« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

いじられキャラ

学校で出る「音楽会」には、ある程度統一した服を着る...ということで、「白いシャツ」と「黒いズボン」がいる_と言う長男(小5)。

手元に合ったスーツの白いシャツとズボンがまだ着られるサイズだったようなので、それを持たせました。

「靴下は何色がいいの?」「このシャツはネクタイが着くけれど...そーいうのはいらないの?」「ズボン...ベルトはないんだけれど、サスペンダーはあるから、それをしたほうがよくない?キッチリしたちゃんとした感じになるし...??」
...なんだか勝手がよくわからないので、使うかな?と思った衣類一式をみな袋に入れて事前の指定日、学校へ持たせました。

「学校で先生に聞いて、いるものだけ身につければいいんじゃない?」と。。。

   ***

...っで、いっつんが学校から帰ってきた夕方。

「...っで、どうだったの?音楽会用の服...??」と聞いたら...

「まず、サスペンダーしてみて...⇒先生に聞いたら、いらないって。
それを見ていた友達から「おまえ、幼稚園生かよっ!」ってつっこまれた〜(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ」って。

「あぁ、そうなんだぁ〜。...っで、ネクタイは?」って聞いたら

「ネクタイもしてみて、いります?って先生に聞いたら、いらないって。
それを見ていた友達から「おまえはサラリーマンかっ!」って今度はつっこまれた〜(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ」って。

「シャツをズボンに入れたら→ずり落ちるようなことはないみたいだから、それでいいみたい♪」という結論に。

いつも「オレ、いじられキャラみたい〜!?」って言っているいっつんですが、学校ではこんな会話が繰り広げられているようです。

なんだかんだ言いながら、それなりに楽しく過ごせているようでよかったよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てのごほうび

長男(小5)の市の小学校の5年生全体で行われる「音楽会」?のリハーサルが見られる、というので、今朝はちょっと学校に行ってきました。

毎年、5年生だけが出るらしい。本番は市のホールの収容人数の関係で保護者は見られない様子。

ここのところ音楽の専科の先生の熱心な指導の元、毎日本人結構大変だったらしいのですが、今日見せていただいた感じでは素敵な仕上がりになっていたように感じました。

合奏一曲と合唱一曲。

それにしても...
学年全員で一同になって演奏して歌って...するのですが、歌には特に...涙腺弱いのよね〜。。。

5年生にもなると、みんなで違う高さ歌ったり...のハモリとかも上手にできるようになるのね〜。。。
5年生全員の声、歌詞が心に沁み入り...
⇒今朝も朝から涙が出そうになりました。

こういう子どもが成長してきたな〜...っていうのを見せてもらえる「成果発表会」は、子育てのごほうびだな〜っていつも思う。こういう姿が時々見せてもらえるから、子育てってすごく大変だけれど頑張って...絶えられて→またがんばろう!がんばれるかな?...とか...いつも思う。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリップ感ゼロの靴下

いろいろな整理を始める今日この頃。

大晦日の紅白歌合戦の出場歌手の皆さんなんかが発表されると
⇒一気に年末が押し寄せてくる感じ...;^_^A

洋服ももう少し減っていいなぁ...と思って地味に処分し始めてみるも→いつもなんか「処分時」に失敗しつづけているのが→「靴下」(笑)

もう、足首のところにフィット感とかグリップ感がなくなってきているのに、底やかかと部分、つま先部分はまだ十分大丈夫な靴下が...

履いては→「あっ...もうユルユルではき心地悪いし処分しよ」と思う→「でも、もう今日は履いちゃったし、脱ぐのも面倒くさいし、今日履き終わってから処分でいいや」と思い→一日が終わって洗濯物カゴにうっかり入れ→干す時には処分しようと思った靴下だったことを忘れ→洗濯→干して→他の靴下に紛れてたたまれ→タンスに戻り→また出して履いてから気づき...

...f^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひびくんのビックリレベルまつがいな日々...

ひび、「日本」と書くつもり満々だったらしいところで→「二本」って書いてたのを発見...orz

え゛ぇーーーっ!!! ( ̄O ̄;)

ナニカの「変換し間違い」ならともかく...「手書き」の本気マチガイ...!?デスヨネ_σ(^_^;)

サッカー好きなひび。。。
いつもドコ見て応援してたんだろ!?

いっつんにはありえないレベル(長男にはありえなかった)の間違いレベルの高さに母ビックリ...(ー ー;)

マチガイ当初、いっつんに早々に発見され「アリエネェーーー!!!...Σ(゚д゚lll)」と言われ
⇒「どこかすっごい間違っていますが、どーこだっ!??( ^ω^ )」といっつんに言われたひびですが...
→全く...なかなか気づく様子のないひびに...

「ひび...ヤバくね?!( ̄Д ̄)ノ」といっつんから母に通報が入りました......orz
▲母も...ちょっと...いや、かなりヤバイと思います...(-。-;

いっつんの通報により、見に行ってみたら⇒しれぇ〜〜〜っと「二本」→「日本」と訂正されて→しれーーーっとしていたひびに...母はつまんなかったケド...!?(笑;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武勇伝(小1・三男編)

【一昨日】
むぎ氏=5時間目の授業で居眠りしたらしく→放課後「漢字」でのこべん(=居残り勉強)だった...というのをひび(兄・小3)から聞いた......orz

【昨日】
帰りの会で連絡帳に次の日の持ち物や連絡事項を書くのに、“一番速く書き終わって⇒クラスで一番になりたかった(!?)”というのが実現できなかったらしく(←要するに「遅かった」ってヤツ)、機嫌を損ねたのか、激高泣き!!!して、クラスのみんなや先生を唖然とさせたらしい......orz
▲むぎのクラスのある階の上の階で巡回(?)していらした養護(=保健)の先生までがその鳴き声にビックリしてむぎのクラスまで飛んできて様子を覗いてくださったほどだったらしい...;
⇒後で、長男のいっつん(小5)がその話を養護の先生から伺う機会があったんですって;
(※以前いっつんは「保健委員」をしていたので、保健室好き?のいっつんは養護の先生とは学校でよく会うとお話しする機会が多いんだそうな。)

普段はわりとニコニコでそれなりに温厚なキャラらしきむぎなので、担任の先生はすごく心配して夕方お電話までしてくださいました......orz
▲ちなみに、帰宅後のむぎは“いつもどおり”でこんなことが学校であったなんて...こっちが夕食時にこの話題に触れるまでぜんぜんひとことも言わず;

かなり小さい頃から、それこそ「眠くなった時に、自分のしたかったことがうまくいかない」とかいう理由で、たまに「キレる」という表現がこれほど“こーいうことなのか?!”と、親や周囲がびーーーっくりするくらいの叫ぶ大泣きとかをたまに披露してきたむぎ氏なのですが...
私としては、もう最近だいぶ少なくなってきたし...と油断していたら、まさか「学校で」披露したとは.......orzとは_はふぅ〜;

親でも誰でも手を付けられない「泣!激高スイッチ」がナニカで入っちゃうとものすごいんだよね〜〜〜;
幼稚園でも一回だったかはやったかな......

もう、本人納得で泣き止むまで放っておくしかないの。。。
(▲本人も気持ちの整理ができなくて、どーしようもなくなる...というような症状になる様子。)
この症状がそこそこよく出ていた小さい頃は、窓を閉めていても近所中に聞こえそうな声だったので、「私が虐待しているって思われていたらどーしよ?!」とか、発生時間が深夜だったりした場合には→近所ご迷惑を本気で心配したものです。。。)

それにしても、兄達の学校ネットワークは心強いわ〜。。。
通報(?)もすぐ入るし、兄弟が3人も学校にいるから、私もお世話になり知っている先生が多いし...いろいろなお母さんからいろいろな話も聞けるし...(なにせ3人分つながりの母網)

うーーーん、今年はスゴい!!!

そして、三男の武勇伝の数々も...想像以上にスゴい......orz
兄達が1年生の頃には考えもしなかったような種類の武勇伝の数々。。。
......(T_T;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気象台で「初霜」を観測

今日は寒かった...
暖房をかけないと、たいして高くもない鼻先でも冷えて冷たかったわ〜...

室温も朝15度以下も示すようになり→いよいよ暖房かけるか...と思い、フィルターも掃除してかけたものの⇒すぐ「フィルター詰まり」サイン。。。;

フィルターを洗剤でも洗ったりしたものの、もっと本体の奥の方がホコリっぽいのが見え...
「これももう10年以上か!?」ということにふと気がついたり。。。
でも→掃除機が入らず...こりゃぁ〜分解しないと掃除できないなぁ〜...と思いつつも、どー考えても本来「分解していい範囲」でないことは目に明らか。

ビスを何本も外して分解して...とやらなくてはキレイにできなそうだったので「もしも戻らなくなったら...」と思うと、寒いけれど「もうちょっと落ち着ける時間にやろう」と思い、暖房を切っていました。

...しかし...やっぱり寒いなぁ〜...と思っていたら...
ダンナさんが仕事の休憩が取れる時にやってきて⇒いきさつを話したら、結構な勢いでガシガシ分解し始めてくれ...ワタクシ、唖然。。。
(内心「もし戻らなくなったらどーすんの??」と心配するくらいの勢いでバシバシ分解。。。)
▲もし、戻らなくなったら「しょーがないなぁ〜・・・」って言って→新しいの買ってくれるのかな?と思いながら、見て見ぬフリして違う用事をしていました。

テキパキと分解→掃除機を細かくかけてくれ→組み直し⇒無事復活★

10年以上になると、フィルターの内側までもホコリがこびりついちゃったりするのね〜...と思いながらも、これでまた数年は安泰?とホッとした寒い日でした。。。

こんな毎日が「我が家がわりと物持ちよい証拠」(笑)

無事元通りになったからありがたかったものの、ダンナさん=あまりに迷いなくバシバシ分解して行っていたので⇒元通りになった後、「もし元に戻らなくなったらどーすんのかな?!って思って見てたよ」とダンナさんに言ったら→「ワイルドだろぅ〜?」という一言とともに仕事場に去って行った。。。

頼りになる「インドアなワイルドダンナ」!?←文字にするとなんとも中途半端な感じのワイルドさに。。。( ´,_ゝ`)プッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年生の2学期の過ごし方には注意しないと〜...

3年生の2学期は「小学校6年間で最もつまづきやすい時期!」
Image
(c)ベネッセ

今、学習習慣をつけておくかどうかが今後の学力の伸びを左右する
Image_2
(c)ベネッセ

今のところ、ひびは前向きにチャレンジもサッカーも頑張っているので、見守ろう♪
彼の場合の課題は「漢字」そうなので...そこは何かいい方法を考えないと...なんだけれど...f^_^;

やっても→すぐ忘れちゃうみたいなのよね〜...
▲課題は「定着率」のあげ方。

いっつんは、一度しっかり覚えると→定着率がかなりよいタイプの脳のしくみらしく...
▲ひびの脳の構造とはタイプが違うらしいんだな〜...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »