« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

そこ!くつろぐところでは…(-.-;)

そこ!くつろぐところでは…(-.-;)
そろそろシーズンオフかな…と。。。

車のタイヤを「冬タイヤ⇒夏タイヤ」に履きかえにカーショップにやってきました。

作業を頼んで売り場に戻り…二人を探して…

いないなぁ…どこ行ったかな…?と探していたら…

…いた!…っていうか、「そこ!くつろぐ用の場所じゃないですからぁ〜〜〜!!」

それにしても…くつろぎすぎでしょー…(´〜`;)

今シーズン、スタッドレスタイヤには、大変たくさんお世話になりました<(__)>
いろんなお仕事先に連れて行ってもらいました。

さぁ!今度は夏タイヤになって、春夏…とますますお仕事頑張りましょう♪

この先、またいろいろなところへ行くのが楽しみ♪

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新一年生への助走

新一年生への助走

先日まで幼稚園の年長さんだったヒトは、いよいよあと半月もすれば『小学一年生』の仲間入り♪

先週の土曜日に卒園式も無事に終えて...
⇒いよいよ『新一年生』の準備、本格始動★

一昨日届いたチャレンジ『新一年生お祝い号』?みたいなボックスを開けたら、ヤル気満々に!ようやくエンジンかかってきたようです。

お兄ちゃん達は今日が修了式。
どんな通知表をもらってくるかな〜?とちょっと楽しみにしつつ...

一足先に「春休み」に入っている人は、終わっていないチャレンジ「じゃんぷ」号をお勉強時間として消化しに入りました。

実は、写真のは、「じゃんぷ9月号」(^ー^;)
...只今、3月。
(※「じゃんぷ」=ベネッセの幼稚園年長さん用シリーズの名前)

...というのも、たぶん、本来コレをやる頃、いくらひらがなを一緒に読んだりしても全くアタマが追いついていかなかったようで(←2月早生まれ児のむぎ)、「もぅ、ツカレタ...;」「...イヤだ;」などと言っていたので、「まだこの子には早いのかなぁ〜?」と放っておいたのです。。。

でも、“その子に合った時期”というのはちゃんと来るもののようで...
(▲お兄ちゃん達にもそれぞれ、そういう「スイッチのスムーズに入り時」というのはあったので...しかしながら、このタイミングだけは「その子その子によって全く時期が違う」「上の子がどーだったから...というのは全く参考にならない;」というのは、私の解釈として認識済み。)

今年、年が明けてからは、グイグイと自然に文字や数にも興味を持つようになり、急にこういうこと(=文字や数字、カタチなど...)に積極的な姿勢が他のことでも見られるようになってきました♪

「さて...いよいよヤリ時(=ちょっと手を貸せばグイグイできるようになる時機到来?)ですかな...??」と観察していて思った母は、この月曜日から彼にどんどん残っていた教材を渡しています。(笑)

元々、テレビゲームが大好きな子。(←私が仕事している最中、テレビゲームをお相手に放っておいたからか(^ー^;)?! )

でも、ちゃんとその子に合った『旬』がくれば、「自分に興味の持てるちょうどよい勉強は、脳に気持ちがいいらしい★」ということが、ここ数日のむぎを見ているとわかります。

ひらがなを辿り、読むスピードは、日に日に面白いように早くなっていきます♪


ただし...
一つ悩みがあるとすれば...

やっぱり横にいて見守る程度でいいとはいえ、ずっと隣にいないと集中力は持たないので、仕事とPCをダイニングに持ってきて隣でやっていて...こっちがなかなか集中できない;ということです。。。


...あっ... でもそろそろ電池切れの様子。。。

「ちょっとWiiやるから、DVDの入れて...」と言われた只今です。。。(笑)

まぁ、さっきからかなりペースあげてがんばってたから、いいね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「陛下支えるため」皇后さま草履に

「陛下支えるため」皇后さま草履に
「追悼 和服姿の理由」
  (朝日新聞:2012年3月16日掲載)

11日に国が主催した「東日本大震災1周年追悼式」に天皇陛下とともに出席した皇后さまが和服姿だった理由…

それは、「陛下がバランスを崩したときに支えるには、ヒールのある靴より草履のほうが歩きやすいから」という理由だったことを、15日、宮内庁幹部・側近の方の話として明らかにされたそうだ。

和装の喪服姿は記録でみる限り、皇太子妃時代の1964年にお亡くなりになった、ギリシャの当時の国王を悼む式典が東京であった時以来、とのこと。

天皇陛下を一番身近で支える皇后陛下の…こういう姿勢、ご夫婦のお気遣いしあう雰囲気と、お互いを一番理解しあい、寄り添われる考え方…というか、スタイル。

皇后陛下の公務、夫婦のカタチに現れる配慮…というか、思いやりに、大変感銘を受けました。。。

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちょっと税務署に...」

今日はもう幼稚園は半ドン⇒今週末には『卒園式』。

朝、幼稚園へ出かける前のむぎに、
「ねぇ、今日はお昼ご飯食べたら税務署行きたいと思っているから、悪いんだけれどおつきあいよろしくね!」

...と言ったら...

