« 2012年11月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年12月

あなたは文系脳?理系脳??

さて...昨日「へぇ〜〜〜っ!!!」な発見をしました。

只今、むぎ(小1)は算数で「くりさがりのあるひきざん」というのをやっています。

...っで、いつものように宿題をやっていたのですよ。
あいかわらず、すっごいゆっくぅ〜りゆっくりぃ〜〜
...な進み具合(^-^:)

「 11ー7=  」っていうような、よくありふれた内容です。

むぎがゆっくぅ〜りゆっくりぃ〜〜やっているので、でも着実に、式を読んだら→すぐ答えは出ていそうだけれど...

...っで、どんな風かな〜??と思って、彼がやっているのを覗き込んでみたのですがね。。。

彼がつぶやきながら一問一問やっているわけですよ。
...えぇ、よくある光景です。。。

「えーっと...7から1をひくでしょ〜。6だからぁ〜・・・10から6をひくでしょ〜・・・、...っでこたえは4★ でーきたっ♪」

「えーっと...つぎのわぁ〜...」

・・・・・・Σ(・ω・ノ)ノ! エッ?!あれっ!?

とっさに私の口をついて出そうになったのは
「えっ? 1から7はひけないから、10から7をひいて3。3+1=4。こたえ=4_じゃないの??」ってコト。

えっ?! 「7から1引いちゃうの...!?そっち向き?!」

...しかーーーし!!!
むぎのやり方のほうが、どう考えても計算ラク!簡単!!
一瞬「うそぉ〜〜〜ん!?」と思って...
⇒彼がやっている宿題プリントを見ながら、彼のやり方でどの問題も唱えてみたら...→「全問正解☆」になるワケだ......orz

え゛ぇーーーっ!!!ノ( ̄0 ̄;)\!!!

算数を小学一年生で習って...アタシ、何年経ってる?!それなのに、こんな計算のしかた、したことなーーいっ!!!と、我ながら絶句。。。( ̄◇ ̄;)

あんまりビックリしたので、小5のいっつんを呼んでみて、ただ「11ー7=  っていう計算、いっつんだったらどうやる?」と聞いてみた。。。

いっつんに聞いてみたら「1から7はひけないから、10から7をひいて3。3+1=4。こたえ=4_ってやるんじゃん?」←これを聞いて、ナゼかどこかほっとしたワタシ。。。(笑;)

そこで...テレビを見ていたひび(小3)にもちょっと聞いてみた。
「11ー7=  っていう計算、ひびはどうやってる?」と。。。

テレビを見ながら、若干メンドクサそうな彼は「え〜? 左側が11だから、一の位が1でしょ。だから、7を6と1に分ける。10から6をひいて4。こたえ=4_ってやるけど...なんで??」

エ゛ェーーーッ!!!ノ( ̄0 ̄;)\!!!

もうね...ビーーーックリ!!!ですよ。。。

今まで、子ども達と「くりさがりのあるひきざん」を頭の中でどうやってる?なんて会話、したことなかったことに改めて気付き...

どこかで、「1から7はひけないから、10から7をひいて3。3+1=4。こたえ=4」ってみんなやっているのかと...思ってたのぉ〜〜〜;

ナニカ、あんまりビックリしたので、むぎに「ねぇ?いつからこういう計算のしかたでやっているの??」と聞いたら、「えっ? 計算ブロック(←1年生でみな使う、引き算や足し算の概念を学ぶためのアノ...ブロック=数え棒のような...数数えブロック=昔のマグネットおはじきみたいなの)でやっている時にこれがやりやすい♪って思って、それからずっとこれだけど...??」と、“ママ、なんでそんなこと聞くの?”って感じ。。。

むぎがこのやり方なのもビックリしたけれど、ひびがあのやり方なのにもビックリした。。。

いっつんにむぎのやり方伝えたら「エ゛ェーーーッ!!! そんなやり方!?...っていうか、こっちのほうが簡単だし。。。;」と崩れていました。。。(爆)


たぶんね、これを読んで「えっ? ひびくんとかむぎくんとかみたいに...やらない??」とそっちが標準の方もいるでしょうなぁ〜...と思い。。。

子ども達を見ていると、好きな科目とかみても、たぶん
「1から7はひけないから、10から7をひいて3。3+1=4。こたえ=4」とやっている人は⇒「文系脳」

「7ー1=6→10ー6=4 こたえ=4」とか
「左側の一の位が1だから、7を6と1に分ける。10ー6=4。こたえ=4」とか...ってほうでやっている人⇒「理系脳」

...だと思う。。。という結論に...勝手に至りました。

そういえば、ひびとむぎは、ブロックや立体パズルや...がとても得意★ 対するいっつんは...暗記もの系が大得意★だけれど、あまりブロックや立体パズルは得意ではない...
▲これも、「持って生まれた脳の性格」だと思う。。。

あなたは...どっち派?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハイクラス・サンタ」へのお手紙

あーーーっ!!! ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
・・・という間に、「今年も残すところ“あと11日”にて終了〜・・・」

・・・(; ̄Д ̄)なんじゃと?

...と我に返りながら(←我に返ってみても返らなくとも、まだ年内にやらなくちゃいけないこと山積みですけれど。。。

まずは、うすうす気付いてはいたけれど、こちらもあーーーっという間に『クリスマス』とかいう、“お葬式の時には「うち仏教じゃん?」と大人になるとよく気付くけれど?”という立場ながら、『日本のコドモ』は楽しみにしているイベントデーまで一週間切っているワケで...

「終業式」とか「通知表」とか「自分達の成果=成績」とかの行方の心配はないんかぇ?...と聞きたくなるウキウキ気分の子ども達。。。

12月の最初にあった保護者会とかでのお母さん達の廊下での立ち話は、もっぱら「うちの子がさ〜○○が欲しい!ってサンタさんに頼んでるんだけれどさ〜・・・どこも売り切れでさ〜〜〜・・・どっか売ってるところ知らない?」とかいう、サンタの手下達の作戦会議?だったワケですけれど。。。

うちに来てくれるサンタは、もはやこれ以上おもちゃが増えるのもかなわず...(←サンタの事情じゃなかろう?)「3人で楽しく遊べるものを一つ希望せよ!」みたいなことに、いつからか願い事を圧縮させているのですが...(笑;)

「ほら!サンタさんも世界中の子ども達のところを“24日の深夜限定配達指定”がかかってまわっているわけだから、一つのおうちに3つもプレゼント届けるのは...サンタさんにも悪いから、あんまりお願ごとハードにすると、うちだけ「そ〜んな贅沢なこと言うんだったらメンドクサイからもうプレゼントナシ!」とかなったら困るじゃ〜ん??だから“兄弟みんなで楽しく遊べるもの!”というお願いにしなよ♪( ̄▽ ̄)ノ"」とかとか。。。(←サンタさんにお願ごとする作戦会議に、頼まれもしないのに乱入。。。爆)

そこで考える子ども達。。。

「ウ〜ン......(゚ー゚?)(。_。?)(゚-゚?)(。_。?)」

...っで、最初は『太鼓の達人』の「ゲームと太鼓がセットになったもの」が一番欲しい!
となったんだけれど、「超人気の一品★」らしくてサンタは全く入手できる気配もなく...早々に白旗(←11月中でも白旗状態だった;)......orz
(▲人気を見込んで買い占めてがある?大人の事情のせいらしく、ものすご〜く高いお値段払えば買えるみたいだけれど...定価で買いたいし...アホらしぃ_怒;)

...っで、それとなく他には??と聞いてみたんだけれど、なかなか決まらなくて。。。

そこへ、サンタ自身が『Wii U』が欲しい?!とかいう、なんだかヤヤコシイ話となり...( ̄ー ̄?).....??アレ??
(※我が家は、『ゲーム本体』は親のもの。『ゲームソフト』は子どもに所有権があるものもあり、というルールのため、『ゲーム本体』は“子どもへのプレゼント”ではお誕生日もクリスマスもプレゼントされることはありません。
...というわけで、逆に言えばそのうちクリスマスと関係なくこっそりWii Uは増えるのか?!_笑)

「ねぇ?Wii Uのゲームとかでみんなで遊べそうな欲しいモノとかはないの?」と子ども達に聞いてみたら、Wii Uは子ども達にはものすごいウケが悪くてビックリ!

「ゲーム機はすごいかもしんないけど、あーんな遊べるゲームがほんのちょっとしか出てないの! それも“新しいWii Uでしかできないようなゲーム”は“大人が面白いようなもの”しかなくて、子どもが楽しいようなものはぜんぜんないじゃん!それに、子どもが楽しめるようなものは、“みんな今までの王道ソフトをWii U版にしたようなもの”ばっかりで、なーんにも面白そうなものないもん!!」

さすが、子どもも5年生、3年生あたりになると、こういうことがよくわかっています。それも、結構ゲーム好きないっつん(5年生)の分析は...よくわかっています。。。
これらを言われたら、大人の事情もちょっとは加味してほしかったサンタも反論の余地ナシ!です......orz
(▲事実、『サンタの作戦会議』(@お母さん達の立ち話)でも「うちの近くじゃ、うちの娘の欲しいっていう○○はどこのお店とかネットショップとか行ってもないからさー、都心ならあったりするんじゃん?と、ダンナに会社の帰りに“これこれ買ってきて!”とお願いしたら、さがしてもさがしてもやっぱり都心でもなくて、もう疲れてメンドクサくなってきたダンナに“オレはWii Uが欲しいよ。もうWii Uでもいいだろ?”と言われ、“逆ギレかよ?!”って...(; ̄ー ̄川_というハナシがいっぱい出てたのよね。www)

...っで、子ども達が欲しそうで、あったら盛り上がりそうな...が▼コレ。


ファミリーフィッシング (さおコン同梱版)
(※「Wii U」ではなく「Wii」のソフトです)

もちろん、子ども達には具体的には聞けないので...彼らが最近の3人での盛り上がりから→好きそうなアイテムからチョイス。。。

最近は、ゲームもネットに簡単につなげちゃうので、「課金システム」があるゲームを「子ども達にやらせっぱなし」で触らせるのもなにかあったら困るし...

そういう意味では、あるのかないのかは知らないのですが、こども向けにはやっぱり『課金とかネットに繋ぐのにロックが簡単にかかる』(←親がかけて子どもでは勝手に解除できない「暗証番号など」)機能がとても欲しい。もちろん『大人の事情』として、“課金システム”にたよらないとゲーム業界がしんどそうなのは知っているけれど、それと“子ども対象のゲームのソレ”は違うわけで...。だから、ゲーム情報にもその辺りのことがしっかりわかるように明記してほしい、とは“企業ブランドイメージ=努力”としてお願いしたいものです。。。

...っで、本題としては...

親からはもう別なものを他に準備しちゃっているので、これをうちのサンタよりもっと位の高いサンタにお願いしようと...こんなところに書いてみた次第です...
...m(_ _)m

えーっと...
「あーちぃ〜!グランパ〜!!お願いしまーーーす☆」
  ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク
※お願いが遅すぎて、クリスマスに間に合わなくても...言い訳はまかせて!!!(←(゚▽゚*)?!)

...って、アナタ、いまだにあなたがサンタ頼み...?!
 (^-^;)エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車のタイヤがパンク;

今日は、本当なら子ども達の習い事の送迎の時間までに帰宅が間に合うはずだった「車」が...

ちょーっと仕事がのびてしまった+都心の渋滞に巻き込まれ...
⇒ギリギリ習い事の時間の送りに時間に間に合わない様子!?が発覚!!!

さぁ〜!困った!!どーすっかなぁ。。。??

スイミングまでは片道6キロ。
自転車でも行ける!
しかし、子ども達が帰宅する時間からは、車→自転車に急遽変更するもかなりギリギリの時間になるのだ;

お天気は「晴れ」=「自転車では行ける」

車、何時頃帰ってこられる??と電話でやりとりしながらも...⇒どうしても車の到着時刻が間に合わないことが確実になってきた。。。

さて...

とりあえず、いっつんは自転車で一人でも行ける。(←「振替レッスン」を受けるのには別途費用が発生するので、なるべく回避したい母。。。)

じゃ、ひびとむぎはどーしよぅ...??

...しょーがない!全員で自転車で出発か!!

ちなみに、実は、先週も、仕事でスイミングに連れて行くことができなかったので、その時も、いっつんは自転車、ひびとむぎ→振替レッスンを受けるしかないか;となっていたので、今週は出費がかさむこともあってなるべく避けたい母...;

そんなわけで...

「いざっ!!!」といっつんとひびとむぎとスイミングへ自転車で。。。と思ったところで...

...あ゛ぁ〜〜〜っ!!! (ヘ;_ _)ヘ ガクッ

私の自転車のタイヤがパンクしていることが発覚!

...そーいえば...

昨晩の英会話のレッスンからの帰り道、道中にあるスーパーにお買い物に寄り→お買い物終了して子ども達とスーパーを後にしようと思ったら→前輪のタイヤがぺちゃんこ;...で、近くの自転車屋さんによって、空気入れてもらったんだったぁ〜......orz

その時は、なにか、イタズラで空気抜かれたかな?くらいにしか思っていなかったので、自転車屋さんは親切にもタイヤの虫ゴムだけ変えてくれて→「様子を見てください♪」って空気入れてくれて...⇒そーいえば...無事帰宅できちゃったんだった。。。

今日は一日忙しかったから、そんなこと、すっかり忘れていたよ!?

...てなワケで...

⇒いっつんとひびには自転車で「急いで〜!でもゆっくり走ってぇ〜〜〜!!!」と大急ぎで送り出したのでした。。。

玄関前で、ぽつねーーーん!と全て支度が整い、焦っていたのに突然取り残された私とむぎ。。。

さーて...むぎと顔見合わせ...
「こんなに急いで頑張って用意したのに...行けなくなっちゃったね;」とショボーン...
...( ´△`)アァ-

でも、このままだとすぐまた忘れて困った事態になる。。。と、そのままの足で自転車を押して、ふたりで自転車屋さんへ、パンクの修理をしてもらいに行くことにしました。

「今頃お兄ちゃん達、どの辺まで行ったかなぁ...?」とかむぎと話していたら、「ママ〜、たまにはこーいうのも楽しいね☆」とニコニコのむぎ。

「...どのあたりが?」と聞いたら、「だって、珍しくない?今日は“自転車のお散歩”することになったじゃん?(*゚▽゚)ノ」だって。(笑)

“自転車のお散歩”ねぇ〜・・・(^∇^)アハハハハ;

「そうね〜・・・ いつもは乗せてもらってばっかり...だもんね〜。たまには、自転車もお散歩してあげたほうが喜ぶかな?」とむぎに言ったら→「自転車もたまにはお散歩もいいんじゃない?」...だって。

子どもの発想って面白いなぁ〜。。。('-'*)

「自転車のお散歩」かぁ〜...“犬のお散歩”と...似た感覚なのか?!

さっきまで大焦りでバタバタしていたのに...なんだかしっぽりする結末となりました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『漢字検定』に挑戦してみる気になったらしい

以前から「漢字検定挑戦してみない?」と声はかけていたのですが、さほどやる気にはならなかったいっつん。(←「いつもお試しは長男から」の宿命)

それが、つい先日、なにか学校からもらってきた「こどもしんぶん」みたいなのの広告欄に『漢字検定 第三回』の広告が載っていたのをみつけて、ふと「挑戦してみようかな」と言い出した。

あ〜〜〜らっ!母ビックリ!! w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

今まで“漢字が得意そうだから”と、いっつんが元々そこそこ漢字が好きなので勧めてみていたのですが、たいした興味→試験の申込をしてみる、ところまでもいかなかったのですが...それが急にナゼ?ナゼ??

...っで、よく見てみたら、次の「第三回」というのは“検定の受験料の入金締切り期日まで1週間”しかないことがわかり、善は急げ?で⇒焦って近くの書店に行って申込をしてみよう、ということになりました。

そこで、じゃあいっつんが受けるなら?と、弟達二人にも「漢検受けてみたい人〜?」と聞いてみたら、ひびは丁重に断ってきた。(笑)しかーーーし!ここで意外な人が参戦?!
「やってみたぁ〜い!!ヾ(@^▽^@)ノ」...とむぎが。

これにはまたビックリ!!

こだわりが強く、なにを勧めても、わりと一瞬で自分が気が向かないと勧めた親の方がげんなりするほど斬るように却下してくる普段のむぎ。

それが...こちらもどういう風の吹き回しか?(←宿題だってそれほど...だし、勉強だって...自分から進んでやるのなんて見た事ない...んだもの。)

まぁ、いいか、物は試しだ!
むぎには「検定で合格」なんて期待しないから、でも、お兄ちゃんと一緒に「検定のためにがんばってみる」ということをしてみて欲しい!と。。。

⇒...で、検定の申込をしに。

実際の試験日は、2月3日だそうで、それまでに冬休みはしっかり問題集をやってみる、ということにしてみようといっつんと。

実は、むぎの問題集は、いっつんが一年生当時に買ったものがあった(←もちろん(?)最初の数ページ以降やった形跡がない。_苦笑)ので、それもあって、むぎには『お試し』させてみることにしました。

いっつんには新しい問題集を買ってあげて...
「5年生の漢字までが全部わかった状態=6級のテスト」となるらしく、2月現在では、特に塾等行っていないいっつんは、少し前倒しで漢字を冬休みに覚えきってしまおう!という作戦。

ちょうど6年生目前なのもあり、彼の前向きな姿勢に「いいじゃん☆」と褒めてみた♪

   ***

さて...

わりと何事も「自分から積極的」という姿勢とは言い切れないいっつん(=わりと何事にも保守派)が、なんで「漢字検定を受けよう」なんて思ったのか?と聞いてみた。

そうしたら...
意外なことが理由だった。。。

つい最近、ひびが、なにやら都の小学生の「美術展」?みたいなのに出してもらえる!と、「学年代表」の一名に選ばれたらしい。(...ということで、うちの小学校からは各学年一名の計6名が出展者になる様子)
性格と思考がわりとオメデタイひびは「オレ、そーいうので表彰状とか初めてもらっちゃうのかぁ〜??」とウキウキ♪♪♪
▲しかし、悪いがそういう美術に関して厳しい評価しかできない親の私達は「あれで...そんなことないだろう...」とか“そもそもそういうのに出て表彰状なんて...もらえるの?!”とウキウキ顔のひびを横目にふたりで首ひねっているんですけれどね。。。

もし、「賞状とかもらったら〜飾ってくれる?」とか、今から捕らぬ狸でしょうが...後で落ち込まないでね〜そんなシステムがあるとも先生からうかがっていないしぃ〜〜〜とある意味心配する私の気持ちなども知らず、「来年の1月か2月に上野の都美術館?にオレの作品が飾られるんだってさぁ〜♡」とルンルンのひび。

しかーーーし!!このウキウキのひびを横に見ていてビミョーに面白くなく感じている人がいたとは知らなかったぁ〜んだわ。(笑)

ふと「オレ、賞状とかもらえるとしたらなんだろ...??」と、ちょっとひびのこの様子が面白くなく悔しく感じていたらしきお兄ちゃんが考えたら...→「オレが得意なもの...」→「漢字だったらひびに勝てる!!」ということだったらしい。。。

「ママァ〜!漢字検定とかって、級に合格したら賞状とかもらえるの?」という質問に...
⇒...???

「満点で合格★したら賞状とかあるみたいだけど...?」といっつんに言ったら→「ヨシッ!」...だって。

でも、そもそも若干気弱だから「...えーっと、どれくらい点数とれたらそもそも合格できるの?」と聞くので「70%以上できたら合格_だってよ〜」って教えたら、「まぁ、少なくとも7割以下ってことはないだろう」と⇒受験してみることにしたらしい。

いやはや...“子どもがなにかガンバロウ★と思う時”には、いろいろな「動機」があるものです。

いくら親が勧めてみたって...「やる気にならない時はならない」んだと...この3人を見ているとホント...感じます。。。

それにしても...丁重に断ってきたひびですが...
昨日返ってきたテストは
「市町村」→「しまちむら」と書いてバツになってきてました......orz

ママは、そーいうひびにこそ本当は「漢検」とか頑張ってみてほしいんだけれどねぇ〜;と切実に思いながら。。。

「不得意の克服」も重要だけれど、「得意なことを伸ばす」方が、親子共々やる気になりやすくて幸せってもんよねぇ〜・・・とぼんやり考えていました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「今日は何日?」

・・・と聞いてきたむぎに...

「どにちぃ〜!( ̄Д ̄)ノ」(=土・日〜!)
・・・と答えていたひび......orz

いつも「土曜日」に「今日は何曜日だっけ...?」と聞いてくるむぎもどうかと思うけれど、むぎの今日の質問にこう答えていたひびも......(; ̄ェ ̄)

「どんな親が育てている?」⇒...私だ;..._| ̄|○

...と思うたびに、どう接していくのがいいのか...考えてしまう。。。(ー ー;)苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【武勇伝?】むぎの漢字のテスト編

「ママ!今日すごいことあったんだぁ〜♪」とルンルンだった昨日のむぎ氏。
なにかな?と思ったら...⇒学校の「漢字の25問テスト」で100点☆をもらって帰ってきました。
「すごいじゃ〜〜〜ん!!!」と、いつも「給食後の5時間目の居眠り」とかの話題ばかり豊富な方なので、「やればできんじゃーん!」とすごく感心してみたり♪
(※テストの内容といっても、まだ漢数字とか...その延長でかわいらしい範囲ではありますが、とにかく“どー見ても、先生がかなりトメとかハネとかをかなり甘く採点してくださっている!”というのは、母にとってはお兄ちゃん達の漢字テストに比べたら一目瞭然であっても嬉しいものです♪)

しかし...次の瞬間...???

ナニカ...字が...ちょっと変な気が...(- _ -;)

「ねぇ...むぎさん...なんで定規使って漢字書いたの??」

「えっ...?? ナニナニィ〜〜〜?? 定規なんて使ってないよ〜?」と首振っているむぎ。。。

その私の一言が聞こえて集まってきたお兄ちゃん達...

ひびはテストの解答用紙覗きこんだ瞬間「えーーーっ!定規使わずにこんなまっすぐな線、ありえないっしょ!(→わざわざその辺にあった紙に書いてまでして見せてくれる...親切よう;) オレだって定規使わずにこんなにまっすぐな線ひけませーーーん!マジありえねぇ〜〜〜!!」

いっつんは...「...ありえねぇーーーっ!!!」

なにせ、いっつんの担任の先生は、ものすごーーーく漢字の採点には厳しい☆(←ありがたいことですm(_ _)m)漢字があっていても、トメ・ハネ・ハライでうっかり90点台になることが悩みな...そんないっつんからはこの一言しかないらしい。(爆)

むぎは「定規を使って漢字を書いた」は認めなかったのですが(←かな〜り後で結局認めたんだったかな...?)、「100点をとれたのはとってもすごい!!!...んだけれど、漢字のテストでは定規使っちゃいけないんだからね〜...よろしく!」と厳重注意。

それにしても、注意事項が「算数のテストで“定規使っちゃいけません”」ならわかるけれど、まさか「漢字のテスト」で「定規使っちゃいけません!」と注意する日が来ようとは...お兄ちゃん達の一年生の頃を振り返ってもそんな注意したことないし、するなんて...想像もつかなかったわ......orz

まっ...「日本」を「二本」と3年生で書いていて「どこか間違ってる?」とか先日言っていた人に「マジありえねぇ〜〜〜!!」とは...言われたくないんですけれど...ね;

ちなみに、むぎ氏のクラスでの席は...まだ席替えしていなければ、一番前(それも先生の席の真ん前)だったはず。。。

先生は何もおっしゃらなかったのかしら?!(※かなりの文字数に渡って、定規で漢字を書いて楽しんだ形跡アリ;)それとも“見なかったことに...!?”

なんだか本来の「学校生活」とかいう視点と違った意味で...本日の保護者会で学校に行くのがアタマ痛くなった私です......orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何十年ぶり?で何百mも泳いだ

...ぷはぁ〜〜〜|( ̄3 ̄)|

▲昼間っからビール飲んでた...とかじゃないのよ。。。!(笑)

今日は朝から、以前とった市内のスポーツセンターのプールで行われた「岩崎恭子さんの水泳教室」に参加していたの。
「東京へオリンピックを呼ぼう!」の招致イベントの一環だそうです♪

まずは午前に「小・中学生の部」にいっつんとひびとむぎ。
もうお嬢さんのいらっしゃるお母様になっている岩崎さんですが、可愛らしさは今もご健在で本当に素敵な方でした。

今日は市内在住のロンドンパラリンピックバタフライ銅メダリストの小山選手もゲストでいらしていて、なんとも豪華な楽しい会でした。

子ども達がレッスンを受けている間、プールサイド席にいたら、見学の保護者のところを小山選手は北京の時の銀メダル、ロンドンの銅メダルを持ってまわってくださって→実際のメダル、本物!!を持たせていただいたりお話しできたり...でとても感激しました☆
親戚などにオリンピックメダリストなどもいないわけで、そんな私がまさか“テレビとかでしか見たことのないオリンピックのメダルを手に持たせていただける機会があるなんて...!!!”突然訪れたすごい機会にビックリ!持ってみたら「これ、実際に首にかけたら肩が凝りそうですね?!」なんて質問しちゃうズッシリとした重さに「オリンピックではおめでとうございました☆ ...すご〜〜〜いっ!!!」とか月並みな発言になっちゃいましたけれど...(笑)

後で、岩崎さんが当時とられたバルセロナの時の金メダルも持たせていただき...昔のあの名言「今まで生きてた中で一番幸せです」というシーンをテレビのニュースで見たときを思い出して、また感動していました。。。

平泳ぎの金メダルを14歳で当時とった若さ記録は、今でもまだ塗り替えられていないそうです。

   ***

さて...実は、無謀にも“「一般の部」=自分が泳ぐ”というのに、子どもの時間帯のあと別に申し込んであったので⇒参加( ̄^ ̄)ゞ
▲...あまりの運動不足に→最初のウォーミングアップで100m泳いだだけでものすごく息が上がっちゃって死にそう!?_と内心大焦り(;゜0゜)

そーいえば、普段は「子どものお供」=「保護者業」でしかプールにきていないから、もう15年近く“自分の運動のための2時間”とかしっかり泳いだ記憶がなく...Σ(゚д゚lll)ドーシヨ!?
⇒この後一時間くらい“ずーっと泳ぎ続ける”なんて体力あるのか!?なんて...その時改めて実感したけれど時すでに遅いわけで...(;^_^A

「イベント参加」なんてルンルンしていましたが、いやぁ〜...講習→プールから退場してきたただいま→茫然自失でベンチに座むくたびれよう。。。(爆)

でも、岩崎恭子さんに手を取り平泳ぎをご指導いただけて→ロンドンパラリンピックバタフライ銅メダリストの小山さんの泳ぎを水中見学し...ものすごい夢のような時間でした☆

岩崎さんも小山さんもとっても素敵な方でした〜(*^_^*)
いやぁ〜自分が住んでいる市の身近なプールでこんな機会をいただけるなんて...最高!

でも、最初こそこんなんで大丈夫か?!と心配になったけれど、「ちゃんと指導をいただきながら泳ぐ」って全然違うね〜。
結局全部で何百メートル泳いだ!?と、たぶん我ながらトータルするとびっくりするくらい何本も泳いだはずですが、指導をいただくたびに、よくないフォームが直って行き→泳ぐのがどんどん楽になっていって...⇒講習が終わる頃には「まだまだ泳げる?!」くらい、楽になっていました。

ちゃんと指導を受けられて泳いだのなんて...何十年ぶりだろう?!
もう一度基礎フォームから習い直したらもっと水泳は楽しくなりそう!ととても貴重な体験をさせてもらいました♪

実際に岩崎さんにお会いしてみた感想としては、当時のイメージから変わらない、「水泳選手」というには想像以上にとってもきゃしゃな素敵な方でした。アドバイスはものすごく的確でナルホド!でわかりやすく...最後は握手とかしていただいたり〜♪


...いやぁ〜...見事にシドロモドロならぬう゛ぅぅぅ〜〜〜( ;´Д`)な始まりにどーしよっかと思った......orz

帰ってきてから、いっつんに「今日は結局ママはどれくらい泳いだの?」って聞かれたから→「まずはウォーミングアップで、はいっ!100m!!_っていうところから死ぬかと思った......orz 結局、あなた達と同じくらいは十分に泳いだよ。とりあえずスピードは不十分極まりなかったけれどあれだけの本数泳げた自分に今日は満足(^-^)/」とかいう会話をし...

息子と平泳ぎの手のかきが...とか談義でキャッキャと盛り上がれ→嬉しかったです〜♪

今日の参加賞は...岩崎恭子さんのサイン色紙と2020年オリンピック招致キャンペーンピンバッジにアセロラドリンクでした(≧∇≦)
最高の記念品!

明日以降受け取りなのですが、子ども達は集合写真も撮ってもらいました(^-^)
忘れずに取りに行かなくちゃ★

子ども達も同じ記念品一式をいただいたようで→うちには、「水泳上達祈願お守り☆」のように只今いただいたサイン色紙が思い思いのところに置かれています。「平泳ぎ」を一応個人メドレーの中では自分の得意種目として頑張っているいっつんが、一番ご利益をわかっていそうです。

いっつんと今日のイベントいろいろをしゃべっていた時に「最初からまず“はいっ!じゃ、ウォーミングアップに50m2本から行きましょー!”と言われた時は、ここのところ全く泳いでないじゃん?まず50m泳いだところですでに死ぬかと思ったぁ〜〜〜......orz ⇒この後、約軽く1時間以上泳ぎ続けられる?レッスンに絶えられるかしら?!ママ、リタイアとかしちゃうのかな?そんなのありえる?!?とかかなり心配になった...」と言ったら、いっつんに「あぁ〜わかる、わかる!そうなんだよね〜。ボクもいつもスイミング行くとあの“最初のウォーミングアップに50m何本〜...!”の最初のアレが一番辛い!って思うよ。マジ、気分的には“アップ”どころか“かなりダウン”だよね〜、マジで。。。」っていう会話に大いにウケしました。

そうね〜...確かに「アップ」だけれど→「かなりダウン...」だよね〜...って。(爆)

こんな会話が息子と出来るようになってきたなんてね〜...
ママが息子と一緒にプール行って→自分の泳げる時間がとれるようになってくるなんてね〜...
いろいろな意味で成長を実感〜♪

ひびとむぎと一緒にプールに行くと...まだ「保護者」として「見守り要員」しなくてはいけない(小学3年生までは)のだけれど、そろそろいっつんと二人だけの時は自分が泳ぐ時間が確保できるようになってきたんだなぁ〜。。。

たまには、いっつんと“自分のトレーニングのために”プールとかに行けるように...なってきたんだなぁ〜♪
そろそろ本気でちゃんとスイミング...し出せそうかな♪(嬉☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう12月...!?

先日「やばーーーいっ!もう11月だぁ〜〜〜!!!」って思い...

毎年恒例のように「NHKの紅白歌合戦の出場歌手の方が発表されると⇒一気に年末進行感!」とか思う日がすぐやってきて...そんなことを思っていたら。。。

なんだか一瞬で11月も気付けば終了したよ......orz

この分だと、12月も一瞬で吹き飛んで
⇒「新年あけまして...」というのがおめでたくないスピードでやってくること必至;

気持ちばっかり焦っているけれど...ひとつひとつがんばってこなさなくちゃ...

「落ち着いて!」...でも「しっかり焦って!!!」とか自分に思う...本日の所感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年4月 »