« 狩猟民族?ひびの日々 | トップページ | ラジオCM:リポD »

【読み聞かせ】4年生(1学期・6月)

20130619
今日読んだ本=2冊で15分くらい(...かな?)

《1》せかいのはてって どこですか?
《2》かさどろぼう

《1》せかいのはてって どこですか?
タイトルのなんとなく惹かれつつ
...なんで“世界の終わり”に“かえる”??
図書館で「ジャケ買い」ならぬ「表紙・タイトル借り」!?

かなり文字数の多い気のした絵本でしたが、これくらいが“4年生に読み聞かせる”という意味では結果的によかったかも...!?という感想です。

読んでみると...あれっ?!どこか馴染みのある本の内容で。。。

この本の原作は1958年と本の一番後ろには書かれてあって...私の生まれる前。
→日本で訳本が出版されたのが1995年の様子なのですが...
⇒日本のことわざ『井の中の蛙 大海を知らず」...の内容をまさに絵本にした内容で→ナルホド!
どこの国でもこのことわざってあるのかなぁ...???とビックリ。

《2》かさどろぼう
この梅雨時期にちなんで。
絵が大きく、わかりやすかったかな...?

「傘」というものを知らない文化、村の人が、初めて大きな街に出て、初めて傘というものを見て知って...

初めて見た「傘」を“お花のよう”と表現している様子がなんともキレイ♪

気に入った傘を買い→帰りに道に喫茶店(?)に必ず寄り道...→ゆっくりコーヒーを飲んでいる間に傘を盗まれ→あきらめきれずまた買い→また決まった(?)恒例の寄り道中に→盗まれ...→繰り返し...
→ある時、傘にしかけをして→泥棒のアジト(?)をみつけ→今まで盗まれた傘を全部取り返し
→取り返したいっぱいの傘で→傘をしらない、さす文化のない人々、村に傘屋さんを開き(!?)

⇒「どろぼうが、かさをぬすんでくれて よかったなぁ。おかげで かさの みせが できたのだから。おれいを いいたいぐらいだよ」...♪♪♪(!?)
▲なーんとものどかなお話。(笑)

“傘ををさした人が道を歩くので、村は花が咲いたように...”というような表現がとても美しいと思いました☆


それにしても...日々余裕のない母は、もし自分の息子がこんな風に次々傘をなくしてきたら...→怒るの必至だろうな。。。(=ワタシ;)


今日はこども達はとても静かに楽しそうに聞いてくれました。
読み聞かせの間、“傘を買い→またコーヒーを飲んでいるうちに盗まれ→また傘を買い...”みたいな場面に、男の子が「えっ...また?!...マジかよ!?」みたいにちっちゃくつぶやいている声が聞こえたのがおかしかった。。。(´艸`)

|

« 狩猟民族?ひびの日々 | トップページ | ラジオCM:リポD »

子どもの学校・保護者役員」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/57623192

この記事へのトラックバック一覧です: 【読み聞かせ】4年生(1学期・6月):

« 狩猟民族?ひびの日々 | トップページ | ラジオCM:リポD »