« 自然観察が楽しい都市公園 | トップページ | 今の中学生がスマホに夢中になりすぎるのはよくわかる »

トイレトレーニング中、夜中に子どもにおしっこで起こされ...

仕事を持つママ友達。
「トイレトレーニング中、夜中(早朝4時)に子どもにおしっこで起こされ...こちらもちょっと体調が悪かったこともあり→つい怒っちゃって...
⇒自己嫌悪。。。」
...とつぶやいていた。

それを読んで、私がこども達がそれくらいの頃はどうしていたっけなぁ〜...と思い返した本日。

「トイレトレーニングは絶対それがらみで怒っちゃいけない...」といつだったか聞いたんだか読んだんだか...

しかしながら、母もしんどい時だってあるし...
どうしていたか、というと▼

私が夜しんどい時は、“もしも...”のことがあっても本人(←私じゃなくてこどもが)が「おしっこしちゃった」とか落ち込まないように「紙パンツ」にしていました。

でも、本人も、やっとトイレで用が足せるようになってきて自信もつきはじめるのに→紙パンツを履かせられるのは「本来本意ではなく不満;」なので、その時はこちらが一応折れて、「もしも...のことがあったらショックだから、夜だけ“夜用パンツ”履こう♪」と促し、“協力を求める”?ような感じで子どもに履かせていました。
子どものプライドも大事にしてあげたほうが、最終的にははやくオムツがとれる生活になるのではないかな?...と。(*^^*)

だんだん夜もつようになれば→朝「おっ!今日は夜用パンツ濡れなかったね☆」と朝フツーのパンツに履き替えさせていました。“紙おむつ”とかみたいな言葉は本人絶対にイヤ!なので、あくまで“夜用パンツ”というネーミング。

ポイントは、今まで履かせていた“紙パンツ”より、ちょっと高級?(メーカー変えたりして→デザインが子ども本人あまり見たことのない絵柄とかにチェンジ)なものにして
⇒子ども本人が“今まで履いていた紙パンツ”ではなく、これはあくまで“夜用パンツ”という紙パンツに似ているけれど新しい特別なパンツらしい!と思えること。(笑)
(▲オトナにとっちゃどれも一緒?!だが、あくまで“本人のプライドを傷つけないように”して。(笑))

「夜用パンツ」は、濡れなかった時には、3日くらいは夜だけ同じの履かせて節約してました。_苦笑

長男はおむつばなれがよく、おねしょもほぼ心配ない子だったので、確かこの方法はあまり使っていなかったような。。。
二男(←結構“トイレの近い子”だったし夜うっかり...があったし)からこの方法を取り入れ、三男にはこの方法をヘビーに多用していました。
▲今思えば、三男の時は、上の二人だってさして歳が大きくなくまだまだ小さいので、夜こちらがつきあう体力も長男の時よりない...という事情もあったのかも。。。

ちなみに、日本では(=うちのこども達が通った保育園・幼稚園)、“トイレでなにかあったらいけない”とか“こどもがどこにいったかわからなくならないように”幼稚園・保育園・小学校ではトイレに行きたい時には「必ず先生に“トイレ行ってきます!”と行ってからトイレへは行く」と教育されているので、私の場合夜中でも子どもがトイレに行きたければ“本人が一人で行けても”いちいち親に報告してから行く(←先生に断りをいれるのと一緒の感覚(習慣)らしい...)とされていたので
⇒長〜いこと、夜誰かがトイレ行く度にうっすら起こされて
→慢性朝の寝起きがなんだかしんどい...という私の症状が続いていました。。。(苦笑;)
▲まだ“たまに...”声かけられるけど。。。(^^;;

大きくなってきても、日中大丈夫だったのに夜に体調崩して
→トイレで嘔吐...とか、そういうのもあり...

なかなか子育てって...夜しっかり寝たいだけでも...解放されないね〜;

|

« 自然観察が楽しい都市公園 | トップページ | 今の中学生がスマホに夢中になりすぎるのはよくわかる »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40203/58268164

この記事へのトラックバック一覧です: トイレトレーニング中、夜中に子どもにおしっこで起こされ...:

« 自然観察が楽しい都市公園 | トップページ | 今の中学生がスマホに夢中になりすぎるのはよくわかる »