け根が折れて外れた;)⇒危ないので、今のプラスティックのタイプの座席に交換しました。
...で今に至っています。

※ちなみに、当時、後ろにつけていた座席は、今、ブリジストンさんがリコール(平成22年7月9日から無償点検・修理のリコールを実施_対象は12モデル)しているものとほぼ同型です。(私が当時自転車につけていたものが、ブリジストン製だったのか似たような他社製だったのかは覚えていません。)
20111014_104723下記にリンクを貼っておきますので、まだお使いの自転車がブリジストンの該当リヤチャイルドシートを使っていらっしゃる方は、早急に交換して頂きましょう。(リンク先にはもっといろいろなタイプの該当チャイルドシートの写真や連絡先情報などが載っています)
「鉄製 自転車用後席幼児座席(リヤチャイルドシート)」無償交換のお知らせ
~リコール対象の拡大~

(ブリジストンサイクル:2010年9月21日)

最寄りの自転車屋さんでこの件を聞くのもいいと思います。確か、後ろのシートにお子さんが乗らなくなってしまっている方も、ここに載っているシートから、私が今回前側につけましたが、このような“大きなカゴに後ろのシートを付け替えてくれる(無償)”というサービスもやっていると以前ポスターで見たような記憶があります。(←※確実情報ではないので、ご自身でお確かめください。)

▼ちなみに、今うちの自転車についているのは、OGKのこちらのモデルのリアシートです。
Ogk_rbc006n
いっつんは、自転車ではめったに寝なかったのですが、むぎは...とにかく疲れるとすぐ寝ちゃうので、しっかりとしたシートベルトのあるこちらを只今使っています。子どもを乗せない時は、スーパーの袋や荷物として乗せるカバンの取っ手にこのベルトを通すと多量の荷物が固定されて便利です♪(←本来、このメーカーさんもそんなことして使っているなんてご存知ないでしょうけれど;_笑)

・・・っで、ハナシは戻って・・・

▼同じく、リア(後ろ)についているシートと同じテイスト、同じ色のこちらのカゴに換わりました♪(メーカーも一緒)
子ども乗せ自転車(ふらっか〜ずComo)のベビーチェア(前)をカゴに換えました♪
※このカゴは、後ろにも前にも同形でつく仕様だそうです。

▼とにかくデカイっす!!!
子ども乗せ自転車(ふらっか〜ずComo)のベビーチェア(前)をカゴに換えました♪
たぶん、スーパーで買い物をする場合、大きめの食品入れる袋、二つは縦に並んで余裕で入る?!と思われます。(う〜ん、ウチ仕様でいい感じ〜♪)
このカゴ以上に大きなベビーチェアがついていたんですけれど...
(このサイズでさえ、ビミョーにスッキリちっちゃくなって?!もの淋しい気もしていますが...^ー^?)いつか、このカゴを後ろも取り替えてつける日が来るのかしら?!(その頃はどんな食品の買い出し量?!_怖;)

実際につけてみて良いと思ったのは...
樹脂のカゴってどうなのかな〜?と思っていましたが、このカゴの上部には、ちゃんと防犯ネットとか固定出来るような金具をつけられる穴が前後左右に2カ所づつだかあります。やっぱり、大変残念なことではありますが、近所ではひったくりが横行しているので、そういうものはちゃんとつけられないと...と思っていたので、この配慮は嬉しいです。今の所は荷物が多い子どもと一緒生活をしているので、いつも袋をハンドルにひっかけちゃうし、今すぐには使わなくてもよい?感じではありますが。

でも、これだけの大きなカゴですから...逆に荷物固定をするためのナニカをつけようかな〜・・・♪とも思ったりもしています。

結局、いろいろ調べた結果、近所の自転車屋さんで替えてもらいました。

近所の自転車屋さんは工賃こみでやってくれるので…
→っで、3800円なり。
スッキリ!完了★o(^-^)o

ちなみに、丸石ブランドで出している付け替え用カゴは、ここのOEM(他社ブランドの製品を製造すること)だそうで、ネームブランドのシールのナマエが違うダケで=“「OGK」が作っている”ので、モノは一緒★だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸石の「ふらっかーずCOMO」がヘビー愛車なので・・・

いっつんが幼稚園に上がる直前くらい?だったか...からヘビーに毎日乗っている自転車。重いけれど、やっぱり頑丈!!!なのが、“ママ”にはいいです★

しかしながら、いっつん→ひび→むぎ...と乗った自転車の前カゴも、いよいよむぎも乗れなくなったし...毎日が雨ざらしのところに停めるしかないので、だいぶ傷んできました;

そろそろ、前カゴをチェンジ!しようかと思いますが、今は、『子ども乗せ自転車』というよりは、『毎日の食材買い出し車』な用途が多分にあるので、この際、おーーーっきなカゴにチェンジしようかと思います♪

▼まるで、「これは自転車の荷台用でしょ?」というカゴサイズ。
(内寸:前後42cm×幅32cm×高さ24cm)
Maruishi_fura_basket
MARUISHI ふらっかーずオプションパーツ
前後共用超大型籐風樹脂カゴ

でも、これくらいなくっちゃ、男子寮のような我が家、ダメよぉ〜!

さて...自分で替えるかな。。。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟が二人いる…ってどんな気分なのかな…?

十月からむぎも入ったスイミング。

少し遅い時間のこのクラス(お兄ちゃん達の学校の授業時間の都合に合っているので、むぎくらいの子が主にいるクラスよりは一時間遅い)。

初級の子は、7人くらいの様子。
(このプールをざっと見たところ、今の時間泳いでいる子ども達は100人以上はいると思う)

むぎはクラスでは前から二番目の身長ですが、小学生(中学年程度)が一番多そうなこの時間のプールの中では、たぶん一番のおチビ。(笑)

むぎは最初は「スイミングに通うのはイヤ〜!」とダダをこねたので、どうなることやら…f^_^;と心配しましたが、最初ぐずっただけで、今はスイミングのレッスン日がくるのが楽しみでしかたない様子♪

…ホッと一息。。。

そんなむぎは、初級コースなので、プールの一番端でレッスンを受けているのですが、その隣のコース(レーン?)では、この時間の一番上位クラスにいるいっつんが泳いでいます。

超初心者のむぎは、いっつんを見つけるのが嬉しいらしく、いっつんとすれ違う時には、いっつんに手を振ります♪(笑)

さすがにこれだけの人数いると兄弟でたまたま隣のコース…というのも珍しいのか、手を振りあっている二人を見て、「コーチが兄弟なの?」とか二人に声をかけてくれている様子が観覧席から見てとれます。

手を振り合う光景はなかなかほほえましいものです♪

コーチにそんな風に言われたらしきいっつんは、むぎのいるコースの逆サイドを指さして、「あっちでやってる11級のところにももう一人弟泳いでるよ♪」…と言っているかどうかはわかりませんが、指さしながらコーチとニコニコしゃべっている様子です。

むぎは、隣のコースに泳ぐのがうまいお兄ちゃんがいるのが自慢げな様子。(←自分は超のつく初級、初心者なのに…_笑)

対するいっつんは、そんなむぎが隣のコースにいるのがまんざらでもない様子♪

コーチに「こいつは僕の弟。あっちにも…弟」…と言っている表情は、これはこれでこちらも自慢げ。(笑)

十月になって、隣のコースに入ったむぎの方をそんなに脇見しないまでも、観覧席から見ていると、それなりにむぎの視線を意識して、兄として少々カッコつけて泳いでいるんじゃん??とも思ったり。

三人兄弟、弟が二人いる、兄と弟がいる、兄が二人いる…

うちの兄弟はけんかもそれなりにするけれど、どちらかと言えば“わりと仲のよい兄弟”だと思う。

『三人兄弟』って、本人達はそれぞれ当人はどんな感じなんだろうな〜…???

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれぇ〜…?!?

あれぇ〜…?!?
このウインナー達…

もう軽く一年以上、この商品のヘビーユーザー&リピーターですが…

今頃気付いたのですが…

実は右と左の商品は同メーカーから出ている別商品…っていうことに今頃気…(´Д`)

両商品はいつもなくなってくると購入。外出の都合で購入しやすい店舗で。ちなみに扱いは別店舗。

同じ商品を追加購入しているつもりで…

…似過ぎていない?

それにしても、一年以上気付かないなんて…

ただ私がぼんやりしすぎなだけ…?やっぱり…??

…トホホ(−_−#)

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3度目の「就学前健診」

バタバタバタバタ...!!!

今日は“午後1時半〜2時までの受け付け”で、いよいよむぎの「就学前健診」の通知が来ていた日。

長男の時と違って...まぁ、慣れている場所に、緊張感のかけらもない私?!

家の前を近所の同じ学年の子が小学校へ健診に通りすぎて行く声がするなぁ〜・・・っていう頃に、「あれっ...? 母子手帳...なんでいつもの場所にないの?!」とかバタバタ...;

提出書類を急いで書き始めた。。。(←もうずいぶん前にお知らせが来ていたんだから、もっと早めに書いとけ、ってハナシです;)

いやいや...もちろん、もっと早めに書いておこうとは思ったのですが、「MRワクチン」の2回目の接種に連れて行こうと...ずーーーいぶん前から思っていたのに、なかなかタイミングが合わず、行けていなくて...直前でも、予防接種できたら済ましてから→書類に「接種済み」と書きたいな〜...と思っていたので...

...でも、結局接種間に合わず(←ある意味いつもどおり!?)、結局その項目は、「1回済」記載であわてて書類を書いていた次第です。。。

そんなだから、結局受付に着いたのも、息きらして...⇒2時10分;

見慣れた(?)副校長先生に「スミマセ〜〜〜ン!遅くなりましたぁ〜〜〜!」って受付;

だって...この「就学前健診」は、よほど気合いを入れて早めに行って受付しない限り、待ち時間ばっかり多いんですもの。。。(経験談;苦笑)
⇒だから、いっそのこと“最後のサイゴでいいや”というか、“最後のサイゴがいいや!”の私。

そんなクダラナイコト考えてたら→10分の遅刻; (スミマセン;)

まぁ、内容は...たぶん“五体満足”→「就学には影響ナシ」で通過してきたと思います。


ナニがバタバタだったか...って...


今朝になってから、ふと鏡をよく覗き込んだらますます...「このシラガアタマではいか〜〜〜ん!」となって(だって三男のおかあさん達...どうしたって長男の時より周りが多々若いんだもん;←そーいうもんさ、しょーがないんだけれど。。。)急いでカット&カラーで美容院に駆け込んだせい。思いのほか...伸びてた...;

最近息子達、キビシーのよねぇ〜・・・

「ママ、そのシラガアタマで学校来ないでね!」ってサ;

明日はそんな三男・むぎの『運動会』だしね。
その上、私にとっても『幼稚園児のいる生活、最後の運動会』だしね。

メデタイしね★

明日朝は、頑張ってオベントウ作らんとね;
小学校の運動会は親とは一緒に食べないシステムなので、こんな大きなお弁当作らなくちゃいけないのも、ある意味、義務的には最後かもしれないし...頑張らなくちゃね♪

そんな私は、カメラのバッテリーの充電器を探し中。。。


...どこ置いたんだろう...(悩;)


:追記:
MRワクチンの2回目は、この『就学前検診』の後に近所の診療所に受けに行って
→無事終了〜★

...受けに行こうと思ってから ⇒実際に受けられるまで...やっぱり結構かかった〜;
まぁ、忘れていて→期限オーバー;にならなかっただけよいか。
この辺りが第三子の恐ろしい所で...うっかりすると、すぐ期日オーバーさせちゃうのよね;第一子の時はありえなかったこと(?)だけれど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ『年賀状』購入の季節かぁ〜...

予算、別によけておかなくっちゃね〜♪
イマドキはネットでも「土日休まず受付」⇒「土曜や夜間にも届けて」もらうような買い方ができるんですね〜...

⇒ 郵便年賀.jp

でも、やっぱり...近所の顔なじみの郵便局の窓口に買いに行きたい感じで→そうしそうな感じ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これって...「テープはがしカッター」っていう名前だったのぉ〜?!

Image1029

【ニトムズ】テープはがしカッター T087

あぁ〜・・・やっと見つけた!!!
昨日、いつも行く大きめのスーパーに行って...違う探し物(=両面テープ)のコーナーに行って...よーやく、よーーやく見つけたの!!! あぁ〜スッキリ★

「・・・なにが?」って??

あのね...実は、私、“このペーパーナイフみたいなもの”をすごく愛用しているんです★

...えっ?? このおサルじゃないのよ。。。話題は。(笑)
<※このおサルは、ひびの一年生の時?だかの学校で作った工作の『ちょきんばこ』です♪ だから、胸のあたりに窓?が開いています。ちょーどいいので、ちょっと一緒に写してみたのです。>

本題は、おサルが持っている?ようになっている『ペーパーナイフ』みたいなもののコト。
<※左手に持っているのは、バナナらしいよ。(笑) バナナ食べ中!?...なおサルさんだそうです♪>

これをなにに使っているのかというと...まぁ、簡単なハナシ、ほぼ“ペーパーナイフ”みたいに使っているんです。

...でね、これ、ものすご〜く気持ちよく切れるんで...最近は子ども達の学校からもらってきたわら半紙切ってみたり...もちろん封筒開けやらなにやら、結構いろいろ使っていたんですけれど、仕事場にも家のほうにも置いておきたくて...もう一本新調したくなったんですョ。

しかーーーし!問題は...いくら大きな東○ハンズの文具コーナー(←もちろん探したのは『ペーパーナイフ』や『ハサミ・カッター』のコーナー)に行って探そうが、近くの大きめのDIYショップに行って探して(←もちろんこちらも探したのは『ペーパーナイフ』や『ハサミ・カッター』コーナー)もみつからなかったの。。。

えーーーっ!? なんでこんなに使いやすいものが??廃盤...!?!

...と、高いものではなかったはずなんだけれど...?!とブツブツ思いながら...言いながら探していたけれど...→やっぱり長い事みつからなかった。。。

残念ながら、コレには、メーカーの刻印もなく、モノの名前もどこにも書いておらず...その上、こんな見た目だから(失礼;)私は、てっきり自分が『ペーパーナイフ』を購入したのだろうという思い込みも手伝って...


そーしたら!!!ですよぉ〜!

両面テープを探して、あまり見慣れないコーナーをウロウロしていたら...

 Nitomuzu_tape_cutter・・・Σ(´Д`!)アッタ!!!

(SIZE:22mm×170mm×20mm)

なんでこんなにも探していたのにみつからなかったのかと思っていたら...これは、メーカーは「ニトムズ」(←文房具メーカーというよりは、テープメーカー)な上に、なんと「フック・テープ・ワッペンを...はがす」っていう“剥がすための道具”だったんだから...これ“カッター”!?

...ビックリ。。。(〃_ _)σ∥

その上、DIY系テープなどのメーカーさんだから...ハサミコーナーや...もちろん「ペーパーナイフの用途ではない」;ノデ→そーいう文具売り場では全く見かけなかったワケですね;

ニトムズさんのサイトには「壁や床に貼ったフックやシール、テープはがしのヒミツ兵器。五角形に特殊加工された先端部の刃先は、テープをはがすのに最も有効なカタチで、被着体を傷つけることなく簡単にはがせます。」との説明。

まぁ...みつかればどんなところにあっても良いのですが...(もっと「ペーパーナイフ」としても売ってみては...そういうコーナーに置いてみてはどうかしら!?という、そのへんのペーパーナイフよりずーっと使いやすい!!と私は思うんですけれどねぇ〜...)


もちろん、迷わず買いましたわよぉ〜!

...それにしても、これが“...カッター”っていう名前だったなんて...

でも、すごーーーく私としてはオススメなんですよ★
   “ペーパーナイフ”として!ですけど...(^▽^;)
もともと“カッター”なだけあって、よく切れる!ノデ、そういう意味では「手には十分気をつけて!」ね♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »