3年ぶりに作りました☆

もうすぐ、ひびの卒園式。

その前に・・・

どーーーしても用意しておきたいものがあったんです!


さて、ナニを想像した???


実は・・・

よーやく“3年ぶり”にしっかり新調したんです!!!

・・・というのは・・・


“コンタクトレンズ”
 
゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


二男(ひび)を産んだ頃から、コンタクトを入れるもあまり調子が良くない日が増え・・・

三男(むぎ)を産んだ後には、さらに絶不調。。。

コンタクトをしてもすぐ目に異物感が表れたり、視界がかすんだり・・・

コンタクトを作り替えても、あまりいいと思えない状況の日々が多々ありました。

そこで、むぎを産んだ頃から、もう無理はやめようと、むぎを産んでほどなくしてコンタクトを新調(この時は、小さい子どももいるので、なかなか眼科へも赴けないため、手入れをして使う、1年以上使える種類のレンズにしていました。)したのを最後に、それ以降は、目の調子があまりにもよくないと感じだしてからは、コンタクトはかな〜りたま〜にしかしないようになっていました。

でも、写真に残る自分の顔が、基本的にメガネ姿は大嫌い!なため、写真に写る時だけメガネを外してみたり・・・と。。。

よく、「お産をすると眼が悪くなる」とかも聞いていたので、1年おきに3度もお産すりゃぁ〜ねぇ・・・;とも思っていましたし。。。

その上、乳児がいる頃は、上の子も小さいわ、夜昼なく頻繁に起きたり寝たり、その合間に仕事してみたり・・・と、どう考えても目が休まるどころか、体じゅうが疲れそうな不規則きわまりない生活をしてきたので、“こんな生活リズムで目の調子がいいわけないわな。。。”とも思っていました。

とんでもなく鼻が低い私は、メガネをかけてもすぐおばあちゃんメガネのようにずってしまいます。。。

そんなメガネ大嫌いな私も、不快感から、コンタクトを入れてもすぐ目的の時間だけ過ぎると外す日々と、このままコンタクトをし続けると絶対目によくない!、と思ってからは、幼稚園へ行くにも、長男が幼稚園生活をしている時は全てコンタクトだったのに、二男以降は、周りのお母様方が「あっ、あのメガネのお母さんでしょ?」と私の事を言うくらい、ほぼ毎日がメガネ姿となりました。。。

だから、長男の幼稚園時代のお母さん友達は、私の事を、たぶん“普段はコンタクトでたまにメガネのお母さん”と思っていたと思いますが、最近では、すっかり“あのメガネのお母さん”になっていました。

でも、やはり、子どもの晴れの日や、仕事で打合せに行くとき、自分の中では、ずっと“メガネ姿の私はコンプレックス”なのは変わりなく・・・、いつもメガネの似合うお母さんはいぃなぁ〜・・・と憧れてさえいました。。。


そんな中、先月、ようやく三男が4歳のお誕生日を迎え・・・

ようやく、体調が少しずつは以前のように戻ってきた気がしてきて、この二男の卒園&その後の入学式に向けて、それこそ、たぶん7年ぶりくらいの“2week・使い捨てコンタクト”を作る事にしました。

これなら、また、もし、コンタクトが調子が悪い日があっても、昔のように、“ほぼコンタクトだけの毎日”か“メガネの毎日”でなくて、そろそろどっぷりのオバチャンゾーンですから、きっと以前より目も疲れやすいと思うので、“行事の多そうな時2週間”=“コンタクトライフ”“PC仕事が多そうとか体調が優れない日々”=“メガネライフ”とうまいこと使い分けできるかな?と思って♪

それも、2週間単位で、コンタクトライフとメガネライフなら、きっと目も休まるし、お財布にもエコノミーかな?と。

なんだかんだいっても、やっぱりオールコンタクトライフはお金かかるからね〜。。。(苦笑)

独身時代は、身なりにももっと今以上に気を遣えたし、コンタクトだって、それくらいはバイト代でなんとかなったもんだが、今は、同じお金でもナニに使うか必死で考えるよ。(爆)
昔とは優先順位ってものが違って・・・

だいたい、“目自体に優しい”のは、やっぱり“メガネ”だろうからね〜。


しかし・・・

すっごい久しぶりにコンタクト処方してもらったら・・・

メガネしていないのに広範囲よく見えすぎて・・・

・・・酔うかと思った。。。(爆)

メガネしてないのに、ズリ下がったメガネをあげようと無意識に鼻に手がいったジブンにも笑ったり。(苦笑)

でも、やっぱり歳なのかな・・・?