むぎに「えっ? ゲームショウ?? なにがあるの???」と聞かれた。

...?!? ←さっぱり意味のわからない母。。。

むぎは

  「ぜいむしょ」⇒「げーむしょう」

...と素敵に聞き間違いしたらしい(^ー^;)


  「ぜいむしょ」≠「げーむしょー」...(爆)

そんな素敵な楽しいところならいいんだけれどサ、きっとこの時期結構待ち時間のあるメンドクサイ場所だと思うよ...;(苦笑)

今年は、3月2日に無事、決算⇒青色申告・確定申告作業を終えられたので...ちょっと出し忘れたものを出しに行くだけなのですが...あの税務署の混みようは...想像するだけでメンドー;
▲2日は、書類提出だけだったので時間はほとんどかからなかったのですが。v(^ー^)v
 しかし、ウチから税務署までが遠い(距離が)の...orz
 市内に税務署を持てるほど大きな市に住んでいないので;


幼稚園が半ドンの日に「ちょっと...ゲームショーに連れて行ってあげられる」母だったらよかったんだけれどね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょうど一年・・・

今日はいっつんが今月17日までに使いきらなければいけない、スイミングのフリーカード(=どうやら半年間昇級できないと「もう少しガンバレ!」?と支給されるらしき、自分の普段のレッスン日以外のレッスンで使える、練習参加券。二ヶ月に検定が一回なので…今回は2/1~3/17までで使いきらなければいけないチケット5枚!)がまだ2枚残っていたので、1枚を使い切るべく、初めて日曜日のスイミングスクールにお昼間行ってきました。

普段の平日レッスンと違い、想像していたよりずっとレッスンを受けている子ども達も少なく、なんだかゆったりとした時間。。。

レッスンが終わって→帰宅。。。

ちょうど午後2時台のカーテレビが「黙祷…」と告げた時間は、私は自宅の車庫にバックで車を入れつつ…⇒いっつんは後部座席で黙祷…をしていました。


夜になり…いろいろに報じられる東北の映像を見ながら…

ちょうど一年前の同時刻は、家に帰ることもできず(←家族の無事は確認できていた)、慣れない出先の仕事先にて、デパートみたいなところのワンフロアーにお世話になり…しかし、テレビなどの情報もあまりよくわからず、外の状況もよくわからず…度重なる余震に怯え…メールや携帯も繋がりにくかったので…

そういえば深夜まで、SNSになにか書き込んだり、まわりのお友達が書いているのを読んだり、励ましてもらったり、ネットニュースを見たり…と、SNSには大変お世話になった一日だったっけ。。。

そんなことを思い返していた夜。


子どもの小学校の給食着にアイロンをかけ…
幼稚園の制服のブラウスとスモックにもアイロンをかけたりしながら…
震災特集のテレビを見ていました。。。


私が7年間通った幼稚園。

息子のスモック、ブラウスにかけるアイロンも…いよいよ今晩が最後。。。

むぎなんかより、私のほうがどれほど感慨深いか…なんて思っちゃう。。。(笑)


いっつんの卒園の時も、ひびの卒園の時も…こんな気持ちには全くならなかった。。。

ひとりっこのお母さんは…子どもにまつわるイベントが、毎回これくらい胸にキュンとくるんだろうな~…とも想いを馳せながら…


今日という日が、あたたかい日差しに包まれながら…本当にフツーのある意味「平凡な日」として過ごせたことを、とても幸せ…と感じられた一日でした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「君がいて良かった」この一言を目指す

…というのはカッコイイな…♪

2012年2月26日の朝日新聞【朝日求人】『仕事力』
糸井重里が語る仕事_4
「喜んでもらおうよ」

…に書いてあった、糸井さんの言葉。


いろいろ、そうだな〜…と思えるお話が書いてあった中で、後半に書かれていたこと。

   ***

 働いている中で誰かが喜んでくれるってことは、自分がいて良かったということ。仕事を通して存在を肯定してもらうことです。

 (中略)

 「君がいて助かったよ」って言われるほど格好いいことはない。思いっきりバットを振って、ちゃんと芯に当たって届いたという事実ほど働きがいになることはないよね。自分だったらこうやって、あの人を喜ばせてみようと具体的なプランを描けば、仕事は動き始める。

 世間が考えるようないいことをしているのが素敵な自分なんじゃなくて、喜ぶ人の顔を思い浮かべていきいきしているのが素敵な自分だと思う。それがあなたの仕事なんですよね。

   ***

「自分にとって大切な理由を探す」…という姿勢。

なにか、これでいいんだ、という、肩をポンッと叩いてもらえた気分です♪

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »