« 今日まで!・・・っか!? | トップページ | サンタさんへの手紙の下書き?? »

一時間歩いて英語のレッスンへ...

英語のレッスン日。

子ども達には「ごめん!あなた達が帰ってくる時間に、今日はママ、仕事からその時間には帰れないから、二人で頑張って英語行ってね〜!」と言ってありました。(→いっつん(小4)とひび(小2)_むぎは幼稚園の延長保育利用日)

しかーーーし!全く確認し忘れていたの。。。
「“天気予報が雨”だったって...コト。」

仕事のイロイロを終えて、その先を出ようとして...「あっ...雨だ...」

・・・ってコトは・・・あの人(=息子)達はいったい〜・・・!? どーしよう!?

...この時点でようやく気づきました。。。(遅っ!)


いや、雨が降るくらい、傘は彼らは持っているじゃん?...っでなんで??って。。。

1:英語のお教室は、隣駅近く。
2:いつも、雨さえ降っていなければ「自転車で」行く距離。
3:雨が降っている場合には、私が車で一緒に行く。
⇒しかし、今日は母(私)は不在。

4:彼らは電車などで行った事がない。
⇒その上、お金がないと電車も乗れないじゃん?でも置いてこなかったよ;

5:全部の道を歩いて行った事もない。
⇒子どもの足で歩けば、軽く45分はかかる、と思われる。雨で寒い中、そんなに歩けるのか?!
⇒ひびのレッスン時間には、到底間に合わない。(いつも学校から帰ってくると時間ギリギリなので、急ぎめで自転車漕ぐくらいなのだから...;)
⇒いっつんのレッスンまでは一時間はしっかりある(私が気づいた時点から...そろそろ彼らは学校から帰宅しているだろうか?...と考えた時点から)。

6:いつも自転車では(私と一緒に)通っているので道はわかっている。しかし、隣駅の改札からお教室までの道のりなんて...一緒に歩いた事はない;


さーーーて...どーしたものか...今日のレッスンは...欠席より仕方がないのだろうか?!と思いながら、どーしよっか...どーしよっか...!?と頭の中は急回転。。。


...と思いめぐらし始めて、どーしたらいいんだぁ〜!?!と頭の中がカリカリ言い出した頃...


携帯が鳴った。。。小窓には「自宅」の表記。

あっ...いっつん帰って来たんだ。

「もしもしぃ〜? もう帰って来た〜? そっちの雨はどんな具合??」と聞いたら
「すっごい降ってるよぉ〜!どーすんのぉ〜??英語、どーやって行ったらいぃのぉ〜???」といっつんの声。

「じゃぁねぇ... カッパ着て自転車で行く?それとも傘さして歩いてとか行きたい??」って聞いたら
「傘さして行きたいに決まってんじゃん!でも、遠いじゃん?どーしたらいい??」(←いっつんもさすがにちょっとパニック状態)

私:「ひびはまだ(うちに)いるの?」って聞いたら
い:「いるよ。どーやって行ったらいいんだかわかんない;って言って、まだココにいるよ。」
私:「でも、ひびのレッスンは、もうあと15分もしたら始まっちゃうよね〜...どーしよっかぁ...;」

結局、いろいろな手段を話し合った後、
「じゃ、いつもの道を歩いて行きなさい。今すぐ出ればあなたのレッスンには必ず間に合うはず。でも、すぐ出なさいよ!たぶん歩いたら50分くらいはかかるはずだから、一時間前に出たとしても、ボヤボヤしていたら遅刻しちゃうわよ! ドコソコの開きを開けたらゴミ袋があるから、そのゴミ袋にカバンを入れて持って行けば濡れないから! ひびと二人で頑張って歩きなさい! そして、着いたら、W先生に“おかあさんがいなくて歩いてくるしかなくて時間がかかってひびのレッスンには間に合わなかったから、ひびも一緒にレッスン受けさせてください!”とお願いしなさい! わかった〜??」

...すごいな...

我ながら、指令内容が、小学4年生に
・二つ下の小2の弟連れて、50分、雨の寒い中を歩きなさい。
・着いたら、英語しか話さない(そんなに日本語はお得意ではないと思う)外国人の先生に、弟の状況を説明して、一緒にレッスンに混ぜてもらうよう交渉させる。。。

もちろん、この英語の教室が、先生が個人でやっていらっしゃるからこういうお願いが、どうしようもない事情の場合できる可能性が高い、というのはあるのですが、どれだけどう通じるかわからないけれど、身振り手振り、英語と日本語のちゃんぽんでいっつんが先生に説明をする様子を考えると...ちょっと「がんばれ!」と言って笑える母。


もちろん、この二人のレッスン両方が終わる2時間後には「車で迎えに行くから大丈夫!待っていなさい!」と言ってあるので、いっつんの頭の中では“行きさえすればいい、レッスンを受けられさえすれば帰りはママが迎えにくる”となっているので、電話口で落ち着きを取り戻した彼ですが...



こちらも雨の中急いで家に帰り、車を引っ張り出して、まずはむぎを幼稚園に迎えに行き、その後隣駅の英会話のやっている建物へ...


少し待たせてしまったので、どんな顔してるかな?と思ったら...ロビーでそれぞれ、静かに持って行った宿題やチャレンジをやっていました。。。(なんか、すっごい心配したけれど、なんてことなく大丈夫だった様子?という感じ。)

「おまたせ〜! 今日は結局うまいこと行った??」と聞いたら、
「うん、ぜんぜん大丈夫だったよ♪ ひびもボクのレッスンにちゃんと入れてもらって授業が受けられたよ。」いっつんなかなかやるじゃん!ひびもこの距離よく歩いたじゃん!!とのことで褒め...ほっとして帰宅しました。

家に帰ると...いっつんが
「いやぁ〜... 今日は、サンタの気持ちがよくわかったよ、ホント。大変だろうねぇ〜...」というので、どっからそのハナシはきたんだ?!と思っていたら...

指令にあった「ゴミ袋にカバンを入れて持って行きなさい!...」というのを、“ゴミ袋にいっつんとひびのカバンを入れ、いっつんが一人でサンタのように二人分背負って、約50分の雨の中の道のりを歩いた”とのこと。

道中、「ゆうやけチャイム」(=防災無線から流れる、冬場だと4時半に鳴る決まった音楽)とかが鳴り、「やべっ!もう半じゃん!!急げ!!! 5時までには着かなくっちゃ!!!」といっつんとひびは小走りで一緒に道を急いだのだそうな。。。

これが、冬の寒い夜、サンタさんの大変さ?を想像するきっかけになったらしい。。。(爆)


まぁ、どちらにせよ、よく二人で頑張りました★
(さすが、普段は水泳とサッカーで鍛えてあるから、子どもにとっては50分〜1時間歩くこと自体はたいしたことではなかったらしい♪)


...っで翌朝...

「ねぇ...ママ、ところで昨日って...英語の帰り...歯医者さんに寄る日じゃなかったっけ...??」といっつん。

私「キャーーーッ!!!(;゚Д゚)ハッ!  そうだったぁ〜!!! どーしよ;予約してあったのに...あの雨のドタバタ騒動で...英語のところで行程が...終わって、あなた達を見つけたらほっとして...すっかり忘れてうちに帰って来ちゃったんだわ〜〜〜;
あぁ。。。orz......」
それも、翌朝まで思い出さないなんて...さすがアタシね;
手帳にはガッチリ書いてあったのに...ね;

また歯医者さんに平謝りして予約取り直さなくちゃ...;
(↑“また”ってコトで...以前にも数回前科アリ;)

   (-д-`*)ウゥ-

|

« 今日まで!・・・っか!? | トップページ | サンタさんへの手紙の下書き?? »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/53432601

この記事へのトラックバック一覧です: 一時間歩いて英語のレッスンへ...:

« 今日まで!・・・っか!? | トップページ | サンタさんへの手紙の下書き?? »