ずいぶん長い事コンタクトレンズを眼に入れない生活をしていたので、久しぶりに入れたら、もちろん異物感アリ。(←ソフトコンタクトです。)

もちろん、メガネの時に比べたら、目も乾きやすい気がする。。。

でもでも、子ども達の記念写真はやっぱりメガネでない私で写りたい♪

記念写真でなくとも、これからは、子ども達と外に出かけるイベント(?)、遊び時は、やっぱり積極的にコンタクトをしよう☆そして、楽しげな写真にはもっと自分も参加しよう♪(←自分のメガネ姿が嫌で、ここ数年はものすごく自分+子どもで写っている写真はかなり少なかったと思います。)
子どもと戯れて、子ども達をムギューっとしている写真はもっと残しておきたい♡

なによりも救いだったのは・・・

久しぶりにコンタクトを作るので、2段階くらいは、視力が落ちている事を覚悟していましたが・・・

長男を産んだ頃に処方してもらったコンタクトと度が全く同じ(結果、視力は落ちていない!!!)と聞いて、とても嬉しかったです。ある意味、私の目の実感としては、二男・三男を産んだ→乳児育児中時は今よりもう少し悪かったのでは?とすら思ったので、目の状態としては、だいぶ体調含め、復活してきたんだと思います。

明日からは・・・
またコンタクトとメガネをうまく使い分けて、晴れ晴れする快適な生活を送れるといいな♪

さて、今回からは、使い捨てコンタクト使用期間と基本メガネライフ期間を交互にして、エコラン・目の負担減コンタクトライフにするかな〜・・


・・・って、今は、メガネ姿で、PCで必死で仕事中。。。のところで、ちょっと脱線ブログメモ。
税務申告終ってから楽しまないと!(;´▽`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻酔効き過ぎだょ;

昨日も子ども二人の治療で夕方すごく寒い中、歯医者さんに行きましたが・・・

今日午前中は久しぶりに私一人の診療のために同じ歯医者さんへ・・・

本来なら、時間的には子ども達と一緒にしたい、済ませたいところなのですが、二人、三人と連れていると私まで入れると四人になっちゃうわけで、時間も長くなり、落ち着かない&待合室で子ども達がうるさくなって、病院や、他の患者さんにご迷惑をかけるような気がして・・・

・・・面倒くさいながら、“どこか異常(痛いかも;)な気配”で行く時は、わざわざ違う日を予約して行くのです。。。

さて・・・
今日は昨年末、以前かぶせを作ってもらってはめていたけれど、私の歯力(?)に負けて被せがバッキリ破損させちゃったので、新たにかぶせを作っていただきハメたのですが、どうもそこのところの調子が悪く、診ていただきたいのがメインの理由で行ってきました。

被せのほうは特に異常はなく、あとは日にち薬・・・(歯茎のほうがまだ慣れていないらしい;)ということでしたが、いろいろ検査した結果、その上少し奥の歯が虫歯!と判明;

小さいけれど、大人特有のピンポイントで深い虫歯だったようで・・・

金属とかの詰め物は必要ないけれど、麻酔は必須の治療が必要だとかで・・・

心の準備もビミョーなまま、時間もないので、麻酔→治療となりました。。。

上の奥から二番目の歯あたりにガッチリ麻酔して治療・・・

虫歯が削られていく、焦げ臭い変なニオイもしながら・・・

治療が終わって、会計を済ませるあたりになったら目がうまく開かない・・・

コンタクトの調子悪い時みたい・・・

メガネをかけている耳の所まで感触が変・・・

顔の左半分に責任が持てない感じがするくらい気持ちの悪い変な感じ・・・今私どんな顔になってる?!って感じで。。。

どうやら麻酔が広範囲に効き過ぎたらしい・・・

虫歯が深かった・・・ということは、よく考えれば、麻酔が目の近くくらいまで効いて当然なのですが。

麻酔自体は効きやすい体質らしく。。。

3時間くらいは麻酔が抜けないらしい・・・

3時間は誰ともしゃべりたくない、会いたくない気分だわ〜・・・

(:_;)

(BY:モブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節性インフルエンザの予防接種をしてきました

ずいぶん前に予約をしていた『季節性インフルエンザ』のほうの予防接種を、近くの診療所にてしてもらってきました。

今年は・・・“親だけ”

この不況時に親は倒れているヒマがないので。。。(!?)
『新型』と『季節性』、両方で倒れるわけにはいかないので、片一方のリスクだけでも下げようと。

只今、長男の小学校では『新型』真っ盛り(←それでも、一時よりずいぶんと状況=人数は少なくなった様子ですが)です。

かかったお友達+親はそれなりに大変そうですが・・・幸いなことに、我が家はまだみな元気☆
(ナニをやっても、タダ“流行遅れ”なだけ?!)

先日“新型インフルエンザ容疑者”になった三男むぎではありましたが、三男→次男→長男と順々になったインフルエンザ?と疑われたモノは、この季節、よくありがちな、“おなかの風邪”でした。

長男がそれになった時(←一時的に熱が38度台まで出ましたが、わりとすぐストンとさがり、早めに気付けば、一日休めば体調回復するような風邪)、朝、「気持ちが悪いから休みたい;」と言う時間が登校時間直前で・・・連絡帳を預けたいも、近所の子はみな登校してしまった後の時間になっちゃったので、雨の中車で急いで学校へ連絡帳を届けました。

たまたま校舎の入口で、登校してきた養護の先生とはち合わせ!

養護の先生は、我が家の息子達にいつもよくしてくださる(まだ長男が入学して一ヶ月も経たない頃に、頭をひどくぶつけて脳しんとうを起こした時に、大変お世話になったので、長男はインパクト強く?普段はほとんど保健室にお世話になるようなことはない子ですが、親子共々よく覚えていていただけているようです。)

三男から始まった、こんな様子(←いろいろ説明)の風邪で・・・と養護の先生にお話ししたら、「そうですか。やっぱりそれはインフルエンザではなさそうですね。この時期、毎年よく流行る“お腹の風邪”ですね〜。これで体力を落とすと、例年だとその後にくる流行性のインフルエンザに飲み込まれるんです。だから、しっかり休んで体力回復しておいてくださいね〜☆」とアドヴァイスくださいました。

ひびが、その『インフルエンザ容疑』がかかった時、小児科に行って、新型インフルエンザか?の検査もしてきましたが、そういう“風邪の種類”のハナシ、今回のこの風邪はなんだろう?というような話しはかかりつけの先生からは特にありませんでしたので、小学校の養護の先生のお話しに至極納得いたしました。

私はいつも、この養護の女性の先生が発行してくださる『ほけんだより』のファンだったりするのですが(笑)、さすがは先生!小児科の先生とはまた違った視点、毎日500人近くの健康に気を配って、分析をしたり対策を立てたりしてくださる先生!と感心いたしました。

この先生自身も、まだ小さなお子さんがいらしたように記憶しています。たぶん、お子さんを保育園に預けて、ご自身も雨の中自転車で登校していらした感じでした。


今日は近くの診療所にて大人だけ『季節性インフルエンザ』のほうの予防接種をしてきたわけですが、風邪か?インフルエンザか?のかなり咳をして辛そうなお子さんをお連れの親御さんも見かけました。

こちらは『予防接種』に行くので、診療所から風邪をもらってきてはいけない!と、家からしっかりマスクをして出かけました。最近怖いのは、子どもの小児科について行く時もですが、病院に行って強い菌を貰ってくるのが、特に怖い;病院に行くときは、逆に要注意!!!と思っています。

そして・・・

今日、インフルエンザの予防接種で初めて知ったのですが・・・

インフルエンザの予防接種歴の話しを問診時に先生としていて、「昨年は予防接種の後、すごくその部分が赤く腫れ、痒くなりました・・・」と言ったら、先生が、「腫れたり、痒くなちゃう方、やっぱりいるんですが、今年も、もしそうなったら保冷剤などで、注射した後の部分を冷やしていいですよ♪」って。

え゛っ・・・?!そうなの?

注射した痕って、冷やしていいの???
ビックリして、2度ほど聞き直しちゃいました!

ちょっとビックリ(;☉д☉)

・・・っていうか、ソレ、もっと早く知っておきたかったわ〜;(笑)
。。。(〃_ _)σ‖

毎年のように赤く腫れちゃう私。

「それって、熱を持っている、ということですから、冷やしても構いませんよ♪熱が取れれば、早く赤みや痛みも引くと思いますから。」ですって!

・・・こんなに何回もいろいろな予防接種していますが・・・

この歳になって、はじめて知ったコト!!!です!( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも夏休みのノルマ?

7月24日、いつものように一ヶ月も前から、ひびとむぎの歯医者さんの定期健診&フッ素塗布の予約を歯医者さんに入れてありましたので、行ってきました。

しかし、一ヶ月前の予定とちょっとメンツがかわり・・・

ひびとむぎの予定でしたが、実際に行ったのは、初!虫歯になっちゃったらしきお兄ちゃんのいっつんとひび。むぎは少し前から私の実家に預かってもらうことになっていたので、この日に在宅は上の二人だけ、ということになりました。

朝起きて、ご飯を食べ終え、ふたりに「着替えて用意しておいて〜!」と言ったら、ひびが「やっぱり結構かゆいんだよね〜;」と体のボリボリ掻いている、かゆいところを見せてくれました。

ここのところ暑かったし、幼稚園はひびの好きな昆虫もいっぱいなら、木もいっぱい→蚊もいっぱい;なワケで、夏になると脚がボコボコになるほど毎度(毎年)刺されるので、数日前から様子は見ていましたが、前日までは“あせもでしょう”と言っていたのです。

・・・でも、どうもこの朝見たら・・・

なんだか昨日までと違って、“あせも”というより“じんましん”のように見えるなぁ〜・・・と。でも、前日にナニカ、あたりそうな生モノとかも食べた記憶もなく、その前くらいで食べたものを考えても・・・特段普段と何かかわったものは食べてなく、そんな生活もしていなく・・・思い当たる事がない;
でも、直感で、なんとなく根拠のない嫌な予感がしたので、歯医者さんの後にまだ午前診療の時間帯にギリギリ間に合いそうだったので、小児科も受診しに行きました。

いつものかかりつけの小児科の先生に診ていただき、「う〜ん・・・どうだろう?“溶連菌”かなぁ〜・・・?のどの奥を覗き込みながら、違うような気もするけれど・・・一応、簡単な検査ですぐわかるから検査しておこっか?」と言ってくださって、検査。

・・・待つ事、5分ちょっとくらい・・・

「ごとーさ〜ん!」と看護婦さんに呼ばれて診察室に行くと・・・

「ごめーん!やっぱり“溶連菌”だった;」と先生。

私は、たぶん我が子が“溶連菌感染症”というものになったのが初めてで、ナニソレ?状態だったので、先生にいろいろ教えていただき、まずは、この病気は菌を退治しないといけない様子なので抗生物質などを処方いただき、「症状がよくなっても、必ず最後(7日間=処方されたお薬は全て、の意)まで全部飲んでね」という注意事項をいただき、帰りました。後日、ちゃんと治っているかどうか尿検査するから、また来てね、ということで。。。

約一週間が経過。。。

今度は、ひびといっつんが主人方の実家へ出発する予定の日。“溶連菌”という診断をいただいてから一週間弱たって、もう症状も全くなくなり、あと一日分の薬を残すのみ+荷物の支度も終わったので、ひびといっつんを預かってもらいに実家へ。

「元気すぎてスミマセン・・・(;´▽`);」の上二人を預けて・・・

個展の準備に没頭しておりました。。。


さて、いよいよ個展初日の朝☆

・・・早朝、実家から電話がかかってきました。

「どうやらひびが“外耳炎”になったらしい」と・・・Σ(・ω・ノ)ノ

その後、そろそろ家を出なくちゃ、と用意していたら、今度は「ひびのは、“外耳炎”でなく、“おたふくかぜ”だったらしい・・・」と実家から再度電話が。
・・・へっ?!( ̄□ ̄;)!! 

昨晩、「耳が痛い;」と言い、熱をはかったら、38.5度くらいあったので、急いで夜間救急に連れて行ってくださった両親。その先生に「おたふくはやりましたか?」って聞かれたそうなんですが、もちろんお母さんは知らないので「わかりません;」と答えたそうなんです。

とりあえず“外耳炎”と診断されて、「明日、耳鼻科に行って診てもらってください。」と言われ、今朝、今度は耳鼻科へ受診に連れて行ってくださったそうなんです。

そうしたら・・・

“おたふくかぜ”です」って。

おたふくかぜの一般的な潜伏期間は、“約2週間”。
ここ2週間って何があった?お友達とも会っていないし・・・と考えると、思い当たるのは・・・
幼稚園の『お泊り保育』しかない( ̄▽ ̄;)

そういえば、歯医者さんに行った数日後、私は“ひび=溶連菌中”と思っていたので、実家に行く前日、ひびが「歯が痛いんだよね〜・・・;」と奥歯のあたりを押さえていたのを思い出した。。。
今思えば、あれは、“奥歯”じゃなくて“耳の下”だったんだ。。。(〃_ _)σ‖

今回病院に行ったとき、「ママにも言ったんだけどね;」とひびが言っていたらしく、そんなこと言われたか???と個展直前で忙しく仕事に完全にテンパっていた私は、走馬灯のように(?)ひびとの数日間の会話を頭の中で巻き戻していた。。。

そうか!あの、「歯が痛いんだよね〜・・・;」は今回のおたふくの序章のだったとは!?

・・・忙しい日々に、歯医者さんにも数日前に行ったばかりで虫歯になんかなっている訳がない、ましてや、アナタ、“溶連菌中”でしょ?ダブルでナニカ内科的な病気に感染していることがある!?なんて疑いもせず、ひびの話をよく聞いてあげなかったんだ・・・とズドーン・・・と落ち込みました。。。

それとはまた別に、先日、“溶連菌”とひびが診断された日、元気ないっつんも一緒だったので、そういえば!と急にヒラメイタ!と思った私は、いっつんに「ねぇ、せっかくきたから“おたふくかぜの予防接種”しておこうよ☆」と提案していたのでした。

・・・でも、結果、私がふとヒラメイタ!と思った時間は、ひびの溶連菌かどうかの検査の結果が出るまでの時間で、その後、ひびが感染症の“溶連菌”にかかったことが判明して、おたふくどころか、先に兄弟間で“溶連菌”が移るかもしれない?!ということで、後日、ひびの“溶連菌”の経過→ちゃんと菌がいなくなったかの再検査の日に、「一緒にきて予防接種を忘れずに受けちゃおう!」ということになったんです。

私の急なヒラメキ提案に、一瞬ギョッ(;゜д゜)・・・!!!としてひきつったいっつんでしたが、ひびのおかげで後日になった予防接種に、ちょっとホッとした様子・・・

・・・だったのに・・・

どうやら、ひびはどこからもらってきたのか(ひょっとして、“溶連菌”と診断された数日前『お泊り保育』に行って、その際溶連菌をもらってきたのかな?と思っていたけれど、貰ってきたのは溶連菌だけでなく、もれなくおたふく菌もだったのか!?)おたふくになったワケで・・・

そして、実家では兄弟水入らずな日々を送っているワケで・・・


キタ―――(・∀・)―――!!!!


今日、実家のお母さんに電話した際に、いっつんが電話に出ていろいろ彼としゃべったので、「響のおたふく、よかったら移っておいてね〜」と言いましたら、「ママはなんでそんなこと言うの?ボクかわいそうじゃない?」とか言うので、「後で予防接種するのと、今、響のおたふくかぜもらっておいて、予防接種で痛い思いはしないけれど、高熱が出る、っていう、響コース、どっちがいい?ママはどちらでもいいけど?」って聞いてみたら、どうやら私はかなり究極の選択を迫った?ようで、樹はしばし、う〜〜〜ん・・・と電話の向こうで悩んでおりました。
・・・( ´艸`)プププ(爆)

あちらで受診した際の先生も「お兄ちゃんもやってないんだったら、今は夏休みだし、もらって、おたふくやっておいたほうがいいわよ〜(*^-')b」という、オススメを受けたそうです。(笑)

お母さんも「この際、うつっといたほうがいいわよね♪」と。援軍?

兄のいっつんの方は、今日現在はまだ活き活きしておりましたが・・・さてこの後どうなることやら。

祖父母の家に行くいっつんとひびが「ゲーム(DS)持って行っていい?」というので、私は、ゲームやりだすとあまりおしゃべりもしなくなっちゃうし、祖父母宅へ言ったら、そこでできる会話や遊びを楽しんで来てほしい!とゲームを持たせなかったのですが・・・

なんと、今回は、行って早々、外出禁止&安静に・・・という伝染病にかかってしまいました。。。

こんなことになるとわかっていたら・・・もちろんゲームOKして持たせたのにね;

暇すぎて、外出も出来なくて・・・でも、ちょっとでも病気が良くなれば元気すぎる息子・・・お父さんとお母さんが家でどれほど手を焼くだろう・・・と想像すると、「お父さん、お母さん、息子達がご迷惑をおかけいたします・・・スミマセン;」と心から思う嫁であります。。。

いやはや・・・夏休み、久しぶりに長期(2週間弱)孫を預かると思ったら・・・コレですよ;
ひびなんて、普段は幼稚園、皆勤賞狙いな“超”のつく元気人。私もこんなことになるとは予期もせず、私以上に、いろいろ心配してくれる両親(ひびには祖父母)のこと。昨日も夜間救急に・・・とはご迷惑をおかけしまくりです。
ホント・・・恐縮です。。。

・・・でも、安心して頼りにさせていただいております。。。

今回ほど、保険証を彼らのカバンに忍ばせておいて・・・よかったと思った事はありません。

それにしても・・・いろいろあるなぁ〜。。。( ̄∇ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『中耳炎』で処方されたお薬

先日、久〜しぶりにいっつん(7歳)が中耳炎にかかっちゃいました。
ひどい風邪にかかったわけでもなく・・・最初は、中耳炎にかかった、なんて想像もしなかったくらいで・・・。

ある日、学校から帰ってきたら、
「ママ、なんかすごい耳が痛いんだけれど・・・;」って。

金曜日でしたので、土・日と様子見をしている間にずいぶんと、というか、相当痛そうなリアクションに。

月曜日、急いでかかりつけの耳鼻咽喉科に。

そして、処方されたお薬が下記のものでした。
処方されたお薬の内容の覚書。

   *** 覚書 ***

■メイアクトMS 小児用細粒
橙色の細粒剤
【薬の働き】
抗菌剤
【備考】
不快感、口内異常感、ヒューヒューという呼吸音、めまい、便意、耳鳴り、発汗等の症状があらわれた場合には主治医または薬剤師に連絡のこと。
湿気を避けて光の当たらないところに保管。

■ムコダインDS 33.3%
淡い赤白色のドライシロップ剤
【薬の働き】
痰の切れを良くする薬
でにくい鼻汁の排出を促す薬
【備考】
甘みのある粉薬。
飲む直前に水に溶かして飲む事_可。
あらかじめ溶かしておく事はいけません。
室温で保管。

■ノイチーム顆粒 10%
白色の顆粒剤
【薬の働き】
炎症を抑え、痰の切れを良くする薬
【備考】
卵白アレルギーのある人は、主治医・薬剤師に伝えましょう。
室温で保管。

■カロナール細粒 20%
淡い橙色の細粒剤
【薬の働き】
病状そのものを治す薬ではなく、病気によるいろいろな症状や苦痛をやわらげる薬。
痛みを和らげ熱を下げる薬。
【備考】
過度の体温降下、虚脱、四肢冷却等の症状があらわれた場合は主治医または薬剤師に連絡。
室温で保管。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級閉鎖

先週の金曜日だったか・・・?

いっつんの通う小学校の2年生のクラスのうち、ひとクラスがインフルエンザの流行から一日学級閉鎖になりました。

そして、月曜日だった昨日・・・

1年生のふたクラスと、金曜日は大丈夫だった(?)2年生の他のクラスのうちひとクラスが、欠席者が多数で火・水曜日と学級閉鎖になるお知らせがきました。

・・・ということで、いっつんの学年は全3クラスなので・・・

本日は、本日は学校に行っても、一年生で営業中(?)なクラスは、いっつんのクラスのみ、ということのようです。

・・・寒々しい雰囲気になりそうだね;

さすがに高学年は体力もあるのか、お休みが多いのは低学年に集中している様子。

お腹の流行性の風邪も流行っているようで・・・インフルエンザだけではなく、そちらも人数が多いようなので、気をつけて!という保健のお便りもきています。

規則正しい生活を・・・と心がけ(←ムスコ達がウルサいので、夜は早々に静かになってほしいので、早く布団へ押し込む。。。)外食も控え(←これは、外食時のムスコ達のウルサさと、冬のお財布の事情の影響からきているもので、特にインフルエンザのせいではありませんが;)ある意味、家の中で質素に暮らしている・・・という、ただいまの我が家のライフスタイルは、たまたま風邪対策(賑やかな人混みにも連れ出さない←ただ母の私が3人オトコ連れでの外出がメンドクサイから;)にバッチリ!?なようです。。。

皮肉にも・・・バッチリ?!┓( ̄∇ ̄;)┏

なんとか、インフルエンザやその他の風邪もいただかず、只今のシーズンを静かに乗り切れますように。。。(祈!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザの予防接種をしてきました(2008年)

さすがは、インフルエンザの予防接種シーズン到来☆

たくさんの方々が、『インフルエンザ 予防接種』と検索されて、ソレについて調べていらっしゃるうちに、ココへ立ち寄ってくださるようです。

せっかく賑わっているネタなので、今年バージョンのハナシ。


一昨年くらいまで、毎年家族全員受ける勢いでインフルエンザの予防接種をしてきましたが・・・

今年はどうしようかしら・・・?と考え。。。

少々出費を節約したいのもアリ。。。

結局、今年は、親だけフタリ、予防接種をしてみることにしました。


私は、昨日夕方予防接種をしてきました。幼稚園のママ友達の話題が、「I医院はいくらだそうな」とか「Hクリニックは・・・」とか、「あっちのH診療所は一番安くて2,500円で、その上予約もなしで、行ったらすぐやってくれるよ☆」などなど・・・インフルエンザネタで賑わっていたので、横から、ふんふん・・・と聞いていて、結局、一番近くの、先程の話題にもあった、H診療所で注射をしてもらってきました。(行ってすぐ接種してくれるところで、大人ヒトリ¥2,500ナリ。)

子供を持ってから知ったのですが、“予防接種”というのは、お医者様によって、値段がまちまち。これは注射の中のお薬の値段もあるようですが、予防接種の際の診察料をいくらに設定しているか、とかまでお医者様によって違うのでこういう事がおこるようですね。

お値段の開きがあるところだと、500円〜1,500円違いくらいまでがザラにあります。

子どもは“2回接種”がほとんどなので、2回合計のお値段だと、ますますいろいろなパターンがあります。

お薬の中身も大事なところですし、家族で受ける人数による予算もあることでしょう。

ぜひみなさんも、ご近所の何軒もにお電話で問い合わせなどされてから予防接種に行くとよいですよ。予防接種を受けるのも、完全予約制から、行った時にすぐやってくれるところまで、便もイロイロです。

家族5人なんかで受けると・・・外食が一回できるかも!?くらいはゆうに違う場合多々デス。


今年は、子どもは風邪全般予防に努めます。親は・・・倒れると仕事も家の中も立ち行かなくなるので、一応予防接種をして、その上、マスクや手荒い、うがいなど予防に努めるということにしました。

妊婦だった時は、毎回インフルエンザの予防接種は家族全員でしてきた我が家。

そして、今回初めて知ったのは・・・「ぜんそくの持病がある方は、やっといたほうがいいですよ♪」とお医者さんに言われたヒトコト。。。

実は、今年、私は喘息の医療証まで都から交付していただき、只今喘息治療中。。。

三男を妊娠したあたりから、そんな雰囲気(喘息風)になり、しっかり治療を始めたのが、今年になってからだったんですけれど。子どもの頃はまったく喘息持ちではありませんでしたので、まさか自分がそんなコトになろうとは・・・!!!だったのです。

子どもを産まれてから、どうも体調が回復しない。。。

風邪でもないのに、咳が続いて抜けない・・・というような方は、“内科”に行かれるより、一度“呼吸器科”がある病院で診ていただく事を、素人ながらオススメいたします。

「“呼吸器科”なんて、あまり聞いた事がない」とおっしゃる方もおいでだと思いますが、個人医院でも、“内科・呼吸器科”というような感じで、一緒になっているところが、少なくとも市内に、1、2か所はあるのではないかと思うので、ぜひ、風邪をこじらせて・・・となってしまった場合には、一度そういう併設されているような“内科”を受診されることをオススメいたします♪

:参考:「インフルエンザ予防接種で11,000円ナリ。」(2004.11.04)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久〜しぶりの口内炎。。。

最近、ずいぶん、忘れるくらい長い間、口内炎にはなっていなかったんですけれど・・・

・・・なっちゃいました。。。

(´・ω・`)ショボーン

イライラするし・・・
食事を作る事なんざぁ〜考えたくないし・・・
(本日の晩ご飯は、ダンナサマが作ってくれました♪_感謝☆)

でも、我がブログで一番の圧倒的ヒットを記録するのは・・・
『口内炎に貼り薬?「アフタッチ」の正体』という記事であります☆

世の中、同じ悩みで・・・イライラ・・・な人は多いのですね。
こうなると、みな同じく、“口内炎”で検索するのでしょう。。。

いつもは、よく歯茎にブツが出来てイライラ・・・だったのですが、
今回はナント!ほっぺたの内側・・・それもよりによって奥歯の触る所。。。

・・・ひたすら痛いです・・・
ε-(;-ω-`A) フゥ…


そして、最近、トラックバックにてお知らせいただいて知ったのですが、私がルポを書いたお薬、どうやら、改訂されて新薬になった様子です。

イマドキのお薬については・・・
こちら→『主張』_口内炎に貼る錠剤「アフタッチ」の記事が最新です☆


数年前にルポしたお薬がまだ2粒残っていまして・・・
でも・・・
さすがに“ほっぺたの内側”は部分的に難度が高すぎます。。。(涙;)

治るまで、必死に耐えるしかないんでしょうかねぇ・・・;

この際、「ダイエット、ダイエット☆」とポジティブ・シンキング〜♪で行きたい所ですが・・・
ホント、口内炎って・・・
気分が塞ぎますなぁ〜・・・(-д-`*)ウゥ-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家でネブライザーするむぎちゃん

Tsumunep
ようやく吸入器をさせられることに慣れてきたらしきむぎ氏。
母もようやく取り扱いに慣れてきた?と思ったりしますが
・・・明日には返却予定です(^^;)
まっ、こんなもんでしょー♪

もちろん、“しないですむようになる☆”が目的ですから、しなくてすむようになるのが一番ありがたいのですが。

ネブライザーって病院で借りれれば家で吸入ができるんだ!と初めて知り、また“経験値が1upした☆”とか喜んでみる母です。うん、なんでも“とりあえずやってみる”のは大好きなワタシです♪

月曜日に病院行った時は、あまり調子がよくなく、火曜日もいまいちで症状としては余計にしんどそうで目の下にクマを飼い始めた?!と思ったむぎちゃんも、今日はご機嫌こそナナメな一日でしたが、症状は少しは改善されてきたような感じがしました。

・・・しかし、まだ少々ゼーゼーいいますなぁ・・・
明日は一応午前中に病院へ行くことになっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

むぎ氏、初めてまともに病院へ

いやぁ〜、パパが帰ってきてみんなホーッと気が抜けたのでしょうか・・・?
みんなで風邪をひきまくりの我が家です。。。

・・・っていうか、パパがいない頃からひいていたんだけれど、症状がしっかり出てきた!?というか。

10月1日から小児医療証が切り替わり(いつも思うけれど、不思議な切り替え時期)、今回所得制限枠が見直されたおかげで、ようやく小児医療証がもらえる枠へ滑り込み☆ビバッ!!!
(我が市では所得無制限は0歳児のうちだけなので、むぎだけだったんですよ、今までこのスペシャルな保険証を持っていたのは。)

払いが3割から0割になるのだから、ホントありがたいです。
なにせ、3人コドモがいると、誰かが風邪をひけば、大抵は全員漏れなくかかりますしね;
それとコドモ二人と荷物で手がいっぱいになっている時に、お財布から細かいお金とかを出し入れする必要がなくなったのもまたステキ☆☆☆でした。今までだったら、病院で払って、薬局で薬を二人分とかもらってまた手がふさがる上に、お金出し入れ、ですからね。

こどもたちの風邪もだましだまし(9月下旬からひいたのでね)過ごしてきましたが、ひびの保険証もgetできたので、いっつんはもう峠は越えていたし、治りのよくないひびとむぎを連れて小児科に行きました。

ひびも風邪で小児科に行くのなんてすごく久しぶり。
むぎに至っては、人生初!?です。
鼻ズルズル、咳ゴホゴホ。。。

えぇ、先日、むぎの健康診断&なりゆきのひび予防接種で、この二人チームは2週間前には同じ小児科に行ったは行ったんですけれどね。その時は“健康”で。(^^;)

むぎちゃんが少々風邪がひどく、ひどい咳き込みになると、ちょっと前に飲んだミルクをかなり吐いちゃったり。さすがにおチビちゃんはこじらせると後が怖いので、母も病院へ。

気管がゼェゼェいっちゃうので、先生が吸入器まで貸してくださいました。数日であれば次の診察予定日まで貸してくださるんだそうです。ありがたい♪元来それなりに健康な我が家のコドモたち。こういうのは病院でしか使えないんだとばかり思っていたのですが、こんなの借りれるなんて!!!とビックリ。病院ではひびもネブライザー体験。「いやっ!」と言って、最初は断固拒否していたのですが、「ねぇ、ひびくん、これ(薬の蒸気煙)いいニオイするよぉ〜♪かいでみたら?」「ほら、いいニオイでしょー♪何のニオイだろうねぇ?」と隣でご機嫌を取っていたら「ママ、いいニオイするねぇ〜☆いちごみたいなの。ママもどーぞぉ〜♪」
・・・ママはダメだってば・・・
違う意味で作戦が裏目に!?
本当はいい香りもしないとは思うが・・・?ママは無責任に言ってみたダケでかいでみていないからわからないけれど。(笑)
・・・いい香りがするお薬だったら、みんなおとなしくスーハーするのかしら・・・?とかなりまじめに考えちゃった母
(^^;)

家に帰ってきてからは吸入処置はむぎだけ。ただ、させようとするとものすごい勢いで、「取って食われるわけじゃナシ・・・」と母がつい言っちゃうくらい泣きわめくむぎ。まぁ、おかげで逆にしっかり薬も体内に取り込まれている感じですが。吸入器に薬を入れて・・・という準備がなかなか手際よくいかない私。おかあさんっていろんなことできなくちゃいけないのね;思ったより不器用なジブン。。。

ミルクの飲みもそんなによくないので、時間の間隔を少なめで飲めそうな時に、飲めそうな分づつ飲ませています。ただ、こんなおチビちゃんに薬を飲ませるのがまた大変。。。吐かれたら意味ナシ!だしね;

すっかりこちらもお疲れモードです(+_+;)

ちなみにうちのかかりつけとしてお願いしているのは
すぎはらこどもクリニックです♪
先生いつもありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)