« 2015年1月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年3月

習い事の成果

全くさ。。。。。。
きっとある程度かもしれないけれど(?)
「どこの親でも悩みのタネ」は
⇒こどもの(ためを思ってかける)『教育費』の【費用対効果】
...なはず!
     
......(笑)
     
おはなし参照先⇒ 【しらべぇ】教育に費用対効果は関係なし!子供の習い事について①【溜池ゴロー、子育てこそ男の生き甲斐】
(2015/3/11)

我が家でも「あぁ〜ありますよ!ありますよ!!」ですよ。
     
そんな中、少し前、私にとってはものすごーーーく嬉しい出来事がありました。
     
     
「スポセンで、長男にバタフライを教えてもらったこと」です。
(注:「スポセン」_市内の公立スポーツセンタープール)
     
     
いや、厳密には、長男自身は幼稚園の年長の終わりからスイミングを習い続けているおかげで
小学校の高学年から、すでにバタフライは泳げていたのですが。。。

今まで彼とスポセンのプールに行ったことは、彼がもっと小さい頃から何回もあります。
しかし、彼がバタフライを泳げるようになっても、そんな彼に教えてもらいたくても「そーいうこと」(私が彼に教えてもらえること)はありませんでした。
     
    
そんな日々を過ごしていたのですが、中学1年生も後半になったある日、いつもたまにある日のように、3兄弟を連れてスポセンに行ったら、私の平泳ぎを見ていた長男が「手のかきがちょっと違う。こうなんだよ。ママのはこうなってる......」などと言いながら、私の泳ぎを見てて→寄ってきて→私に教え始めたのです。。。
     
そぅ、私はずーっと上手に泳げるようになりたい...という願はあって⇒子どもたちと一緒に行きつつ、子どもたちがそれなりに大きくなってきてからは「彼らほっぱらかして→自分があーでもない、こーでもないなぁ...」と練習していました。(独学)。
...でも、なかなか自分の泳ぎって...わからないんですよね;
     
スポセンの大人用スクールコースに通いたい!と考えたことも何回もあります。。。
しかし、仕事や学校ボランティアや...の兼ね合いで、申込をする勇気もなかなか...な日々を送ってきました。

そんな中、「中学...もうすぐ2年生が見えてくるレベル」ってすごいんだぁ〜。。。
⇒「自分ができること→他人のやるのを分析して→教えられる」レベルになるんだなぁ〜。。。
     
...もうね、正直ね、実は涙出そうに嬉しかったんですよ。。。
その息子の成長が...ね。
「ようやっと“ここまできたか!”」ってね。「すごいぞ!“13歳レベル!!!”」ってね。
     
ここまで、人間をゼロから育てて「13年」!
時間もかかる!コストも度返し!見えない能力に金つぎ込んで→自分を「投資だぁ〜〜〜!!!」と納得させつつ⇒日々節約。。。
▲どこのお父さんお母さんも少なからず身に覚えはあるでしょう...
     
最近、ようやく子どもたちのできることが加速度的に増えてきだしました。それがめちゃめちゃ嬉しい!(≧∇≦)
     
プールからの帰宅後、長男が自分が教えることにより→私の平泳ぎのフォームがよくなり+バタフライのドルフィンキックができるようになり...「見るからに泳ぐのが速くなった(んだそうな)」だった私のことを「ママ!すごい速く泳げるようになったじゃん!! ドルフィンキックは初めてしたんでしょ?この調子ならバタフライも泳げるようになって→個人メドレー泳げるようになる日もくるんじゃん?」と嬉しそうにしてくれたので
⇒「今日はすごく嬉しかったよ!いっつんがバタフライ教えてくれるなんてね〜!すごいね〜!! 中学生になると「人に教えられる」ようになるんだねぇ!」って言ったら、
⇒⇒「じゃ、ママに水泳教えるバイトしよっかなぁ〜♡ おこづかい上げてくれる??」って聞いてくるから
⇒⇒⇒「アホか!今まであなたにどれほど投資してきたと思ってんのよー!!“これからが私が『回収』する番よっ!!!” やっとここまできたんだから、がんばって“マスターズ”でもめざしちゃうとか〜♪♪♪」とかって。。。   
...なに親から金とろうとしてんだよ...うちの息子め!(笑)
▲彼の水泳への今までの投資額⇒軽く計算しただけで約80万〜100万。
▲計算しちゃいけなかった...(倒れそうになった;)
これで「選手コースではない」んだから...(^∇^;; マジか!?_の世界。
     
子育てしているみなさん...
「成果はそう簡単には見えないのが子育て。」
「“投資⇒リターン”を期待しちゃいけないのが子育て。」
なんとか...がんばりませぅ。。。(*-*)

| | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年7月 »